挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

43/990

43 姉は傲慢でできている

 昨日、予定通り会長さんらが出港して行った。

 その話は? との突っ込みはノーサンキュー。語りだしたら何日掛かるかわかったもんじゃない。なのでおもしろ可笑しく勝手に想像してくれ。

 いつもの時間に起きて、いつもの習慣を済ませる。畑や家畜の見回りを終えて豪勢で旨い朝食を頂いた。

「あんちゃん、ゴブリンはどうするんだ?」

 船を修繕するのに忙しく、ゴブリンの件は後回しにしていたのだ。

 まあ、冒険者ギルドに報告した手前、ゴブリンの確認はしてもらわないと、こちらの立つ瀬もねーし、ウソを報告したことになる。
 冒険者ギルド(支部)を利用させてもらっている身としては持ちず持たれずの関係でいたいかな、面倒でも義理は果たさねーとな。

「そうだな。冒険者ギルド(支部)に行ってゴブリン情報があったら行ってみるか」

 バンたちが討伐してるとこを横槍入れるのもワリーしな、討伐に出てなければ行くとするか。

「じゃあ、それまで狩りしてて良い?」

「まあ、勝手にやってろ。ついでに投げナイフの練習してろ。額なら十点。心臓二十点。腕五点。足二点。首五十点な。百点取れたらニンジャ刀を作ってやるよ」

 そのご褒美にトータの目が輝いた。

 寝る前に聴かせてやるお伽噺話には、忍者〇ットリくんもあり、トータはその話が大好きで、将来、ニンジャになる! って叫ぶくらい憧れているのだ。

 お前なにしてんねん! って突っ込みはノーサンキュー。生き様でなく、たんに戦闘スタイルに憧れているだけだしな。それに、トータの能力はニンジャに近い。なら、その戦闘スタイルにした方が生存率が高くなって良いだろうよ。

「あんちゃん、トータばっかりずるい! あたしも欲しー!」

「え? ニンジャ刀をか?」

 サプル、お前、いつの間に武闘派になったんだよ あんちゃん気が付かなかったぞ?!

「違う! あたしが欲しいのは調理鞄だよ!」

 あー、そーいやー、中華〇番の話もしっけなー。

 まあ、普通に包丁やら調味料が入った鞄ではなく、異空間結界を利用した食材や携帯用コンロも入った鞄である。

 青色の猫型ロボットのポケットには遥かに負けるが、それでも六畳分の空間はあり、ちょっと出掛けるくらいには十分な鞄である。
 ちなみに、オレが作り、オレの鞄は獲物入れ専用。力はあってもオーク十匹とか運べねーよ。

「わかったよ。サプルにはいろいろやってもらっているしな、トータが百点取れたら一緒に作ってやるよ」

「トータ、必ず百点取ってきなさいよっ!」

 優しい妹ではあるが、弟には厳しい姉であった。

 弟よ。そんな目で兄を見るな。それが弟の悲しい運命なんだ……。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ