挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

444/992

444 未来の知る人ぞ知る大商人

 なにこのプリン、やけに旨いじゃねーかよ! フードコーナーで出て来る味じゃねーだろう。もっとこう、なんだ、えーと、んーと、まっ、イイや。旨いってことだ。

「あープリン、うめ~!」

 キツネうどんで腹は満みたしてから三十分。未だに誰もこねーので、辺りを見回していたら、テーブルの上にメニューに気が付いた。

 なに気に見て見ると、デザートがズラリと並び、初デートで食べたプリンアラモードが目に入った。

「……まだ腹に余裕があるし、甘いもんでも食って待つか。ご隠居さん、なんか甘いもん食うかい?」

 一人で食うのもなんなので、ご隠居さんを誘ってみた。

「いや、わしは甘いものは苦手なんで遠慮するよ。いただけるならコーヒーを頼むさね」

「あいよ」

 と応えてプリンアラモードとコーヒーを頼み、ゆっくりじっくり味わってる訳さ。

「……にしても、誰も来ねーな?」

 博士(ドクター)は最初から諦めているとは言え、素朴そうなダルマっちゃんらがこねーとは思わんかったわ。

「まあ、不遇な境遇だったし、いろいろ物資が不足しておる。好きなだけ買わしてやってくれ。金はちゃんと払うんでな」

「別にご隠居さんからもらおうとは思わんよ。それに、オレがご隠居さんに頼んで、ダルマっちゃんらに来てもらったんだ、必要なものは好きなだけ買えばイイさ」

 十億円なんてもらってもオレに使い道はねー。つーか、十万もあれば充分。それで欲しいものは揃えられるわ。

「豪気じゃの、ベーは」

「オレは平々凡々に、悠々自適に、後悔のねー人生を送りたい小心者さ。過ぎたる金は災いのもと。金よ、幸福となりて世に満ちよ、さ」

「フフ。高貴な村人もいたもんじゃ」

 その皮肉に肩を竦め、プリンアラモードを口にする。

 ちょっと甘ったるくなった口ん中をコーヒー(フードコーナーで買ったもの)でもとに戻しながらまったりとした気分でプリンアラモードを楽しんでいると、なんか見慣れた人が通り過ぎた。

「ん? あんちゃん?」

 我が家の隣に引っ越して来た、元行商人だった。

「ん? あ、ベー! ここにいたのかよ。捜したじゃねーかよ!」

 怒ったと思ったら安心した顔になり、直ぐに泣きそうな顔になって迫って来た。

「どうしたい? そんなに慌ててよ」

「どうしたじゃねーよ! なんだよ、ここ?」

「カイナーズホームだろう」

 ちゃんと看板に書いてあったろう。まあ、あえて無視はしたがよ。

「知らねーよ! なに当たり前に言ってんだ! こんなもん出されたらおれの店が潰れんだろうが!」

 店? あ、そー言やあったな、あんちゃんの店。すっかり忘れったわ。

「別にあんちゃんは、人魚相手の商売だろう。地上の商売なんてどうでもイイじゃねーか。人魚、地上に上がってこねーんだからよ。逆にここでものを仕入れて売るってくらいの気概を持てよ。世界貿易ギルドのギルドマスターさんよ」

 今なら独占状態。ライバルいねーんだ、儲けるときに儲けろよな。

「ここで使える金なんてねーよ」

 あ、そう言えば、換金所的なもん、なかったな。

「なら換金してやるよ。今、幾ら持ってんだ?」

 行商人な出からか、あんちゃんは全財産を常に持ち歩いてる。まあ、オレがやった収納鞄なら金貨千枚でも余裕だし、あんちゃんだけしか出せない設定にしてある。

 ……いやまあ、一番安全なところがそこなだけなんだかな……。

「え? あ、ちょっ、ちょっと待て。えーと、えーと、これで頼む!」

 収納鞄を漁り、革袋を四つ出してテーブルの上に置いた。

 サイズと音からして金貨。百枚ってとこか。

 四つだから八百万円。まあ、オレの適当な為替レートなので一千万くらいにしておくか。

「ほれ。多分、これで店の四分の一は買えんだろうさ」

 まあ、二階は含まれてねーがな。

 一千万じゃ戦車や戦闘機は買えんし、海の中で銃とかは使えん。ファンタジーな武具は博士(ドクター)から買う方がお得で発注元。付き合いを大事にすんなら二階にはいかんだろうしな。

「……いや、まあ、ベーのことはおれがよく知ってるが、ときどきお前についてけねーことがあるよ……」

「さすがベーの惚れ込んだ男さね。この非常識に飲まれんとは。ある意味、この男が凄いのかもな」

「そうだな。オレもスゲーと思うよ」

 もう何度となくこんなことをしてるのに、決して当たり前と思わず、こうして己を戒めている。

「……だが、ここは素直にもらっておくよ。まったく、借りばかり増えて行くぜ……」

「それでこそ商人。この好機を見逃すな、だ」

 生真面目な商人なんて大成どころか破産しかしねーよ。商人失格だわ。商人なら理と利を使い分けてこそ繁盛しろ、だ。

「ったく。上から言いやがって。だが、まったくだ。借りは正当な対価で支払うよ」

「世界貿易ギルドのマスターとなってくれただけで、オレには金貨一億枚に匹敵する儲けだがな」

 メンドクセーことを一手に引き受けてくれる。金貨二億枚出しても惜しくはねーよ。

「ったく。万事任せろ、とはまだ言えねーが、お前が村人やれるくらいには任された。安心してすろーらいふをやってろ」

 ニヤっとだけ笑って見せた。

「んじゃ、さっそく仕入れてくるわ!」

 ガンバレ、未来の知る人ぞ知る大商人どのと、心の中で応援した。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ