挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

395/990

395 宣言

 カイナーズホームがスゲー興味あるが、殿様の方をなんとかしないと夕食に遅れてしまう。

 まあ、遅れたところで『またか』と思われて終わりだが、夕食に向かう努力をするのが家長としての心意気。ハイ、言ってみただけです。すっぽかし常習犯です。

 結界エレベーターで秘密基地へと昇った。

 階にして地下六階。飛空船ドックになるところで降りた。

 一応、五十メートル級の飛空船を容れようとしたので、殿様の空母は余裕で収まっていた。

 以前も殿様の船をここに容れたとは言え、小人用には造ってねー。なんで結界で空母を固定。結界桟橋を渡してやった。

「あんたたち、もう離してイイぞ」

 空母の乗組員が下りて、人力で空母を押さえていた。

 ちゃんとわかるように結界を色付けしてるので、乗組員たちは素直に手を離した。

「あ、アマリアたち、いたんだ」

 プリッつあんの呟きに辺りを見回すと、奥の倉庫と通じる通路から出てきた。もちろん、人型形態でな。

 荷物運搬用なので高さもあるから、二メートル近いバ、バル……もう、メルヘン機人型形態とかでイイや。

「つーか、なんか増えてね?」

 さっきまで五機だったのに、なぜか八機に増えている。飛行機派って何人いんだよ?

「整備班が乗ってるんじゃないの?」

「整備班?」

 なんだそりゃ?

「よくわからないけど、操るよりいじるのが好きな子たちが整備班になったって聞いたよ」

 ほんと、よーわからんな、メルヘンどもは。

「プリッつあんは、あーゆーのに興味はないのか?」

「全然。わたしは、お洒落する方が好きだわ。なんで皆、あんなのが好きかわからない」

 なんだろう。今、プリッつあんが正統派メルヘンに思えたんだが。

「ベー」

 と、下から殿様の微かな声がした。

 殿様自体がデカい声を出すので辛うじて聞こえるが、基本、小人族との会話は成り立たねーんだよな。

 オレには結界があるから普通に話せるが、なにやらいっぱい出てきて、オレの足元近くまで来ていた。

 話すだけなら問題ねーが、さすがに踏んでしまいそうで怖い。しゃーねーと、自分の体を小さく――ふべしっ!

 なんか重いものに体のバランスを崩され倒れてしまった。

「もー! いきなり小さくならないでよ!」

 上からプリッつあんの声が……って、頭の上にいたっけ。すっかり忘れてたわ……。

 重さがなくなり、立ち上がる。

「――プリッつあんデカっ!」

 目の前に巨大化したプリッつあんが――って、オレが小さくなったんだっけ。プリッつあんのデカに驚いて一瞬、忘れたわ。

「プリッつあん、以外と背があったんだな」

 元の体で言えば、だいたい一メートル七十くらい。結構あったんだ。

「逆にベー小さかったのね。なんか可愛い」

 と、頭を撫で撫でしてくる。が、目に殺気が。そして、力が強いんですが……。

 どうやらいつぞやのことを根に持って仕返ししてきたのだろう。が、小さくなってもオレの力は変わらぬようで、プリッつあんの仕返しなどびくともしなかった。

 お返しに抱き締めてやろうかと思ったが、やったらちょうど胸のところにくるので止めておいた。なんか痛そうだし。

「なにやら乙女の誇りを汚すようなこと考えてるでしょう?」

「いや、全然」

 プ、プリッつあんのクセに生意気な。乙女とか百年早いどころか次元が違うわ! とか言ったら怖いのでお口にチャック。そして、心のお口にもチャックです。

「おっと、殿様がいたんだーっと」

 プリッつあんから殿様へと逃げ――ではなく、向き直った。

 後ろから世界を狙えるコークスクリューパンチが連打で来てますが、まったく痛くないのでスルーです。

「よ、良いのか、結構重そうなのを食らっているようだが……」

「プリッつあんがじゃれてるだけさ。それより、なんだよ、この人数は? 民族大移動じゃねーかよ」

「フフ。民族大移動か。ベーはおもしろいこと言うな。良し。歴史にはそう残しておくとするか」

「勝手にしろ。ったく」

 そっちには歴史的な一大事だろうが、こっちからしたら厄介事でしかねーよ。

「で、いったい何万人の大移動だよ。なんか、戦艦三十隻もいたと聞いたが」

「正確な数はわからんが、約三万人だな。戦艦は確かに三十隻だ」

「戦艦、は?」

 なにか不穏な言い方すんじゃねーかよ。

「ベーがいたのは偶然だし、ベーを頼ろうとはしたが、無計画で出てきた訳ではない。自分の住み家ぐらい用意したさ」

「……もしかして、アレ、か?」

「ああ。新ドウ・ゲン都市島がこちらに向かっている」

 小人族が住むところは浮遊島だが、それは浮遊石があってこそ。つまり、浮遊石があれば都市島が造れるのだ。

「ベーに頼む。我らを救ってくれ」

 殿様が頭を下げると、配下の者たちも一斉に頭を下げた。

「……殿様が殿様でなくなってもか?」

「もとより、藩主の位などシャンバラを出たときに捨てたわ。今の我はコノガ。ただのコノガだ!」

 こーゆー思いっきりなことをするから殿様ってスゲーぜ。

「救ってやるとは言えねーが、生きる場所は用意してやるし、協力はしてやる。あとは自分たちの力でなんとかしろ」

「おうとも!」

 そう力強く応えると、背後にいる配下たちに振り返った。

「皆の者。ここに我らの未来を創るぞ!」

 殿様の宣言に、飛空船ドックが震えた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ