挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

382/988

382 泣いてないやい!

 なにか、結束と言うか仲間意識ができたと言うか、更に打ち解けた三人を眺めながら、コーヒーを堪能していた。

 冷静に自分を見て、自分に商才はねー。と、この三人を見て強く思う。

「人魚から買ったものだが、どう思う?」

 あんちゃんが収納鞄からバルサナを出して二人に試食……じゃなくて試飲させた。

「ほ~。旨いな」

「ええ。濃厚で鼻に抜ける香りがなんとも言えませんね」

「あ、おれもちょうだい。お、なにこれ! 美味しい!」

 あんちゃんに差し出されたのでオレも一粒頂いた。うん。旨いな。

「海の中にも果物が生るんだな」

「実はこれ、種なんだとよ。しかも、人魚の間ではお茶として飲まれているそうだ」

「お茶? おもいっきり食ってるぞ」

「確かに、歯ごたえのあるものですし」

 オレには種族差によるものだけで片付けられる出来事だが、三人には驚くべき差のようで、あーだこーだと語り合っている。

「さすがにお茶としては売れないが、海の果物としてなら売れると思うんだが、どう思う?」

「良いのではないでしょうか? この味なら我々の口にも合いますし」

「うちの国でも受け入れられる味だな。下手したら葡萄より人気が出ると思う。いや、人気が出るな、この味なら」

 そこから売買の話になり、なんやかんやで、問題が出た。金をどうするかだ。

 この国の金は、七ヵ国同盟貨幣と呼ばれ、七つの国と、貨幣を造れない何十もの小国で使われている。

 まあ、簡単に言えば帝国に攻められないようにと、七つの国が集まって造ったものなので、通貨単位がなく、枚で使われている──んだが、種族民族を越えちゃってるから、どうする? ってことになった訳さ。

「まあ、両替や換金ができるから、おれらはなんとでもなるんだがな……」

 と、あんちゃんとチャンターさんがアダガさんを見る。

「魔族での取り引きは、魔石ですので……どうなるのでしょうか?」

 そこで、沈黙となり、なぜかオレを見る三人。いや、見られてもオレにはなんもできねーから!

 経済論とか、国際取り引きとか、まったくってほど知らんよ、オレは。求められても困るわ。

「なら、新しく貨幣を造るか?」

「仮にできたとして、使えるのはここだけだろう。それに、両替商を間におかなくちゃない。どのみち今の段階では不可能だ」

「ならば、まずは七ヵ国同盟貨幣でやって行きますか?」

「それしかないか……」

 だからオレを見るな。答えられんもんは答えられんっての。

「だったら、まずはベー一手に引き受ければ良いんじゃない」

 と、カイナさんが入ってきた。なに、お前は経済論とか国際取り引きに詳しい人なの?

「どう言うことでしょうか、カイナ様?」

「これが公正かどいたかはわからないし、提案の一つとして聞いてね」

 そんな前置きに、三人は了解と頷いた。

「だいたいにして、国を創るためにものが欲しいから三人を集めた訳だがら、各自、まずはベーのところに持ってきて、ベーが決めた価格で買ってもらう。支払いは、お金でも物でも良いことにする。まあ、ベーのことだからメンドクセーの一言でアバールさんに丸投げするから、アバールさんが代理で買い取りをする。もちろん、支払いはベーの財布からとする。ちなみにベーって、資産どのくらいなの?」

「んー、金鉱山を三つ、いや、四つは持ってるぐらいかな」

 時間がなくて二つしか手を出してないが、十二畳間に金塊が詰まってるくらいにはあるな。まあ、銀塊も同じくらいあるがよ。

「……道理で金とか豊富に出せると思ったら、それかよ……」

「なんと言うか、真面目に商売してるのがバカらしくなるな……」

「もう、ベー様がこの大陸を統一した方が平和になるのではないですか……」

 まあ、我が土魔法は超便利にて超優秀。金鉱山を見付けるなど造作もない。ちなみに温泉を掘り出そうとしてダイヤモンド鉱床を見つけたが、ダイヤモンドにそれほど興味がなかったんで、記念にソフトボールくらいのを五、六個ほど持ってきたってことは内緒にしておこう。なにやら、お腹いっぱいの様子だから。

「ま、まあ、ベーだからと流しておくとして、それでどうかな?」

「そうだな。アバールが決めるのならおれに異論はない。信頼も信用も同情もする」

 は? なぜに同情が出てくるん?

「わたしも異論はありません。一番苦労して、頑張ってる人が一番儲けるのが筋ですからね」

 いや、それに異論はねーが、なんか含みのある言い方はなんですのん?

「あー、やっぱり、おれらで決めた方が良いな」

「意義なし」

「同じく」

 チャンターさんのセリフに、あんちゃんとアダガさんが力強く、肯定した。

「なら、第二回世界貿易ギルド会議を始めるか。あっちで」

「そうだな。ここでは雑音がありすぎる」

「ゆっくり、落ち着いてやりますか」

 ってなことを言いながら世界貿易ギルド員がサロン(風の寛ぎ部屋)を出て行った。

「………………」

 こ、ここはきっと、考えるな、感じもするなって場面ってことだねっ。

「あーコーヒーうめー!」

「ハイハイ、泣かない泣かない」

 泣いてないやい!
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ