挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

426/988

426 天ぷらうめー!

 なんつーか、A級冒険者ってスゲーんだな。って感心するくらい木を伐るのがハンパなかった。

 オレも人のこと言えねーが、木を伐るのにナイフってねーだろう。つーか、切れ味イイな、それ。風の魔剣か?

 軽く振るだけでオレの胴くらいある木があっさりと伐られ、枝なんて一振りで全ての枝が払われてしまった。

「これでいいか?」

「あーうん。イイんじゃね? 無駄がなくて」

 ま、まあ、誰が見てる訳じゃねーしな、過程はどうでもイイだろう。多分……。

「ほんじゃ、木はそのままで枝を集めてくれ。だいたいオレの腕くらいの長さにして、それ以下のものはこんくらいに纏める。小枝も税になるからな」

 薪を燃やすのに小枝は必需品。あと枯れ葉も集めると税と見てくれるよ。

「わかった」

 さすがにナイフでは集められないようで、一つ一つ枝を集め始めた。

 普通の樵なら木を伐るだけで半日くらいだが、枝を集めるのは五日から七日の作業どなる。

 樵の仕事のほとんどは小枝集めと言っても過言じゃねー。無軌道に生えた枝を伐って集めて束にする。これがなかなかの重労働なのだ。

 まあ、冒険者なだけあって軽やかに枝を伐り、集め、そして束にしているが、あまり効率のイイやり方ではねー。

 効率的にやるんなら枝を均等に払い、全てが終わってから一ヶ所に集め、同じ量になるように束にして並べて行く。

 だがまあ、それも人それぞれのやり方。それが正しいとは言い切れねー。いろいろやって自分のやり方を確立して行くのがベスト。なんで口出しはせず、ザンバリーのおっちゃんのやりように任せた。

「オレは、雑技払いしてるな」

 大家族の場合は、月に木を三本ほど伐らなくちゃならないが、三人家族のうちの場合は、一月に一本でことたりる。なんで、本当なら月に一回来れば充分なのだ。

 だが、村のもんから反感を買われず、山を管理するためには定期的にこなくちゃならん。枝や木も生のままでは使えんし、家の置き場にも限界がある。そんな事情もあるが、オレがここに来る理由は、泉の管理のためだ。

 クランコロスの群生地ではあるが、この泉の周りには薬草や食用になる植物がさいてある。それらがよく実るように雑技を払ったり、泉に溜まった枯れ葉などを排除しなくちゃならんのだ。

「なにやらいろいろ咲いておるのぉ。うん? これはもしかして、チゴの葉か?」

「ほぉう。よく知ってるな。って、賢者殿、エルフだっけな」

 白過ぎて忘れてたよ。

「チゴがどうしてここに? チゴが生るのはもっと北じゃろう。しかも、オブロンド氏族が秘匿してるものだ」

「さすが賢者殿。よく知ってる」

 秘匿と言いながら知ってるんだから賢者殿もパネーぜ。

「ど、どうして、これがここにある?」

「そりゃ、オブロンド氏族に知り合いがいるからさ。エルフもその地域だけで完結はできない。生きるためにはいろいろ必要となるからな」

 長寿で保守的なエルフだって食わなきゃ生きて行けないし、その地域で全てが賄える訳もない。森にだって不作の年はあり、魔物が増えるときもある。そんな自然の摂理がたまたま連続で続き、更に山火事まで起きてしまった。

 生きるために、外に出る必要に迫られた。で、ルククに乗って遠出していたオレと出会い、なんやかんやで交流が始まった訳よ。

 そうちょくちょく行けないので、オブロンド氏族がこちらへとやって来て、その代価としてこの泉の改造をしてもらったのだ。

「……滅茶苦茶だのぉ……」

「だからこそオブロンド氏族は生き残れ、オレは泉を得られた。まさに理想的な共存共栄。世界を見習え、だな」

「……なにか違うと思うのはわたしだけか……?」

「人それぞれの解釈だ。納得できねーのなら納得しなけりゃイイさ」

 雑技を払い、泉に溜まる枯れ葉を掬う。久しぶりに来たとは言え、日頃から手入れはしてるし、結界を敷いて害虫の侵入を防いでいる。三十分もしないで終了した。

「ちと早いが昼食の準備でもするか」

 さて。今日はなににするかなと悩んでいると、ふと、アバラが視界に入った。

 アバラは土筆に似たもので、味はふきのとうに似ている山菜だ。時期はちょっと過ぎたが、成長の遅いやつなら大丈夫だろう。

 五センチくらいのものを探して採取する。それ以上になると苦いのだ。

「こんなもんでイイか」

 片手に握れる程度しか集められなかったが、大葉に似たルハやウドのようなものもある。これだけあれば充分。あとは収納鞄から出せばイイしな。

「釜戸? なにをするのだ?」

「昼食の用意さ。まあ、見てな」

 ここに来たときの楽しみの一つ、それは山菜天ぷらを食うことだ。

 まあ、収納鞄に入ってはいるんだが、採れ立てをその場で食うのも天ぷらの醍醐味。雰囲気も味わえってことさ。

 土魔法で創った鍋に豆油を流し、数ヶ月前に集めた薪をくべて魔術で火を着けた。

 熱する間にサプル特製の天ぷら粉を出して衣を作る。こんなものかな?

 菜箸についた衣を豆油に入れて温度を見る。もうちょいかな?

「ザンバリーのおっちゃん。ちょっと早いが昼食にしようぜ」

「おう!」

 ザンバリーのおっちゃんが来る頃にはイイ感じに熱しらた。

 まずはアバラから揚げる。うし! イイ感じ!

「ほい。食ってみな」

 まずはレディーファーストだ。

 渡した皿に乗せられたアバラを不思議そうに見てたが、イイ香りにつられて口にした。

「……美味い……」

「それはなにより。塩をつけて食うのも乙だぜ」

 収納鞄から塩瓶を出して渡した。

「ベー。チゴを揚げてくれ。久々に食いたいぜ」

 薬草の材料となるチゴだが、天ぷらにするとなかなか通な味になるのだ。オレはあんま好きじゃねーがな。

「あいよ」

 泉へと行き、チゴの葉を何枚か採って揚げてやる。

 食欲旺盛な二人が食している間にオレもつまみ、のんびりゆったりの昼食を頂いた。

 天ぷらうめー!
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ