挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

409/992

409 仲良く行こうや

 やはり、エリートな青年団の自制心は強い。どこかの人外のようにバカ食いバカ飲みはせず、最後まで理知的に夕食を終えた。

 片付けをパッパと終わらせた、食後の一服。あーコーヒーうめー!

「さて。これからは国家機密的なお話だ。秘密を守れねーヤツは帰りな。あ、ダルマ――じゃなくて、ロッテンバンガーさんらは残ってくれよ。あんたらが建国の要なんでよ」

 まずは場所を創らんと始まらんからな。

「帰りません。仕事を頂けないとノーム族は生きて行けませんから」

 ハイ、ご隠居さん説明ぷりーずデス。

「ノーム族は、西の大陸で迫害を受ける種族でな、絶滅寸前と言ってもよい状況だ。昔のよしみで匿っていたが、さすがに万を超えるとなんともいかん。まさにベーは救世主じゃな」

「村人になに求めてんだよ。救われたいなら己の知恵と勇気でなんとかしやがれ。オレは種族保護活動家じゃねーぞ」

 物好きなオレだが、自分の都合で動いてるまでだ。

「お前さんは、たまによくわからんことを言うな。なんさね、種族保護活動家って?」

「弱肉強食を否定して、生命は素晴らしいとかヌカす自己中心なアホのことだよ」

「まんま、お前さんのことのよう思えるがな」

 悪戯っぽく笑うご隠居さんに、ふんと鼻で笑い返した。

「オレは滅びたいのなら勝手に滅び派で、生きたいのなら勝手に生きろ派だ。そして、仲良く生きて行きましょう派でもある。勝手に生きたいのならこっち来んな、だ」

 オレの平穏無事のためにオレの見えねーところで好きに生きやがれ。こっちも行かねーよ。

「そんで、帰るか残るか、どっちだい?」

 青年団の代表だろうあんちゃんを見る。

「残らせていただこう。君の、いや、貴殿の話は興味深いのでな。もちろん、秘密は厳守する。カオン・ジーグの名に誓って」

 それにどんな価値があるかは知らんが、目が本気と書いてマジと読めたので青年団が同席することを許可した。

 まあ、その辺はご隠居さんにお任せだ。しっかり秘密を守ってくれんだろうよ。

「んじゃ、秘密のお話をしようじゃねーか」

 結界で居間を包み込んだ。

「……また、これか。何度見てもわからん術さね……」

 まあ、オレもわからんからなんとも言えんがな。

「さて。ロッテンバンガーさん。まずはこれを見てくれや」

 車座になるオレたちの真ん中にジオフロントを描き出した。

 この結界は、脳内映像具象化結界。所謂オレの想像を映像化させることができる。ハイ、超ご都合結界ですがなにか? 

「……こ、これは……?」

 ロッテンバンガーさん、ちょー無反応。なのに、リテンちゃん、ちょー食い付き。オレは、あんたら父娘、ちょー引くわ。

「オレらはジオフロントと呼んでいる。まあ、あんたらには聞き慣れない名称だから、地下都市で進めるか。で、だ。ロッテンバンガーさん――らには、この逆三角以外のところを造って欲しい」

 逆三角のところは、エリナの領分。自分の領域は自分で創れ、だ。

「まずは、こことここまでの道を造って欲しい」

 港からジオフロントの最下層までの道を拡大して映し出した。

「ここの道は外洋船が余裕で……外洋船ってわかるか?」

「はい。船は見たことあります」

 まあ、賢いお嬢さんをお持ちで。お父様……なんか反応しろや。置物じゃねーんだからよ。

「ごめんなさい。父は、極度の人見知りで、こうしているのがやっとなんです……」

 しゅんとしながら頭を下げるリテンちゃん。ごめん。あなたがイイ子過ぎて涙が溢れそうです……。

「あ、いや、まあ、理解してくれてるなら構わんよ」

 なんとか堪えて話を進める。

「と、まあ、将来的には計六本。街の中心湖まで繋げるようにして、地上の光り取りの湖まで昇降水路、はまたいずれな。ここまではイイか?」

「……はい。いえ、理解し難いところが多いですが、我々の力なら問題ないかと。ですが、魔術を使わないと不可能な場所があるのではないですか?」

 ほんと、この幼女さん、超天才児。

「そこは、小人族の技術を借りる。それと魔族の力も。異種族間国家だからこそ、だな」

「……小人族かい。また難儀なところと繋がりを持っておる……」

「小人族の中にも話のわかるヤツはいるし、未来を求めるヤツはいる。どの種族も同じさ」

 千差万別十人十色。種が同じだからって個が同じとは限らない。生きたいと思い、努力したヤツが生き残るのだ。まあ、例外は別としてな。

「……あ、あの、それで、わたしたちの移住のことなんですが……」

「そうだな。いきなり全てをってのは無理だから、この辺に仮の住み家を造ってくれるか? さすがにこの逆三角のところに全ては暮らせねーし、種族の特性もある。なんで、ここをノーム専用区にする。だが、出入りは自由とする。他種族を否定した時点で国家反逆者罪だ。それが、認められねーと言うならこの話はなしだ。王ではねー王とオレが許さねー。即、国外追放だ。今後一切の入国を拒否する。どうする?」

 その問いに、ロッテンバンガーさんとリテンちゃんが両膝をついた。

「王ではない王とあなたの法に従います。どうか我らに安住の地を与えたまえ」

 ……リテンちゃん、恐ろしい子……。

 なんてネタをやったところで理解者はいねー。

「まあ、仲良く行こうや」

 リテンちゃんの頭をポンポンと叩いた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ