挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

452/988

452 ゼルフィング

 ザンバリーのおっちゃんに、村での結婚がどんなものかを説明し終わる頃、村長の家に到着した。

 今は麦の生育が順調なときで、麦農家は自宅周りの畑を耕していることが多いので、畑の横を通れば直ぐに農作業をしている村長を発見できた。

「村長!」

 呼ぶと、手を止めてこちらを向いた。

「おう、ベーか。どうした?」

「ちょっと結婚のことでな。ワリーが時間をくれねーか?」

 オカンとザンバリーのおっちゃんのことは、知っているだろうし、村での結婚は村長を通す決まりだ。なので、それだけで理解して頷いた。

 村長の家へとの言葉に従い、リファエルを家に向けさせ。

 ちょっと遠回りになったので、家には村長の家族が集まっていた。

 これは野次馬で集まった訳じゃなく、祝い品を受け取るためのもので、下ろすのは村長一族の仕事なのだ。

「すみません。ザンバリー様。このような汚れた格好で」

「いや、突然押しかけたこちらの不手際。気にしないでくれ」

 格はザンバリーのおっちゃんが上になるので、こんなふうになんだよ。まあ、あくまで村の最高責任者は村長なので、村のことを決めるときは村長の決定が優先されるがな。

「ご配慮、ありがとうございます」

 ド田舎の村長とは言え、このくらいの芸当ができなきゃ村長は勤まらねーなのだ。

「村長殿。もうわかっているだろうが、正式にシャニラとの結婚の報告に参った。どうか許可をいただきたい」

 この時代、好きだからと言って自由には結婚できねーが、力と金がありゃ自由恋愛自由結婚が可能となる。が、それでも結婚をするには村長の許可が必要となる。

 まあ、これは村に住む者の話で、準貴族たるザンバリーのおっちゃんに当てはまるかはわからんがな。

「それはおめでとうございます。ボブラ村の村長としてお喜び申し上げます」

 まあ、許可が必要だと言ってもよほどのことがなけりゃ反対されねーし、これは通過儀礼みてーなものさ。

「感謝を。これは許可をいただいた礼として受けていただきたい」

 先程教えたように、ザンバリーのおっちゃんが荷車を手で示した。

 本来なら酒樽の一つでも贈れば充分だが、ザンバリーのおっちゃんは元A級の冒険者で準貴族。格を示すためにもこのくらい出す必要があるのだ。

「これは大量の祝い品を。お二人の未来に幸あらんことを」

 感謝を述べると、家族に視線を飛ばした。

 村長家族も慣れた……と言うか、このことは前もって教えてあるので速やかに実行された。

「それで、結婚式はいつになりますかな?」

「天気がよければ明後日にも行おうかと。村長殿には祝いの席にお座りいただける幸いです」

 結婚式は村の者が全員参加すると言う訳じゃねー。両家と各家の家長と妻、あとは集落の代表者が加わるくらい。まあ、これも一般的村人の結婚の話だが、今回の場合は村の有力者を招き、村には酒や食い物を振る舞う。

 これも事前に言ってあり、冒険者ギルド(支部)にも依頼を出して、結婚当日には村人全員に祝い品を贈るようにしてある。万事抜かりなしよ!

「そうですか。では、お言葉に甘え、祝いの席に座らせていただきます」

「こちらこそありがたい。では、昼前にもお越しくだされ。あ、ご家族
もご一緒にお越しくだされ。沢山の料理を用意しておりますので」

「はい。家族でお祝いに参ります」

 村長だけではなく村の有力者はだいたい呼んでいる。これも身分を持つ者の役目。まあ、義務みてーなもんさ。

「お、そうだ。ベー。お前の名前なんだっけ?」

 忘れんなよとは酷だが、なぜオレの名前を聞くんだ? 今更になって?

「まったくわからんって顔してるが、お前、貴族の子になるんだぞ」

「はい?」

 なに言ってんの村長。意味がさっぱりなんだが?

「いや、お前、ザンバリー様の子となると言うことは姓を持つと言うことじゃろうが」

「あ、いや、だって、ザンバリーのおっちゃん、うちに入るんだぜ」

 謂わば婿に入るってこと。姓な……あ。

「男系継承、か」

 村人や街人なら関係ねーが、貴族社会では男の方に入り、男の姓となる。もちろん、婿養子もあるが、それは救済処置的なもの。例外だ。なにもなければ男の姓に入るのだ。

「……な、なんで気がつかなかった、オレ……」

 そのことは知っていたのに、まったく出て来なかったぜよ。

「まっ、成人らしたら戸籍は抜け、れんだよな、確か?」

「あ、ああ。できるが、貴族を止めるとか、いやまあ、ベーならやるか。村人に妙な拘りを持っておるしな」

 貴族になったからと言ってなんか得点が生まれる訳じゃねー。この村で暮らしている以上、税は薪。貴族の義務はザンバリーのおっちゃんにしか生まれない。オレはまだ保護される身なんだからな。

「まあ、そーゆーこった。姓がつこうがオレはオレ。成人したと同時に籍を抜くだけのこと。ただ同居人となればイイだけだからな」

 なんの問題もねーよ。

「ちなみに、ザンバリーのおっちゃんの姓ってなに?」

「うん。お前が覚えてないことはわかっていたさ。つーか、ザンバリーは愛称で、本当の名は、サンバリットラング・ゼルフィングだからな」

 初めて……じゃないか。遠い昔に聞いた真実。ハイ、すっかり忘れてましたぁっ。

「ヴィベルファクフィニー・ゼルフィングか」

 イイ名前じゃねーか。

「あれは、三歩歩いたら忘れる顔だなだ」

「はい。三歩歩いたら忘れる顔ですな」

 ハイ、なんも反論デキマセーン! 
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ