挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

379/992

379 保養地

 港には秘密がある。

 なんて言ってみたが、それほど大袈裟なもんでもねーし、港にある訳でもねー。

 保存庫には、港へと下る通路と、秘密、でもねーところへと続く通路がある。

「前から気にはなってたんだよな、ここ。意味ありげに保存庫の奥にあるのに、開けてもなんも入ってねーし、部屋にしては狭いし。なんなんだ、ここは?」

「エレベーターーーつってもわかんねーか。まあ、自動昇降部屋だ」

 部屋の奥へと進み、壁にあるボタンを三人に見せる。

「これがこの部屋を昇降させる装置だ。まずここの位置が一階で、下に行くときはこの逆三角を押せば勝手に下へと行く。上はそのうち連れて行くから今は気にすんな。あんちゃん、逆三角を押してみな」

「だ、大丈夫なんだろうな?」

「大丈夫に決まってんだろう。イイから押せ」

 ここは、毎回使うものじゃねーが、フェリエやサリバリ、トアラたちを連れて行くために安全第一に創ったものだ。不備はねー。

「わ、わかったよ。これだな……」

 恐る恐るボタンを押すあんちゃん。商売以外はヘタレでビビリなんだよな。

 結界と浮遊石で創ったために振動はねーが、浮遊感と言うか落下感と言うか、敏感な人なら感じるくらいの揺れしかない。

「……す、凄い……」

 どうやらアダガさんは敏感な人らしく、この揺れがわかるようだ。

「鬼巌城にはねーのかい? カイナなら付けそうだがな」

 まあ、前世のエレベーターとか、メンテナンスが大変そうだがよ。

「はい、似たようなものはありますが、鬼巌城のものは、それぞれの魔力で動かすので、個人差で揺れが出るのです。ベー様のようにまったく揺れを感じさせないなんてあり得ません。しかも、魔力が動いた気配がないなんて。いったいどうやっているのですか? 失礼ながら、ベー様の魔力は低いように感じますが」

「ふふ。アダガさんのそこがスゴいよな。魔族にとって魔力が絶対。オレみてーに低魔力なんてカスだろうに、それを態度に表しもしなければそれが絶対だとは思ってねー。さすがだよ」

 前に一度だけ魔族に会ったことあるが、もう笑っちゃうくらい魔力至上主義。典型的な噛ませ犬だった。まあ、その話は機会があったらとして、魔族は魔力を絶対視している。故に、他の種族を下に見て、ためらいなく侵略してくるのだ。

「世の中、魔力だけで世界は統一できませんからね」

「アハハ。アダガさんは、商売で魔王になりそうだな」

 なんてこと言ってる間に最下層に到着した。

 ボタンがある方の扉が開き、明るい通路が現れる。

「……港に続く通路と全然違うな……」

「まーな。ここは我が家の保養地として創ったところだからな。明るめにしたんだよ」

「保養地とか、お前はどこの貴族だよ。村人が持つどころか口にして良いもんじゃねーよ」

「……もう王で良いんじゃないか、お前はよ……」

 嫌だよ、王さまなんて。メンドクセー。

 港へと続く通路と同じ距離を進むと、大広間へと出る。

 土魔法で創っただけなので、それほどファッション性や華やかさはないが、なんちゃって神々の像でリゾート気分を出している。

「……な、なんの神殿なんだ、ここは……」

「いや、たんなる大広間だよ。カウンターとか置いてギルドホールにすればイイさ。あそこの扉を開けば港に下りられるからよ」

 本当は高級リゾートを想像して創ったんだが、なんかパルテノン風になっちゃったんだよ。まあ、フェリエたちには、アホな子を見る目をされたが、オレに後悔はねー。

「この上に部屋があるから好きに選んでイイぞ。あ、ただ、海側は食堂とか売店とか用に創ったからダメな。あと、部屋の内装は個人持ちな。その代わり、好きにしてイイからよ」

 まあ、どの部屋も広さは同じだし、設備も大差ない。そして、布団などの備品もない。夏しか使わないところだからな。

「夕食の準備するから、その間に部屋を決めてこいや」

 ここに驚きながらも世界貿易ギルドの創立者(オレは創案者ね)。直ぐに商人の目になって階段を上がって行った。

「さて。せっかくだし、シーサイドテラスでやるか」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ