挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

398/988

398 他人任せの平和は旨いか?

 さて。人外さんのとこに行く前に、この海竜(食材)をなんとかせんとな。

「まあ、小さくすればイイんだがな」

 プリッつあんの能力、マジサイコー!

 だいたい二センチくらいまで縮めて収納鞄に詰めて行く。で、保存庫空きましたー!

「……もう、なんでもありになってきたな、お前……」

 別になんでもありではねーが、なんとかしちゃったんだから、なんとも言えねーな。うん。

「海竜、どうするので?」

「食糧にするさ。海竜のステーキ、旨いからな」

 そのまま焼いただけでは固いが、パロンと言う酸味のある果物に一晩浸けて、生姜 (ぽいものな)ベースのソースを掛けて焼くと、スゲー柔らかいステーキになるのだ。

「あー、アレな。確かに旨かったな。でも、パロンって、秋になるやつだろう?」

 あ、そー言や、あんちゃんにも出したっけな。

「そこはそれ。プリッつあんの能力に掛かれば造作もねーさ。瓶一本あれば増やし放題だからな」

 まあ、パロンは大量にあるし、絞り汁も二百以上はある。なんら問題ねーさ。

「んじゃ、また貯めろ、と言いてーところだが、乱獲は止めろ。この一帯の海から海竜いなくなるわ! ってことをウルさんに言ってくれ、あんちゃん。生きてりゃ魚でも貝でも構わねーからよ」

 生態系が狂ったら、海のもんが食えなくなる。豊かな海だからこそ自重はせんとな。

「わ、わかった。言っておくよ」

「それとバンベル。バカやるなとは言わねーし、言える資格もオレにはねーが、まずは自分の住み家に力を注げと言っとけ。力を貸すとは言ったが、なにもしねーヤツに力を貸すなんてことしねーからな。よく言っとけ!」

「はい。全力で言っておきます」

 なにやらバンベルさんから黒いオーラが……あ、うん。オレ見てねー。オレ知らねー。さぁあ、王都に行かなくちゃ~。

 サラっとその場を離れて転移の間に向かった。のだが、なぜか公爵どのと大老どのがついてきた。なんだい?

「いや、王都に行くんだろう。だったら一緒に頼む。孫や友人に挨拶しておきたいからな」

「おれは、暇潰しだな。やることないしよ」

 ほんと、自由な人らだよ。

「まあ、好きにしな。二人増えたところで手間はねーしな」

 転移は空間ごと。三十人くらいまでなら問題ナッシング。

 で、サクっと転移。王都に到着です。

「ここは?」

「王都でのオレの拠点だな。まあ、今は転移するためだけの場所だがよ」

 あ、そー言や、サリバリに王都で理髪店やらねーか聞くのすっかり忘れてたわ。まあ、また忘れそうだがよ。

「んじゃ、大老どのはここでお別れな。また好きなときにこいや」

 自由人に予定を聞くのは無粋ってもの。会えるときは会えるし、会えねーときは会えねー。そんな感じでいれば、再会もまた、楽しいだ。

「おう。好きなときに行くよ」

 あっさりと別れ、街の中に消えて行く大老どの。またな。

「公爵どのは、どうする?」

「んー、そうだな。初めてのところだし、なにかお勧めなところはあるか?」

 お勧め、ね。

「なら、アブリクト貿易連盟でも見てくるか?」

「連盟? 世界貿易ギルドとは違うのか?」

 そう聞くってことは、あんちゃんからは聞いているようだな。

「まあ、それほど違いはねーんだが、アブリクトの方はこの近隣の間で貿易する謂わば海運都市で、世界貿易ギルドは、種族民族関係なしの世界を相手にしたギルドだな。まあ、本拠地が異種族国家にあるから、アブリクトは隠れ蓑さ」

 それに、まだ会員数も物もまだまだ足りてねー。だから、アブリクト貿易連盟は、世界貿易ギルドを補ってもらうためのものてもあるのだ。

「随分と壮大なことやってるな、お前は……」

「平和ってのは大規模でねーと成り立たないからな」

 違う大陸ならまだしも同じ大陸で戦争してんのに、うちには関係ございませんとか言える神経が平和だわ。

 平和を求めるなら近隣の国を、種族を巻き込まなければならない。そのための足掛かりとしてのアブリクト貿易連盟であり、世界貿易ギルドである。

 ……まあ、がんばるのはオレじゃねーけどな……。

 他人任せの平和は旨いか? ハイ、メシウマですがなにか?

「なんで、 よく見てから考えな」

 どちらに入る入らねーじゃなくて、帝国はどう動けばイイのかをな。

「……まったく、お前が賢いだけだったら無理矢理でも拐って行くのだがな……」

 まあ、無理矢理拐われたら無理矢理帰ってくるだけだがな。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ