挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

410/992

410 実務実行部隊

思い付き。毎日出るとは限らない。が、書いてればなんか出る。面白いか面白くないかはべつとして……。
「……君は、いや、貴殿はいったい何者なのだ?」

 ロッテンバンガーさん、と言うか、リテンちゃんの質問やら疑問やらを答え、時間も時間なので続きは明日ってことにした。

 泊まって行くかとの問いに、リテンちゃんは首を横に振り、今日のことを同胞たちに伝えたいと帰って行った。

 確かに、一族の未来がかかってるんだから、仲間たち報告や相談をしなければならんか。まあ、納得行くまで話し合いをすればイイさ。

 帰って行く父娘を見送り、居間に戻ると、青年団もなにやら話し合いをしていた。

 こーゆー連中は話し合い、いや、討論が大好きと来てる。勝手にやってろと、青年団の寝床と風呂の用意に取りかかった。

 で、今日泊まるくらいには整えて戻ってきたら、青年団が待ち構えていた。なんですのん?

 ご隠居さんに説明ぷりーずするが、肩を竦めるだけだった。

 なんで、青年団――の代表……なんったっけ、この人? ジュンでもなくてカズでもなくて、あうお~んって感じだったような……って考えたら冒頭のセリフを言われたのだ。

 ならば答えてやろうと、キメ顔で……代表さんを見た。

「オレ、ヴィベルファクフィニー十一才。ボブラ村に住んでる村人です!」

 決まった。とか思ったのですが、なにやら場がサイレンス。だが、我が強化ガラスのハートに揺るぎはねー。負けないもん。

 コホンと咳をして、近くの椅子に座った。

「村人ですがなにか?」

「なかったことにしたわね」

 おっと、頭の上の住人さんは、心の声が漏れやすいんだから。そんなんじゃ嫌われちゃうぜ。

 とは言え、オレがスルっとスルーしたらたんなる独り言。優しいオレは聞かなかったことにしてあげるよ。

「……もはや、村人の所業ではないと思うのですが?」

 所業って、なんで悪く思われてんの? まあ、イイことしてるって自覚もないがなっ!

「随分と優しい世界で生きてきたんだな、あんた」

 小バカにした態度で小バカにしてやった。

 そんなオレの言葉に不愉快そうな顔をしたものの、怒ることはなかった。へー。沸点は結構高いだな。

「この世には村人があれをしちゃいけない。これをしちゃいけないって法でもあんのかい? だいたいな、苛酷な環境で生きてる者は、生きるためならなんでもするし、なんでもしなきゃ生き残れねーんだよ。それとも村人はバカで無知じゃねーと許せねーのかい?」

 代表さんの目を見て言ってやる。が、なかなかアイアンハートの持ち主のようで、目を反らすことはなかった。

 ……ただのボンボンって訳じゃねーか……。

「なら、逆に聞くが、オレは何者なんだい?」

 つーか、オレ、村人以外のなにに見えてんの?

「……わたしは、貴殿が王と言われても驚きはしない……」

 王、ね。オレにはほど遠い職業だな。

「まあ、やってることがやってることだしな、そう見えてもしょうがねーか」

 言っておくが、自分がなにをしているかぐらい把握してますからね。

「あとで楽をしたいのなら最初の手間を惜しむな。これ、オレ好きな言葉だ」

 まあ、他にもいろいろあるが、今生ではこれを第一のモットーにしている。

「……どういった意味で?」

「平々凡々に、悠々自適に、穏やかな人生を送るためには、世が平和で物が充実してねーとならねー。まあ、オレの住む村だけでも守ってればイイんだが、時代は常に動いている。今日と同じ明日が来るとは限らねー。幸せに生きたいなら幸せに生きられる環境つくれ。労力を惜しむな。テメーの幸せテメーで手に入れろ。それがイイ人生ってもんだ」

 別にわかって欲しい訳じゃねーし、わからせたい訳でもねー。これはオレの願い。オレの考え。オレの決断だ。

 否定したいのなら否定しろ。認められなくてもオレはまったく気にしねーよ。オレを決めるのはオレであり、他人じゃねーんだからな。

「それがオレの出した人生の答えだ」

 その答えのままに生きて、死んでやる。後悔のねー人生にしてやるよ。

「あんたらに聞く。国とはなんだ? 命とはなんだ? 人生とはなんだ? 求めるものはなんだ? 答えてみろ!」

 と言われて答えられるヤツは極少数。奇跡のような存在だろうよ。

「もし、あんたらに探求心があるなら、この計画に参加してみねーか? まだ誰も見たことがねー世界がそこにあるぜ?」

 青年団に手を差し出した。

 取るもよし。取らぬもよし。決めるのはあんたらだ。と言う目で青年団を見た。

「……そこに、なにがあるのでしょうか?」

「見て、触れて、聞いて、考えて、自分なりの答えを出せ。それがあんたらの人生だ」

 真っ先に青年団の代表さんがオレの手をつかんだ。

「わたしも、参加させてください」

「ああ。歓迎するよ。まだ誰も見たことがねー世界を思う存分見るがイイさ」

 そして、次々にオレの手をつかむ青年団。

 ハイ、オレの代わりに働いてくれる実務実行部隊をゲットです。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ