挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

405/992

405 花月館

「では、用意してまいります!」

 そう叫ぶと、ねーちゃん、コーリン嬢がどこかへと駆け出して行った。

 ノリと勢いの人と思ったからノリと勢いで煽ったが、どうやらこの人も思い立ったが吉日らしい。ブレーキ役がいねーとダメなタイプだな。

「な、あ、コーリン嬢! 待ってください!」

 と、数メートル空いた距離を一瞬で縮めてコーリン嬢の手首をつかむザンバリーのおっちゃん。さすが元A級の冒険者。運動神経や反射神経がハンパねーな。

 でもまあ、納得だわ。確かにザンバリーのおっちゃんをお目付け役にしなくちゃなんねーわな。こんな思い立ったが吉日弾丸娘、並みでは御し得ねーよ。

「ドレミ。ワリーがザンバリーのおっちゃんに着いてってくれ。用意ができたら転移して家に連れてきてくれ」

「はい、マスター。わかりました」

 猫の身体能力ばりにザンバリーのおっちゃんね肩にジャンプ。手乗り文鳥ならぬ肩乗り猫となった。

 なんかイイな、あれ。とか思ったが、頭の上の住人さんからしたらオレの肩は居間的なところらしく、しかも、自分の部屋に人を入れたくないタイプときたもんだ。ちぇっ。 

「ザンバリーのおっちゃん。家を用意しておくからそこで待っててくれ。なるべく毎日行くようにするが、いろいろあってこれるかわかんねーんだよ。まあ、明日の午後にはくるから、コーリン嬢にもそう言っててくれや」

「わ、わかった」

 腕をつかまれていても弾丸娘の威力はなくならないようで、ザンバリーのおっちゃんを引き釣りながら進んでいた。

 ……なんつーか、残念ご令嬢だな、この人……。

 なんてことを思いながら二人とドレミを見送った。

「さて。行くか」

「え、どこに?」

「もちろん、家……じゃ紛らわしいか。そうだな……花月。花月館でイイか」

 どうしてかは内緒。ただ、思い出の名とだけ言っておこう。

「あの家、花月館に決定な」

「まあ、いいんじゃない。響きが綺麗だし」

 プリッつあんの賛同を得たので、花月館へと戻ることにした。

 到着し、いつものように倉庫から入ろうとしてストップ。そう言や、玄関から入ってねーなと気が付き、玄関へと回って館の中に入った。

「なにもないのね」

「まあ、長いこと空き家だったらしいからな」

 なんでも昔は人外さんが住んでいたらしいが、共同生活なんてできる訳もなく、たった半年で封鎖されたらしい。それから住む人もなく、そのまま放置されていたんだってよ。

「にしても、靴のまま住む文化には慣れねーな」

 我が家は日本家屋風で、土禁にしてある。だから余計に慣れねーんだがな。

「まあ、セカンドハウス的なもんだし、しゃーねーか」

 もらったものとは言え、たまにくるオレに合わせたら、ここに住むヤツが気の毒だ。このままにしておくか。

「取り合えず、二階から見て行くか」

 二階三階が住居ってことらしいので。

 多分、グレン婆が設計したんだろう。なんか造りがアレだった。

「なにか、造りが可愛らしいわね」

「そうだな」

 意外と乙女趣味なヤツだったからな。住むには、ちと勇気がいるぜ。

「でもまあ、乙女が住むんだから構わんだろう」

 ここをオシャレ同盟の本拠地にしようと考えてるし、オレの部屋は地下に創ろうと思ってる。なんも害はねーさ。

「とは言え、そこまで行くには時間がかかるし、まずは普通にしておくか」

 まずは居間からやるかと移動し、収納鞄からクッションやら敷物やらを出して行く。

 一応、台所があったので皿や鍋、食器類を出したり食糧を出したりしておいた。

「つーか、家具がねーと、どうしようもねーな」

 テーブルや椅子と言ったもんがねーと、暮らすには不便だわ。

 とは言え、さすが家具はどうしようもねーな。収納鞄には容れらんねーし、家具類は受注生産。作り置きはしてねー。まあ、ちょっとした入れ物的なものはあるが、不便には変わりはねーよ。

「どーすっかな~」

 サリネに頼もうにも別の依頼を出しているから無理だし、王都の家具屋に頼んでも時間かかりそうだし、カイナに頼……ん? そー言や、プリッつあん、カイナからドールハウスならぬ、ドールキャッスルもらってたよな。確か、家具も着いてたはずだ。

「プリッつあん、ドールキャッスル出してくれや」

「ドールキャッスル? ああ、わたしの家ね」

 いや、あんたの家、オレの頭の上じゃんとかは言わないでおこう。なんかメンドクセーことになりそうな予感がするんで。

 オレが創ってやったポシェットからドールキャッスルを取り出した。

 なんかいろいろ突っ込みされそうな状況ですが、ここは全力全開でスルーさせてもらいます。

「どうするの?」

「ワリーけど、プリッつあんの家から家具もらうな」

「えー! お気に入りなのにー!」

「またカイナに頼んでやるから我慢しろ。そのうちサリネにも頼んで作ってもらうからよ」

 宥めすかしてプリッつあんの許可を得た。

 一センチくらいのドールキャッスルを二メートルくらいにデカくして、家具を取り出した。

「オモチャのクセに精巧な作りしてやがんな」

 でもまあ、今はその職人芸に感謝しよう。感謝感激雨霰と、家具を各部屋に運んでデカくして行く。

「こんなもんかな」

 今日は時間もねーし、だいたいでイイだろう。

 それでも結構時間がかかったようで、もう五時を過ぎていた。

「難航してんのかな?」

 まあ、急いでもしょうがねー。ご隠居さんが来るまでマン〇ムタイムと行きますか。

 あーコーヒーウメー!
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ