挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

42/992

42 今日生きられた奇跡に感謝を

 たぶん十時半くらいだろうか、いつもならベッドに入っている時間だが、今日はお客がきたからこんな時間となってしまった。

 結界により光を集める手段はあるが、基本、ド田舎は早寝早起きである。

 オレもいつもなら八時くらいにサプルやトータにお伽噺話を聞かせたら九時過ぎくらいには寝ている。

 中身は五十も半ばだが、この肉体はまだ十才の子供。十時も過ぎれば眠くなる。

 このままベッドに飛び込みたいところだが、朝の習慣同様夜には夜の習慣が三つあるのだ。

 我が家は一応、三部屋あるが、まだサプルもトータも小さいのでオカンの部屋で一緒(四人用のベッドで)に寝ている。

 まあ、自分の部屋があるのだが、基本的にオレの居場所は暖炉の前。そこが一番落ち着く場所なのだ。

 暖炉に火をくべ、暖まったところで棚から箱を取り、テーブルに置いて中から紙と羽ペン、そしてインクを出した。

 この紙はラーシュから頂いたもので、毎日の習慣───と言うか、日課としている日記を付ける。

 これは今世からの日課であり、ラーシュへと送るものである。

 まあ、そんな大したことは書いてないが、今日なにがあったかを書いているくらいだ。

 なのでそんなには時間は掛からない。掛かったとしても二十分くらいだろう。

 手紙を箱へと戻し、棚に置く。

 冷蔵庫から羊乳が入ったビンを持ってきて、ポットに注いで火にくべる。

 良い感じで温まったらカップへと注いで口に付ける。

 これは前世からの習慣であり、寝る前に羊乳(前世は牛乳だったが)を温めて飲むと良く眠れるのだ。

 二杯飲み干し、胃に落ち着くまで今日のことを思い出しながらまったりする。

 やがて眠気が襲ってきたら速やかに部屋へと行き、三人を起こさないようにベッドに潜り込む。

 どこかのメガネ少年ではないが、オレもお休み三秒で眠りに付ける。なので、眠りに落ちる前に今日最後の習慣を実行する。

 今日も生きられたことに感謝を籠めて。

 ありがとうございました。

 これでオレの一日が終わり、また素晴らしい明日がやってくるのだ。

やっと一日が終わった。
完結したいところだが、思い付きに終わりはない。たぶん、きっと、あると信じたい……。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ