挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

442/992

442 梅酒

ここ、忘れるなと自分に言っておく。
 まずは、ここに来た目的を果たすとするか。

 と、思ったが、カイナーズホーム、メチャメチャ広くてなにがどこにあるかわかんねーよと、入り口まで戻って案内板を見る。

「つーか、二階もあんのかよ、ここ。どんだけ客を呼ぼうとしてんだよ!」

 いや、それ以前に客こねーだろうが。なに考えてんだ、カイナのヤツは?

 なんてことはカイナに任すとして、目的を果たさんとな。

 んーと。スケール(メジャー)は工具売り場で定規は文房具売り場し、ここから近いのは……工具売り場か。つっても結構離れてんな。八十メートルくらいあんじゃねーか?

 なんか相当歩きそうな予感がしたので、カートを引っ張り出して工具売り場へと向かった。

「……世界一の品揃えはイイがよ、なにも売れないもの置かなくてもイイだろうに……」

 洗顔だけで何百種類あんだよ。あ、サプルのために買ってくか。オシャレじゃねーが、綺麗好きだから風呂は長いのだ。

「って、なにがイイかわかんねーな」

 体質とかあるし、変なのは選べんし、好みもある。わからんから日本製の高いやつでイイや。あ、そー言や、ベビー用のシャンプーとか肌に優しいって聞いたことある。無難にベビー用を買ってくか。合わなきゃ他に回せばイイんだしな。

「って言うか、サプルに買いに来させればイイのか」

 スーパー幼女は見る目もある。オレより買い物上手だろう。

 シャンプーを戻して工具売り場へと直行。洗顔コーナーと同じくスケール(メジャー)が何百種類とあった。

博士(ドクター)とカブキねーちゃんの分だけ……では足りねーか。取り合えず、数十種類買って行くか。にしても、計測定規っていろんな種類があんだな」

 いったいなにを計測するんだかわからんが、まあ、あるってことは使われているってこと。念のため、各種買って行くか。

 他にもレーザー系の測定器をカゴに入れ、使うかどうかわからんが、革手袋やマスクなども入れて行ったらカゴがいっぱいになってしまった。

「しゃーねー。まずはこれだけにしておくか」

 いっぱいになったカートをレジ前にまで押して行き、また新たなカートを持って文房具売り場へと向かった。

「あの二人、筆記用具とか持ってる様子がねーし、ノートやエンピツとか買って行くか」

 適当に選んでカゴに入れて行き、いっぱいになったらレジ前へと持って行った。

「お、リテンちゃん。イイのあったかい?」

 レジ前にリテンちゃんがいたので声をかけた。迷子か?

「はい。いろいろあり過ぎて迷います」

 と、カゴの中身を見せてくれた。

「……水?」

 五百ミリリットルのペットボトルがいっぱい入っていた。

「はい。水は貴重ですから!」

 多分、水が貴重なところで育ったんだろうと自分を納得させる。

 これからここを利用するんだし、初買い物にケチをつけるのもヤボ。この笑顔を守りましょうだ。

「そうかい。なら、いっぱい買ってけ。オレの力……じゃねーけど、小さくできるから何百本と持ってけるからよ。遠慮せず、もっと持ってこい」

 リテンちゃんの顔がぱーと輝き、ハイ! と返事して水が売ってるだろう場所へと駆けて行った。

「ふふ。オレも買い物の続きをするか」

 あとはペンキやビニールシートが欲しいが、農作業売り場は、レジから百メートルも先だし、時間もある。まずは食料品売り場から見て行くとするかね。

「食料品もいっぱいあんな~」

 前世じゃ仕事柄ホームセンターにはよく行ってたから食料品が置いてても驚きはねー。だが、生鮮食料とかもはやホームセンターの域を飛び抜けちゃってるよ! 

「ん? バリア?」

 この近辺で栽培される葉野菜で、よく鍋に入れられるものである。が、なんでと周りをよく見たら、野菜や魚はこの世界のものだった。

「……カイナの経営方針、よーわからんな……」

 野菜や魚は売るほどあるので、それ以上気にせず他に移動した。

「うん? 米じゃんか。それも前世のコシヒカリが」

 適当に見て回っていたら米の売り場に出た。

「……米か……」

 いずれ東の大陸に買いに行こうと思ってたし、オレはそんなに米に思い入れはなかったのに、あるとなると食いたくなるから不思議だ。

「幾つか買ってくか」

 久しぶりに卵かけご飯が食いたくなった。それに、タケルも喜ぶだろう。米が食いたいと何度も言ってたしな。

 十キロを二つ、カートに載せた。まあ、足りなくなったらまた買いに来ればイイさ。

 また適当にブラブラしてると、酒売り場に出た。

「酒はいらねーな」

 収納鞄にはカイナが出した酒が入ってる。これ以上はいらねーよと通り過ぎようとして、体が勝手にストップ。いや、あるものを捉えた目が体を停止させたのだ。

「……梅酒、か……」

 まあ、年齢的に飲めねーし、前世がゲコだったから酒なんて飲もうとは思わねーが、だからと言って酒が飲めねー体質ではない。旨いとは感じねーが、軽いものちょっとは飲める。

 前世でも、どうしても付き合いで飲まなくちゃならんときは、辛うじて飲めた梅酒を飲んでいた。

「……梅酒なら行けるか……」

 梅自体は大好きだし、今生の体なら大丈夫だろう。飲んでも一杯だけだしな。

 アルコール度数の低いのを選び、梅酒を一本、カゴに入れた。

「まあ、自己満足だがな」

 誰に言い訳するでもなく、いっぱいになったカートを押してレジ前に向かった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ