挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

438/992

438 ブタ肉飽きた

しゃぶしゃぶの話、なんも思い付かなかった……。
 しゃぶしゃぶを食ってから数日が過ぎた。

 ……ブタ肉、もう飽きた……。

 毎日毎日ブタ肉が出る我が家の食卓。いくら好き嫌いがなく、出されたものは感謝を込めて食うオレだが、三食ブタ肉がメインって、さすがに飽きるわ。

 とは言え、食事に文句は絶対に言わねーを主義主張してるから、面と向かって言わねーが、心の中で言うことはある。

「朝から焼肉なんてサイコー!」

「ふむーふむー」

 飽きると言うことを知らねー我が家の食いしん坊諸君。その飽きることのない食が羨ましいよ……。

 自分の少食に感謝しながら朝食を終えた。

「ベー。伐り場に行って来るわ」

「おう。気を付けてな」

 仕事を全てザンバリーのおっちゃんに任せたので、オレは食後の一時を過ぎてもその場から動かず、コーヒーミルクを堪能していた。

 ……さて。今日はなにするかな……。

 ここ数日のオレの朝の日課は、今日一日をどうするかを考えることから始まる。

 オトンが死んでしばらくは苦しい期間はあったが、ほとんどは暮らしに困らないどころか、贅沢な暮らしであり、趣味のような仕事がそこそこあった。

 だが、ザンバリーのおっちゃんが来て、そのそこそこを渡したから、まったく仕事がなくなった。

 ……他は働き手がいなくて苦しんでるのに、我が家は働き手が多過ぎて苦しんでいる。まったく、人生はままならねーぜ……。

「あ、ベー。今日は暇ですか?」

 と、親方がやって来た。

「ああ。暇だよ。なんかあんのかい?」

 オレの仕事はなくなり、どうするか考える日々だが、ほぼ毎日だれかがやって来るので暇ではなかったりする。

「小人族が浮遊島に引っ越したので、港を使えるようになったんですよ。だから飛空船を大きくしてもらえないでしょうか?」

「もうかい。早いな」

 三日前に引っ越すとは殿様から聞いてたが、あの数を移動させるとか、どんだけ行動が早い種族なんだよ、小人族って?

「まあ、わたしが急き立てたんだがね」

 そんなカミングアウト、いらねーよ、まったく。

「了解した。行くよ」

 残りを飲み干し、どっこらせと立ち上がった。

「あ、あと、小人族から伝言です。食糧を頼む、だそうです」

「それも、もうかい。なくなるの早いな」

 結構な量、置いて来たぜ?

「小人族とは言え、あの数ですからね。それを用意するベーの方にわたしは驚きですよ」

 いやいや、さすがに貯蓄が半分になったわ。このままじゃ二月もしねーで空になるよ。

「サプル。昼は帰ってこねーから適当に頼むわ。あと、タケルが復活したら潜水艦を港から出すように伝えてくれ」

 角猪を捌くサプルに声をかけた。

 超天才なサプルちゃん。その腕が見えねーが、吊るされた角猪が部位ごとに捌かれて行く。今日もブタ肉に決定だな……。

「うん、わかった」

「あと、角猪の肉、いくらか持っててもイイか?」

 決して食いたくねーとか、ちょっとでも減らそうとかじゃありません。小人族のために持って行きたいんですぜ、ダンナ。

「うん、イイよ。保存庫にあるから適当に持ってて」

「あいよ。適当に持って行くわ」

 おし。あるだけ持っててやる。

 まあ、捌いてない角猪は、まだ百頭近くあるんですがね。

 角猪も家畜化しようと思ったんだが、さすがに人手も場所もねー。しょうがねーと、全て捌くことにしたのだ……が、マイシスターが角猪の捌きに夢中になっちゃって、毎日五頭は絞めて、ブタ肉料理を創作してるんです。はぁ~。

「ブタ肉料理か。さすがに野菜が食べたくなりました」

 お裾分けと称して親方のところやご近所さんに処……じゃなくて、試食してもらっているのだ。強じゃなくて、お願いしてな。

「サプルが飽きるまではブタ肉料理が続くと思え。あと、今日の昼は魚料理にするから誰にも言うなよ」

 こそっと親方に耳打ちすると、任せろとばかりに親指を立てた。つーか、そんなサムズアップ的なこと、どこで覚えてくんだよ!

「んじゃ、保存庫から出してくっからちょっと待っててくれや」

「では、その間にアバールに頼まれた武具を置いて来ますね」

「すまんな、無理言ってよ」

 親方には武具の生産もお願いしてるのだ。まあ、お陰で内職もなくなったがな。

「なに、武具はジーゴに造らせて、わたしが付与してるから大変ではありませんよ。運ぶのもこの鞄に入れて渡すだけだからね」

 この親方こそが無限鞄の創り手であり、ドワーフのおちゃんに頼んだニュー鞄ができたら無限化してもらう約束なのだ。

「あいよ。ちょっと時間がかかるかもしれんから、コーヒーでも飲んで待っててくれや」

 量が量だけに結構時間がかかんだよ。

「はい。このコーヒーを飲むのも楽しみの一つですからね」

 親方は、ラーシュのところのコーヒーがお気に入りのようで、オレ以上にコーヒーを飲んでいるのだ。

「まあ、ゆっくりしててくれや」

 言って、保存庫へと向かった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ