挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

425/992

425 清く正しく美しく

 オレの仕事をザンバリーのおっちゃんに引き継いでいることを、ザバルのおっちゃんに伝える。

 ザバルのおっちゃんもオカンとの結婚を知っており、おめでとうと祝福され、やはり明日にでも親睦会と言う名の飲み会をすることに決まった。

 別の意味で程々にな、と忠告して山小屋へと戻った。

 イイ感じに冒険譚が終わったので、オレの割り当てられた伐り場へと向かった。残念がるハンガたちには焼きラビーを渡して諦めさせた。

「随分と奥にあるんだな?」

 木を伐るには最初に道を造らなくちゃならず、オレが割り当てられたところには道がなく、樵衆も来ない奥にある。

 これは別にいじめを受けている訳ではなく、オレが望んでここを割り当ててもらったのだ。

「……凄いな……」

「まったくだ」

 オレがここを選んだ理由は、泉が湧き、その周辺にはクランコロスと言う名の薬草が生えているのだ。

 はっきり言ってクランコロスは、麻薬だ。近隣諸国で有害植物として取り締まりを受けている。

「お、お前、なにやってんだよ!? これ、クランコロスだろうが!」

 さすがA級冒険者。薬師でも知ってるヤツがいねーのに、よく知ってる。

「ああ。クランコロスだな。それも良質の、な」

「おま、ベー! これを所持してるだけで絞首刑になるものだぞ!」

「ああ。オレも聞いたときはびっくりしたよ」

 クランコロスのことはオババから教えられてるし、絶対に触れるなと厳しく言われている。なんで、これを見付けたときは驚いたもんだが、前世の記憶を持つものとしては、麻薬と言えど使い方では人を救う薬ともなる。

 高い金を出して薬学書を買って読んだが、その利用法や製造法はまったく載ってなかった。

 ならばと、王都や帝国の情報屋を使って調べたが、知れたのは麻薬の製造法だけ。薬にしようとしたヤツがいねーってことぐらいしかつかめなかった。

 それならオレが、とは思わなかった。既にあるものなら覚えるだけで済むが、新しく作るとなるとオレの能力(根気)では無理だ。そこまでの情熱は湧いてこねー。

 なんで、村の者が立ち入らないようにオレがここを管理し、自然のままに放置していたのだ。ザンバリーのおっちゃんが言ったように持っただけで犯罪だ。ほっとくしかねーだろう。

「安心しな。これは勝手に咲いてるだけ。葉の一枚も採ってねーからよ」

「本当か?」

 疑いの眼差しを向けて来る将来のパパさん。まあ、オレを知っていれば当然ですね。使えるものならなんでも使うと広言してますし。

「ああ。使い道がねーんだ。興味だけで自然破壊はしねーよ。犯罪者にもなりたくねーしな」

 食うに困ったら盗みを働くかもしれねぇが、今生は幸せに満ちている。清く正しく美しくがモットーだぜ、クックックッ。

「悪い顔しておるぞ」

「なんか企んでるときの笑いだな、それ」

 おっと。それは失礼。つい顔に出てしまいました。

「まあ、自然に咲いてるもの。そして、採らなきゃ問題はねーよ。クランコロスなんてもの知るヤツは極少数。オレが、いや、ザンバリーのおっちゃんや賢者殿が黙っていれば世はこともなし。平和ってことだ」

 なにか、納得できない顔をしてるが、自然に咲いてるものに罰は下せず、見付けたからと言って報告義務はない。ちゃんと優秀な情報屋に調べてもらいましたもの。

「許せないと言うなら燃やすなり埋めるなりしな。家族の情として見て見ぬ振りはしてやるからよ」

 法を逆手にとったものだ。ケッケッケッ。

「……お前は、一生村人でいてくれよ。息子が犯罪王とか、おれの髪が全て抜けるわ……」

「安心しな。誰がなんと言おうと、オレは死ぬそのときまで村人さ!」

 ドヤ顔でキメてみたが、なぜかうろんな目で見られてます。なぜに?

「まあ、犯罪者にはならねーと誓うよ。それを信じろ。オレは家族にウソは言わねー男だ」

「わかった。今はそれを信じておくよ」

「そうだな。これまで見た限りでは悪に手を染める男ではないようだからな」

 そんな家族に感謝だよ。

 まあ、ウソはつかねーが、秘密は口にしねーがな。ケッケッケッ。

「やるんなら最後までやりきれよ。将来の父親のために……」

 そんな呟きは右から左にスルーです。

「ほれ、木を伐るぞ」

 魔術と結界でエアーチェーンソーを創り出す。

「相変わらず変な魔術を創り出すよな、お前って」

「必要は発明の母ってな、不自由な環境だからこそ人は学び、努力し、成長進化して行くんだよ。人よ、とどまるな、だ」

 まあ、オレはゆっくり歩むんで、急ぎたい人はがんばってくださいな。オレのためによ。

「……たまに、含蓄あること言うから狡いよな、お前は……」

「そこに意味を求めるかはザンバリーのおっちゃん次第。受け入れる受け入れねーはそっちで決めな」

 そこはオレの領分じゃねー。オレはオレの都合と主義主張で動くまでだ。

「よし。まずは見本を見せる。あとは、おっちゃんのやり方でやってみな」

 クランコロスがよく育つように、泉に影を差す木にエアーチェーンソーを振り下ろした。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ