挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

404/988

404 外野はお静かに

「よっ、ザンバリーのおっちゃん。まだ王都にいたんだ」

 もう、とっくの昔に村に向かっていると思ったが、まだいたとはびっくりだよ。

「ベ、ベー! お前こそ、村に帰ったんじゃなかったのか!?」

「帰ったよ。で、また来たまでさ。まあ、今回は日帰りだがな」

 あ、そー言や、サプルやオカンに出かけること言ってくんの忘れたわ。ワリー、二人とも。

「あの、ザンバリー様。この子は?」

 と、横にいた、如何にもな貴族のご令嬢様が、不思議そうにザンバリーのおっちゃんに尋ねていた。

「どうも、初めまして。オレは、ヴィベルファクフィニー。ただの村人だよ。頭の上にいんのはさプリッつあん。横にいんのがドレミだ」

「どうも。わたしは、プリッシュよ」

「ドレミと申します。どうかお見知り置きを」

 バーザのおっちゃんとは違い、自分から前に出て行く二人(?)。プリッつあんはともかく、ドレミもこの状況を理解してんのが驚きだよ。

「…………」

 そんな二人(?)に目を見開くご令嬢様。まあ、耐性がない人にはびっくり生物だしな。

「あ、あのな、ベー。これはなんでもなくて、コーリン嬢を案内してるだけで――」

「――そう慌てんな。ザンバリーのおっちゃんがそんなことできるとは思ってねーからよ」

 そんな甲斐があったら、それこそとっくの昔に結婚してるわ。良くも悪くも純情なおっちゃんだからな。

「んで、いつ頃村にこれんだ? 迎える準備もあるからよ」

 まあ、それなりに準備は進めてはいるが、オカンの方の心の純情を整えさせなくちゃなんねー。のほほんとしているクセに、結構、自分のことには弱いんだよな、うちのオカンはよ。 

「あ、ああ、おれも直ぐにでも行きたいんだが、ちょっと、断れない依頼を受けっちまってな……」

 言い難そうにご令嬢様を見た。

「冒険者、引退したんじゃねーの?」

 カーチェはギルド証を返したって言ってたぞ。

「いや、まあ、引退はしたんだが、断れなくてな。サリオ伯爵には恩があってよ」

 A級の冒険者となれば貴族からの依頼が多くなるし、貸しや借りが生まれてくる。まあ、オレには不向きな生き方だが、人の中で生きてりゃしがらみは嫌でもついてくる。しゃーねーと諦めろだ。

「ふ~ん。それはご苦労さん。で、時間がかかりそうなんかい?」

 かかるならかかるで構わんよ。なるようにしかならんのだからな。

「それが、よくわからんのだ。コーリン嬢の探し物がなんなのかわからなくてな……」

 そりゃまた難儀な依頼だこと。

「ねーちゃん、なに探してんだ?」

 メンドクセーので単刀直入に尋ねた、んだが、まだ惚けてやがるぜ。

 しゃーねーと、結界ハリセンでパシっと喝を入れてやった。

「ベー! お前、なにやってんだ!」

「正気を取り戻してんだよ。ほら、目覚めろや!」

 もう一発入れてやる。

「おまっ、止めろよ! 不敬罪で捕まるぞ!」

「大丈夫。コネと金はある。たかだか伯爵ごときなんもできねーよ」

 こっちには、大老どのと宰相どのがついている。伯爵ごとき、闇から闇さ。ケッケッケッ。

「と言うのは本気で」

「本気かよ!」

 なかなかナイスな突っ込みをするザンバリーのおっちゃん。でもなんかしっくりこねーな。

「ほれ、ねーちゃんよ。いい加減目覚めろや」

 結界ハリセンでねーちゃんの頬をグリグリさせる。

「――はっ!」

 漫画みてーな覚醒を見せるご令嬢様。なんかおもしろい人かも。

「ねーちゃん、なに探してんだ?」

「……え、あの、なにがどうなっているのでしょうか……?」

「ご令嬢様がなんか探してる。それはなんだってことを話してたんだよ。ほれ、言ってみな。ホレホレ」

 結界ハリセンで頬を突っついてやる。

「え、え、え、あの、実は、髪飾り屋を探してまして」

 髪飾り屋? 王都にそんなもんあったっけ?

 いやまあ、王都のオシャレ屋さんなど知らんが、髪飾り屋なんて……ん? あれ? なんだ、この喉に引っかかるものは……?

「ねぇ、ベー。もしかして、この人の言ってる髪飾り屋って……」

 あーうん。オレがやったオシャレ屋さんですね。

 いや、まさかここに来て以前の話が出てくるとは。人生、なにがあるかわかんねーな。

「もしかして、と言うか、オレです。その髪飾り屋は」

 正直に認めた。なんか、オレの考えるな、感じろセンサーが激しく振れているから。

「そ、そう言えば、サナが男の子と羽妖精がやっている店と言ってましたっけ……」

 うん。オレたち以外にいないですね。

「お願い! わたくしに髪飾りを見せてくださいませ!」

 なにやら興奮したご様子。なんなのいったい?

 説明ぷりーずとばかりにザンバリーのおっちゃんを見る。

「あー、そう言や、コーリン嬢、衣装に興味を持っていたな」

 ザンバリーのおっちゃんの説明を端的に纏めると、このご令嬢様、オシャレ大好きさんってことらしい。する方じゃなくてさせる方、まあ、デザイナー志望、ってことか?

「ねーちゃん、伯爵令嬢なんだろう? イイのか、そんなことして?」

 貴族社会なんて興味もねーし、知りたくもねーが、前世の記憶から言って貴族のご令嬢様がやってイイことじゃねーだろう。つーか、ご令嬢様に人権なんてあんのか?

「わたくしは、わたくしのやりたいことをやります! 例えこの身が朽ちようとも、わたくしはわたくしのために生きるのです!」

 なかなか豪気なご令嬢様だ。うん。気に入ったよ、このねーちゃん。

「ふふ。なら、ねーちゃん。世界、いや、オシャレ界を覆してみねーか? ねーちゃんのそのやる気と感覚と才能を、この世界に示す覚悟はあるか?」

 真っ直ぐ、ねーちゃんを、いや、コーリンを見た。

「覚悟ならとっくに持ってます。わたくしはわたくしのために生きると決めたその日に!」

 コーリンも真っ直ぐオレを見た。

「ならばオレと来い。お前を、いや、コーリンと言う名を世界に刻んでやる。デザイナーコーリン。コーリンブランド。その名は永遠だ!」

 オレの差し出した手を、コーリンは躊躇いなくつかんだ。

「ええ。わたくしの名を世界に刻んでみますわ!」

 後の世に、コーリンブランドが世を席巻する、かどうかはコーリン次第だ。遠慮なくやったれだ。




「なにかしら。前にもこんな茶番を見たような気がするんですけど」

「わかってはいたが、未来の息子の将来が心配でたまんねーよ」

 ハイ、外野はお静かに。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ