挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

450/992

450 花嫁衣装

 とある日の午後、オレは魔族の商人、アダガさんとチェスを楽しんでいた。

「平和だな」

 ダルマっちゃんらの拠点を造ってから、これと言ったことはなく、のんびりした日々が流れていた。

「……平和、ですか……?」

 商売半分遊び半分でやって来たアダガさんが、なにか納得いかないような感じで応えた。

「わたしの目には、世にも希な光景しか見えませんがね」

 そう言うと、ビショップを持ったまま、辺りへと目を向けた。

 オレも釣られて見れば、これと言った希はない。いつもの光景が広がっていた。

 剣の稽古をするザンバリーのおっちゃんと剣客さん。乗馬をするフェリエやタケルたち。銃に興味を持ち始めたカーチェの銃いじり。メルヘン機をワックスがけしてるメルヘンズ。家具を作るサリネ。あんちゃんの嫁さんとドワーフのおっちゃんの嫁さんのおしゃべり。なにも不思議なものはない。

 ちなみに、家の中ではアダガさんが連れてきた料理人にサプルが料理を教えている。

 トータたちはいつものように冒険者ギルドに行って依頼を受けているよ。なんの依頼を受けてるかは知らんがな。つーか、こんなド田舎の冒険者ギルドに大した仕事なんてねーのに、なんで毎日行ってるかがよくわかんねーよ。

「まあ、文化の違いはあるからな」

「文化と言うより認識の違いと言った方がしっくり来ますが……」

 その辺はしょうがねーと諦めるか、お互いを尊重するしかねーなと肩を竦めた。

「ま、まあ、ベー様の家ですしね、こんなものなんでしょう。ところで、いい香りが漂って来ましたね」

 なにか無理矢理話題を変えるアダガさんだが、まあ、確かにイイ香りが家の中から流れて来た。

「さすがサプル。数時間でカレーを生み出しやがったよ」

 サプルちゃんの料理無双。と、タケルが称したが、あながち間違ってねーな。料理でサプルに勝てるヤツとか想像できねーよ。

「カレーもそうですが、やはりベー様のところはおもしろいです。前に教えていただいたビリヤード、凄い大人気で、先日アルデバランの魔王様が四台もご購入してくださいました」

 なんかサラっととんでもないものが出て来たが、ここはスルっとスルーしておこう。なんか魔王がやっすい存在になりそうだからよ……。

 チェスを再開してゲームを楽しんでいると、オシャレ星人のコーリンがやって来た。

「ごきげんよう、ベー様」

「おう。いらっしゃい」

 もはやボブラ村の住人になったと言っても過言じゃねーくらい、村に馴染んでるオシャレ星人。侮れねーアイアンレディである。

「お願いされていた花嫁衣装が完成しました」

「もうできたのかい。早いんだな?」

 衣服製作の日程なんて知らねーが、この時代の衣服作りは時間がかかる。まあ、オレらのような一般人が着るものなら数日で作れるだろうが、今回は元A級の冒険者の花嫁が着るもの。ブーケ被せて終わりとらいかねー。

 うちに入るとは言え、ザンバリーのおっちゃんは一代限りの騎士の称号を国からいただき、準貴族として名字を得ている。そんな人物が結婚式もせず、花嫁衣装も着させないでは外聞が悪いどころか醜聞である。

 なんともメンドクセーが、これがこの時代の常識。身分や格が重要視される社会なのだ。

「ありがとな。無茶な注文してよ」

「いえ、お礼を言うねはこちらです。衣装のデザイン、縫い方、生地の豊富さ、こんな胸を踊らせたことなど生まれて初めて。もう毎日が楽しくてしょうがありませんわ!」

 なにやら興奮するコーリン嬢が、ここ最近のことを怒涛のように話して来た。

 それを笑顔で右から左に受け流し、いつ終わるともしれない拷問に耐えた。

「では、明日にでも衣装合わせに参りますね」

「おう。頼むわ」

 辛うじて最後だけは頭の中に留めてコーリン嬢を見送った。

「どこの世界、どの種族でも女性のおしゃべりは凄まじいものですね」

「まったくだな」

 この世の最強生物って女なんじゃねーかと思うよ。

「結婚式と言ってましたが、どなたのですか?」

 あ、そー言やアダガさんには言ってなかったっけな。

「うちのオカンとあそこで剣を振り回してる赤黒い髪をしたおっちゃんが結婚すんだよ。まあ、オレの新しいオトンになんだよ」

「……それはまた……」

「また、なんだい?」

 なにか言おうとして口を塞ぐアダガさん。なんなんだい、いったい?

「あ、いえ、なんでもありません。ご結婚、おめでとうございます」

「……オレが結婚する訳じゃねーが、まあ、ありがたくもらっておくよ」

 なんか話を反らされた感じがするが、その祝福にはお礼を返しておこう。

「……なんにせよ、そろそろかな」

「なにがです?」

 アガタさんの疑問には答えず、椅子から立ち上がってザンバリーのおっちゃんのところへ行く。

「ザンバリーのおっちゃん。剣客さん。それまでだ」

  激闘にしか見えねー二人に声をかけると、息を切らした二人が剣と刀を直ぐに収めた。

「……どうかしたか?」

 さすがのザンバリーのおっちゃんも激しい稽古だったので、息を調え、しゃべるまでに少々の時間を費やした。

「今から村長のところに行くから、汗を流して上等な服に着替えてくれや」

「村長のところに、か?」

「まあ、それは道すがら説明するよ。まずは風呂に入って汗を流してきな」

 有無を言わさず風呂場へと向かわせた。

「ワリーな、アダガさん。チェスはまた今度にしようや」

「はい。しばらくはギルドにいますので、なにかご用がありましたらなんなりとお申し付けください」

「あいよ。そんときは頼むわ」

 言って、オレも上等な服に着替えるために自分の部屋へと向かった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ