挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

422/992

422 ただそれだけのこと

「みんなー! 夕食にするよー!」

 サプルの声が辺りに響いた。

 ちょと前までなら叫ぶこともなかったのだが、好きなことに集中する家族が増え過ぎて、呼ばないといつまで経っても集まらないと、サプルが叫び始めたのだ。

「はーい!」

 どこにいたのか、モコモコガールの声が上がり、バビュンってな感じで家の中に消えて行った。

「腹減ったー!」

 やや遅れて馬を家畜小屋からタケルが飛び出して来て、モコモコガールと同じく家の中へと消えて行く。

「それじゃ、また明日ね」

 苦笑気味のフェリエも出て来て、自分ちへと帰って行く。と、家畜小屋からフラフラと猫耳ねーちゃんが出て来た。

「ところで、ねーちゃんって誰?」

「え! 今更っ!?」

 あー、確かに今更だな。でも、こうして面と向かうのはこれが初めて。丁度イイから聞いたのだ。

「あたし、タムニャだよ! タケルの……恋人だよぉ……」

 なにやら衝撃の告白……なのかはわからんが、恋人だったんだ。いつのまにそんなラブストーリーがあったんだ?

「そうか。まあ、タケルをよろしくな」

「……怒らない、の?」

「はぁ? なにがだ?」

 話の流れ、どっかで飛んだか?

「あ、あたし、獣人だし、奴隷だったし……」

 ああ、そう言や、闇のオークションに行ったとか言ってたな。あれ? でもメルヘンと一緒にいたっけ? あ、いや、なんでもイイか。

「別にオレは気にしねーぞ。つーか、それこそ今更だろう。猫の獣人なんて普通過ぎて意識に入っても直ぐに出てたわ」

 猫と犬の獣人なんてそこら辺にいるし、普通にこの国に溶け込んでいる。まだドワーフの方が珍しいぜ。

「それに、奴隷の首輪、してねーじゃん」

 猫耳ねーちゃんがなんの奴隷だったか知らんが、首輪をしてなけりゃ奴隷じゃねーだろう。

「それは、タケルがお金出して買ってくれたから」

「なら、元奴隷だろう。気にすることじゃねーよ」

 まあ、してても気にはしねーがな。

「タケルがそう決めたなら、あんたはうちの家族だ。元魔王だろうと元殺戮者だろうと関係ねー。うちの家族を貶めるヤツはオレがぶっ飛ばしてやる。だから、なにも心配すんな。タケルの横にいてやれ」

「……うん……」

 今にも泣きそうな猫耳ねーちゃんの背中を叩いて前を向かせた。

「ほれ、夕食にするぞ」

「うん!」

 嬉しそうに走って行く猫耳ねーちゃんを見送り、未だに桃色空間を維持させるバカっぷるのところへと向かう。

 ……まったく、飽きねー二人だぜ……。

「ほれ。オカンにザンバリーのおっちゃん。夕食だぞ」

「あ、おおう。今行くよ」

「あいよ。今行くから」

 五秒で限界。早くしろと言ってキャンピングカーの中へと消えて行くサリネの襟首をつかみ、問答無用で家を引っ張って行く。

 家の中は大混雑。種族のるつぼと化している。

 オレら家族にタケル、カーチェ、モコモコガール、猫耳ねーちゃん、剣客さん、サリネ、メルヘン数匹、そして、ザンバリーのおっちゃんが加わると、なかなかの珍妙な光景になることだろう。

 まあ、もう見慣れたし、気にするオレでもねーので、サリネの襟首を離していつもの席へと座る。

 フライングした二人はもう止める手段がねーので、放置して、皆が揃ったら、オレの音頭で夕食を開始した。

「今日もサプルどのの料理は旨いでござる!」

 意外と食いしん坊だった剣客さんが感動の声をあげた。

「美味しいね~」

「うん。これサイコー!」

 雑食メルヘンも山のように積まれたパンケーキを嬉々として貪っている。

「お代わり!」

「お代わり!」

 いつものように大食い大会をやってる二人は、まあ、サプルに任せておこう。

 とある一部の桃色空間は無視するとして、理性派なカーチェや食えればそれでイイと思うサリネは静かに食し、猫耳ねーちゃんはタケルに料理を差し出しながら食っている。

 オレやプリッつあん、トータ(チャコは水と太陽光を食する生き物です)はいつもの通り。自分のペース食っている。配膳に徹してるサプルは残像でよく見えねーな。

 まあ、サプルは少食で、料理中に試食してるので、皆が食べ終わってから食べるのだ。

 今回も引き分けに終わった食いしん坊二人が真っ先に食い終わり、腹を出してぶっ倒れる。

 あとは、それぞれの腹具合。今日はカーチェが早く終わり、オレのお気に入りの場所へと移り、酒を楽しむ。

 続いてサリネが食い終わり、そのままキャンピングカーに戻るかと思ったら、今日は酒を飲むようだ。

 サリネはそんなに飲む訳じゃねーが、息抜きには飲むらしい。なにか行き詰まってんのかな?

 ボロボロなトータは風呂に向かい、猫耳ねーちゃんはタケルの介護。メルヘンズはノートパソコンに夢中。プリッつあんは、カーチェらと混ざって晩酌。

「ご馳走さまでした」

 最後にサプルのシメで我が家の夕食が終了する。

 オレのお気に入りの場所は、晩酌の場となったので、オレの一服はこの場合になった。

 まあ、別にどこで飲んでもコーヒーはうめー。片付けを始めるサプルを見ながら食後の一服を堪能する。

 ゆったりまったり我が家の夜の一時。

 他の誰かがこの光景を見たら、なにが楽しいんだと思うかもしれねーが、知らないのなら知らないでイイ。無理に知らなくてもイイ。それは、オレが知ってればイイこと。オレの楽しみ。オレの幸せ。ただ、それだけのことなんだかな……。
連休終わり。明日から仕事。頑張りましょう。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ