挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

39/992

39 悪巧み

「旨いな、このギョーザとやらは!!」

 焼き立てのギョーザを一皿空けた会長さんが歓喜の声をあげた。

「口にあってなによりだ」

「これでエールがあったら更に最高なんだがな!」

「わりぃな。うちじゃ飲まねーから置いてないんだよ。まあ、あとで違うの出すから水で我慢してくれ」

「いや、構わんさ。水も旨いしな。にしても、いろいろな場所でいろんなものを食ってきたが、こんな旨いもんは初めてだ」

 この時代の料理レベルに期待はしていなかったが、会長さんの口ぶりからして思った以上に低いらしいな。

「こんな旨いもん、宮廷料理人でも作れんぞ」

「それはまた貧相な食事してんだな、王様ってのは」

「ここが異常なだけだ。八才の少女が作るとか、ベーを見ていなかったら一笑しているところだわ!」

「ハハ。それはつまり毒されたってことだな」

「毒されもするわい! カブラ蛇の毒より強力だ!」

「酷い言われようだな。こんな人畜無害の村人に向かって」

「普通の村人は人畜無害など難しい言葉は使わんわい! ったく、どこで覚えるのだ」

「まあ、いろんな本を読んでるからな、いろいろ覚えるさ」

 前世の言葉と比べたら確かに少ないが、文学はそこそこあるので似たような言葉はあんだよ。

「……よく本など読めるな。こんな田舎まで流通してないだろうに……」

「月に一回くる行商人のあんちゃんに頼んでんだよ。まぁ、オレの財力では月五冊しか買えんがな」

「いや、月五冊とか買いすぎだ。お前はどこの学者だよ。しかも五冊も買える財力ってなんだ。それで村人とかふざけんなっ!」

「……なんか口悪くなってね?」

「ダチに遠慮なんかしてられるか! それとも敬語でしゃべって欲しいのか?」

「いや、それで良いよ。その方がしゃべりやすいしな」

「はい、焼けたよ」

 サプルが次のギョーザを運んできた。

「おっ、悪いな。作らせてばかりで」

「構わないよ。それより麦粥はいつ出すの?」

「ああ、そうだったな。封は切ったか?」

「ううん、まだだよ」

「んじゃ、こっちに持ってきてくれ」

 うんと返事して厨房へと下がった。

「しかし、本当に腕が良いな、ベーの妹は。王都で店を出したいときはわしに言ってくれ。一番良い場所に店を構えさするからよ」

「サプルがやりたいってときは頼むよ」

「サプルは料理人を目指しているんじゃないのか?」

「オレや自分を基準に考えんなってーの。普通、田舎の子供がそんな大それた夢なんか見ねーよ。せいぜい好いた男の嫁になるくらいさ」

 ただでさえ弱肉強食な世界(時代)で女の地位は低い(家庭内では逆だがな)。外でバリバリ働くとかあり得ない。せいぜ女中メイドが最先端だろう。まぁ、聞いた話では、だが。

「確かに、そうだな」

「でもまあ、世界の半分は女だ。才能があるなら使ってやれば良いさ。男だ女だなんて狭いこと言ってんのは、己の見る目を半分潰してるとの同じことだ」

「……なるほど。確かにベーの言う通りだな……」

「はいよ、あんちゃん」

 五リットルは入る瓶をオレの横に置いた。

「ありがとよ。会長さん、ちょっとコレ持ってみな」

 瓶をアゴで差した。

 疑問に思いながらも素直に瓶を持つ会長さん。

「この瓶がどうしたんだ?」

「投げてみな」

「はぁ? 投げる?」

「ああ。割る勢いで投げてみな。どこでも良いからさ」

 訳わからんと言った顔をして周りを見るが、戸惑ってるのは会長さんとあんちゃんだけ。カラクリを知ってるうちの連中は気にもせずメシを食っていた。

 ホレと促すと、意を決して瓶を暖炉の方に投げ飛ばした。

 投げ飛ばされた瓶は暖炉の端に当たる───と、居間に跳ね返ってきた。

 その現象が信じられない二人は口を開けて驚いていた。

 うん。結界超便利。

 しばらくして漸く事実を飲み込めた二人がオレを見た。

「まぁ、説明はメンドーなので省くが、あの瓶には結界が施してある。その意味がわかるか?」

「……あ、ああ。だが、可能なのか?」

「ああ。可能だ。ただ、時間は掛かるがな」
 友達になったとは言え、しゃべれることとしゃべれないことがある。オレ転成者、てへ☆ とは、さすがに言えねーよ。痛いわ。オレの心がっ。それに、不思議パワーとか説明できねーよ。使ってる本人もわかってねーんだからよっ。

「魔力は人並みってことか?」

「まーな。で、だ。その瓶の蓋を二度、指で突っついてみな」

「……まだ仕掛けがあるのか……」

「やってみればわかるさ」

 で、やってみたらまた口を開けて驚くお二人さん。

「どうやるかもメンドーだから省くが、それは二年前に作ったものだ。種類はともかくとして数にすれば千はある」

 その意味を飲み込めるまで待ってやる。

「……わしは、ベーになにを返したら良いのだ……」

 友達とは言え、いや、友達だからこそ、施しは受けたくないのだろう。まぁ、そう言うタイプと見たから友達になったんだがな。

 オレも人間。心意気だけでは生きてはいませんがな。

「……会長さんは、この領地を治める伯爵のことは知ってるかい?」

「あ、ああ。知ってはいるが……」

「邪魔なんだよな、あの領主」

「はあ?」

 さすがの大商人もそれだけではわからなかったようだ。

「オレはこの村が好きだ。この村で生きて行きたい。だから、バカな領主にはどっかに行って欲しいと思う訳だ」

 それでやっと理解してくれた会長さんは、なんとも複雑な顔を見せていた。

「まあ、できればの話さ。ダメなら本の十冊でももらえたらオレは満足さ」

 もともと労力しか掛かってない保存食。本と交換なら得したと言っても良いだろうよ。

「……そうだな。確かにバカな領主は目障りだな……」

「ああ、目障りだ」

 まるで悪徳商人のように笑う会長さんに、オレは悪代官のように笑って応えた。


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ