挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

418/992

418 デザイナー

 やって来ましたトアラんち。

「よっ、カント。ねーちゃんいるか?」

 庭先で子山羊と戯れるトアラの弟、ハナタレ幼児に声をかけた。

 トータと同じ五才だが、これぞ立派な五才児。ここがド田舎と認識させてくれる逸材である。

「あ、ベーだ!」

 なんとも嬉しそうに駆け寄ってくるカント。カワイイヤツよ。

 いや、うちのトータくんもカワイイよ。自慢の弟だよ。でも、五才児とは思えないくらい精神が高く、滅多にじゃれて来てくれないのだ。

「今日も元気に遊んでるか?」

「うん! 子山羊と遊んでたー!」

 そうかそうかと頭を撫でてやり、収納鞄から飴を出してカントにくれてやった。

 これはオレ流の教育で、頼み事をするときは飴をあげるようにしてるのだ。決して餌付けしてる訳じゃないんだからね!

「じゃあ、ねーちゃんを呼んで来てくれ」

「うん!」

 バタバタと駆けて行くカントをほんわかした気持ちで見送った。

「まるで父親の顔ですね」

 と、コーリンがそんなことを言ってきた。

「そうかい。まあ、子供は村の宝だからな」

 まるっきりのオシャレ星人って訳じゃないようで、なにか含んだように笑みを浮かべていた。

 まあ、いろいろザンバリーのおっちゃんから聞いてるだろう。オレもあえて気にしないでいた。

 しばらくして農作業でもしてたのか、野良着姿のトアラがやってきた。

 トアラんちは、樵より農業に力を入れた家なので、村で一番の作付け面積を持つ。なので、機織り娘として仕事をしているトアラも、忙しいときは畑に出るのだ。

「ワリーな、仕事中に呼び出して」

「ううん。構わないわよ。機織りも一段落したし、草むしりをしてるだけだからね」

 働き者のトアラらしいセリフである。まあ、山の女は誰でも働き者だがな。

「それで、今日はどうしたの? あ、服を取りに来た?」

「まあ、それもだが、ちょっとお前に話があってな。トアラ、うちのオカンが結婚するとか聞いてるか?」

「ええ。冬の終わり頃から騒いでいたからね」

 え、マジで!? なんで息子のオレがつい最近知ってんだよ!

 なんだろう。これでも家族とのコミュニケーションはとってると思ったのに、まったくとれてなかったの!?

 なんかいろいろショックだが、聞かされたら聞かされたで、どうしてイイかわからんかったから、これでよかったとしておこう。うん。

「そ、そんでな、トアラにオカンの花嫁衣裳を作って欲しいんだわ」

「花嫁衣裳を?」

「ああ。あんちゃんの嫁さんに作ったようなもんでイイからよ」

 今知る隠れた真実、かどうかは、どうでもいっか。知らなきゃ知らないでイイ真実だしな。

「まあ、あれでイイのなら構わないけど、おばさん、嫌がるんじゃないの?」

 あんちゃんの嫁さんは、まだ若く、初婚だったから多少派手でもよかったが、オカンは……うん十才(そう言やオカンの年知らねーや)で二回目。アレはねーなとはオレでも思うわ。

「そこで登場するのがこのねーちゃん。服の意匠を考えたりする服飾デザイナーだ」

「でざいなぁー?」

 あ、デザイナーって言葉、なかったっけ。だが、ここは押し通す流れ。プッシュプッシュだ!

「デザイナーだ。衣服の形や性能、色や仕様を考えることを生業とする者のことだ。まあ、ある意味、トアラもデザイナーだな。オレが伝えたことを元に考えて服を作ってるんだからよ」

「ベー様。自己紹介、よろしいでしょうか?」

「あ、そうだった。ワリー。んじゃ、コーリンに任すわ」

 場をコーリンに譲った。

「初めてまして。わたくしは、コーリンと申します。ベー様が言われた通り、服飾道、いえ、服飾デザイナーをしております。どうかお見知り置きを」

 多分、コーリンなりの砕けた自己紹介なんだろうが、そんなのド田舎じゃ未知の言葉……は言い過ぎか。まあ、それなりに広場で商売しているから、それほど違和感なく受け入れているよーだ。

「あ、あたし、トアラです。でざいなぁーがなんなのかまだわかりませんが、服を作るのは大好きです」

「はい。ベー様の服もトアラさんが作ったとか。とてもよくできていて驚きました」

「あ、いえ、そんな。ベーは、派手なのは嫌いだから……」

「ですが、この上着は初めて見ました。このようなものがあるのですね」

「それは、ベーに頼まれて作ったんです」

「そうですか。言ってはなんなのですが、ベー様、説明が下手、なのでは?」

 下手なのではない。メンドクセーだけだ! と言っておこう。

「はい。もう、ベーの言ってること難しくて、必死に考えなくちゃならないんです」

 なにか、よくない流れになってきたと、オレの考えるな、感じろセンサーが危険領域に入って来た。

「まあ、ここは若い女同士、野郎は撤収!」

 とか一方的に言って、こちらに駆けてきたカントをつかみ、高い高いして逃げ出した。

 オレの仕事は二人を会わせるまで。あとは二人の判断と決断。そして、そのあとがオレの再出番だ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ