挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

416/992

416 アイアンレディ

 灰色の脳細胞のお陰で問題は解決。秘密基地の中を軽く教えて花月館へと転移した。

「もう昼か。時間が過ぎんの早いな」

 のんびりゆったりがオレの人生なのに、こんなに忙しいとかふざけてるよな。

 なんて怒ってみたが、これはこれでおもしろい。まあ、人(外)との交流もまた人生を豊かにしてくれる。ならば楽しめだ。

 昼、どうすっかな~? と考えながら二階に上がると、ザンバリーのおっちゃんらが来ていた。

「おう、ワリーな、留守にしてて。待たせたかい?」

 テーブルにつくザンバリーのおっちゃんとコーリンに謝った。

「お前のことだからな、一日二日待つくらいの覚悟がなくちゃ付き合えないよ」

「アハハ。反論できねーのが悲しいな」

「今度はなにをしてたんだ?」

「まあ、いろいろだな。一言では語れねーよ」

 オレもなにやってんだかわからなくなってきたしな。説明できねーわ。

「お前は、違う方向に働き者だよな」

「村人だからな」

「その返しが意味わかんねーよ。村人の仕事じゃない仕事をやってんのに」

 オレからしたらどれもこれも村人でいるための行動だ。そうじゃなけりゃ、こんな疲れることしねーわ。

「まあ、そんなことより昼にしようや。腹減ったわ。コーリンも食うだろう?」

「はい。いただきます」

 伯爵令嬢なのに随分と気さくだなと思いながらも、収納鞄から昼食を出して行く。

「コーリンは、葡萄酒でイイかい?」

 貴族の食卓には葡萄酒が出ると聞いたのを思い出したので、一応、尋ねてみた。

「ザンバリー様から聞きましたが、ベー様の鞄は本当になんでも入ってるのですね。あ、葡萄酒でお願いいたします」

「なんでもは入ってねーが、まあ、それなりには入ってるな」

 そんな話をしながら昼食をいただいた。

 食後は、コーリン、プリッつあん、ドレミに白茶を出してやり、ザンバリーのおっちゃんとオレはコーヒーで一服した。

「さて。まずはコーリンの方から片付けるとするか」

 席を立ち、一階へ連れて行く。

「コーリンには、ここの場所を任せる。つまり、コーリンの店だ」

「わたくしの、ですか?」

 キョトンとした顔で返して来た。

「ああ。まずは自分で稼いでみろ」

「……ど、どう言う意味でしょうか……?」

 まあ、それでわかるほど世間慣れしてねーか。だから商売しろって言ってんだからな。

 結界でテーブルを創り、その上にオシャレグッズを出して行く。つーか、いっぱいありすぎて全部出せねーな。メンドクセーとオシャレグッズが入った収納鞄をコーリンに渡した。

「その中にオシャレグッズが入ってるから、それを売って商売を覚えろ。オシャレを創るにしても考えるにしても、まずは金がいる。相手がいる。だから、まずは自分を鍛えろ。誰も通ってねー道を切り開いて行かなくちゃならんのだからな」

 これは一種の試験であり、コーリンの根性と才能を見るためのものだ。

「伯爵令嬢の立場を利用するのもよし。父親を頼るのもまたよし。使えるものは使って、ここをコーリンの店だと世に知らしめてみろ。それくらいできなくちゃ、コーリンが求めるものは手に入らねーぞ」

 世間知らずのお嬢さまには厳しいことだろうが、その厳しい世界に出たいと言ってるんだ、下手な優しさは有害でしかねーよ。

 だが、思い立ったが弾丸娘。オレの厳しい言葉など屁のかっぱ。まるで好敵手を得たかのような気迫を出して来た。

「ならば、ベー様に誓いましょう。わたくしは、わたくしの欲しいものを手に入れると」

 フフ。まさにアイアンレディ。頼もしいこった。

「ああ、精一杯がんばれや。微力ながら手伝わせてもらうよ」

 オシャレはオレの不得意分野。だが、衣食住と言うように衣は大切だ。ド田舎暮らしでもいろいろ服は必要になる。ましてや、これから人が増えてくる。益々服の需要は増えてくるだろう。

 食と同じように実るまでには時間がかかる。なら早目に始めてなければならんだろう、って訳だ。

「では、コーリンに最初の依頼を頼む。うちのオカンのために花嫁衣裳を考えてくれ。針子はこちらで用意すっからよ」

 二度目とは言え、やっぱオカンには花嫁衣裳を着させてやりてーしな。まあ、年が年だから派手じゃないのを頼むがよ。

「もちろん、代金はザンバリーのおっちゃん持ちな」

 息子としての孝行もあるが、男のプライドもある。そこは同じ男として立ててやらねーと、ザンバリーのおっちゃんの立つ瀬がねーよ。

「当たり前だ! 金に糸目はつけねーよ!」

 まあ、その心意気だけはオカンに伝えておくよ。あと、ちゃんと花嫁衣裳を着るように説得もな。
 
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ