挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

393/990

393 試合終了

「ヘイ、ラストだ!」

 最後の一球で竜機隊が全滅した。

「蒼天に咲いた千の桜。見事なり!」

 この世界に桜はねーし、本物には劣るが、前世から引き継いだ心の原風景。それに近いものを見ると懐かしくなるんだよ。

 酒が飲めたら一献傾けたいところだが、今はその風景に酔いしれ……ねーか。まだ戦艦が残ってるしな。

「さすがに近寄ってはこねーか」

 小人族もバカじゃねーし、仮にも戦艦を預かる者。ましてや小人の国も戦争はある。騙し騙され雨霰。権謀術数で今がある。鎖国してるとは言え、竜や魔物による被害はある。このファンタジーな世界。バカじゃやってけねーんだよ。

 さて、どうすると見てれば、全艦が一斉に砲筒をこちらに向けた。

「へー。通信技術まであんのかよ。小人族、マジスゲーな」

 殿様からは、そこまで深く聞いてなかったから知らんかったが、あれが以心伝心で行われていたら小人族、マジゴメンナサイだわ。

「お、おい、ベー、さすがに不味くないか?」

「一点集中攻撃なら超余裕だよ」

 小人族の戦艦は、砲弾ではなく魔砲。つまり、魔力の塊を撃ってくるもので、威力としては角猪を吹き飛ばすくらいだ。

 まあ、威力としては首を傾げるものだが、戦艦の砲筒はだいたい四十。積んでいる魔石にもよるが、殿様の話では四百発くらいは撃てるらしい。

 それが八隻。それが連続で撃たれたら飛竜でも逃げるわな。

 照準がリオカッティー号に合わさったようで、一斉に撃ってきた。

「ヘキサゴン結界!」

 港を守る六角形の盾を能力限界まで生み出した。

 カイナにはまったく効かないだろうが、人外さん級なら五発、いや、ご隠居さんでも二発は余裕だぜ。

 三百以上もの魔砲がヘキサゴン結界へと激突。だが、小揺るぎもせんわ!

 更に魔砲が撃たれてくるが、まったくもって問題ナッシング。

「さて。そろそろオレの回と行きますか」

 能力限界ギリギリのところにヘキサゴン結界を一枚生み出し、角度を調整する。

「こんなもんかな?」

 まあ、まずは一発試しだ。

 ポケットから木の球を取り出し、弾力性のある結界で包み込む。

「ヘイ! ライト、行くぞ! 跳弾打ちぃっ!」

 ノックした木の球がヘキサゴン結界にぶつかり、ライトに見立てた戦艦の鼻先に当たった。

「チッ。ズレたか」

 試しとは言え、やっぱ外すとおもしろくねーぜ。

「もーいっちょ、行くぜ!」

 角度を微妙に調整してノック。今度は狙った横っ腹に当たった。

「おしっ! オレ天才!」

 生まれ変わってもオレの野球センス、マジサイコー!

 次々とノックとヘキサゴン結界の調整を行い、戦艦をフルボッコ。戦闘不能にしてやった。

「……酷いんだか優しいんだかわからん攻撃だな……」

「どっちにしろ、被害甚大だな。と言うか、戦艦全滅させるとか村人の所業じゃねーよ」

 オレはスーパー村人。まだ第一形態だぜ。

 なんてネタをやったところで白い目しか返ってこねーんだし、ちゃっちゃっと片付けますか。

 で、試合終~了~。

「ふぅ~。イイ汗かいたぜ」

 こんな気持ちイイ汗をかいたのは前世以来だな。

「敵、被害甚大。味方、無傷、どころかなにもしてねーよ」

「なんだろうな。圧倒的大勝利なのに、まったく喜べないな。いや、小人族が不憫でならないわ……」

 さっきから外野がうるさいな~。勝者には拍手で讃えろよ。

 とは言え、今の気分は七回コールド勝ちな気分。イイ汗はかいたが、震えるような達成感はねー。

「さてと。最後の一発だ」

 収納鞄から紙を一枚取り出して、サラサラサラ~と一筆。結界にくるんでシャンバラ方向へとカキーン。

 ――オレの思い、届け! なんって~。まっ、なるようになるだ。

「んじゃ、行くか」

 え、どこに? なんてボケてくれる人もなし。ため息二つ吐かれ、つつがなく発進しましたとさ。めでたしめでたし。

「ええ。ベーの頭がね」

 頭の上からの突っ込みもノーサンキューです。
 
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ