挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

374/990

374 ジェネレーションギャップ

 メロンソーダ、ウメー!

 って、なんか思わず注文して飲んだけど、時代設定やら世界設定がメチャクチャだよな。オレ、なに世界にいんだよ。

「べつにお前が文化を広めたらイイんじゃんかよ」

 前世の世界からいろんなもの出せんだから、なにもこんなド田舎から文化を買う必要もねーんじゃね? つーか、もう前世の文化に染められてんじゃん。

 ここで働いてるヤツら、もう完全にホテルの従業員だよ。見た目的にはあれだけどよ。

「ん~。そう思っていろいろやってみたんだけどさ、オレ、ここにきたのが十六でさ、趣味はサバゲーだけだったから、そんなに文化に詳しくないんだよね。このホテルもなんとなくだしさ」

「オレだって、そんな趣味が多い方じゃなかったぞ。どっちかと言ったら仕事以外引きこもりだったしな」

 休みの日は、万年炬燵にこもってメシも食わず一日中見ていた。特に職人特集が好きだったな。その知識が今に役に立ってんだから、人生ってのはよくできてるよ。

「いや、ベーの周り文化の宝庫だよ。しかも、自重してないし」

「そうか? 概観をそこわねーようにはしてたんだがな」

「うん。陰では自重してないけどね」

 カイナの突っ込み、マジ容赦ねー。

「まあ、急激な文化革命は歪みを生むしね……」

 なんかやらかしたのだろう、オレから視線を外した。

「まあ、なんでもイイさ。で、アダガさんよ。これから会合があるんだが、時間は大丈夫かい?」

 自分で言ったように好奇心の塊のようで、すっごく目を輝かせてオレたちの会話を聞いていた。この人も結構、飛び抜けた性格してんよな……。

「もちろん。どこまでも着いて行きますとも!」

 この人、本当に大丈夫なんだろうなと、カイナに目で問うと、なんかムカつくくらいのイイ笑顔をしやがった。

「……お前、なんか吹き込んだだろう……?」

 しかも、とんでもないことを。

「大丈夫大丈夫。ベーなら受け入れられる領域だから」

 なんだよ、領域って。不安しか出てこねーセリフだな!

「そんな顔しないでよ。アダガは、オモチャ好きで、とくにベーゴマとかメンコとか、古い遊びが好きなんだよ」

「……お前、オレをどんだけ古い年代で見てんだよ。ベーゴマもメンコも……やったことはあるが、ファ〇コン世代だよ!」

「……すみません。おれ、プ〇ステⅢ世代なんでファミ〇ンとメンコの差がよくわかんないです」

「なに、そのジェネレーションギャップ!」

 この世界もよくわからん進化をしてるが、前世の進化も負けてねーな。クロマニヨン人もびっくりだよ!

「アハハ。冗談だよ。さすがにファ〇コンくらい知ってるよ。まあ、見たことはないけどさ」

 ……こ、この平成生まれのジェネレーション魔王が……!

「ったく。お前の冗談、タチワリーぞ」

 お前、絶対にドSだろう。エグり方が容赦ねーよ。

「そう? でも、ベーの反応、なんか好き」

「お前、シメたろか?」

「アハハ! それこそ冗談だよ! あ、おれ、用事あったんだ。んじゃ、アダガをよろしくぅ~」

 と、またも電光石火で逃げて行くジェネーション魔王。絶対にシメたる。

「すみません。カイナ様、ああ言うお方なのもので」

 どうとは言わねーその性格。よくオレを大概だねと言えるな。お前の方が大概じゃねーかよ!

「……はぁ~。まあ、イイさ。アダガさんは、オモチャ屋をやりてーっことなのか?」

「オモチャ屋と言いますか、人の遊びに興味があるのです。ベーゴマやメンコもそうですが、チェスとかも大好きです。まあ、下手の横好きですが」

「チェス、か。そー言や、前に作ったっけな」

 以前、チェスやら将棋やらを作ったが、ド田舎には高度な遊びらしく、誰もハマらなかった。リバーシでもだ。

 やる相手が少くねーから封印してたが、どれも収納鞄には入ってる。

「なら、ちょっと遊ぶか? オレもそんなに上手くはねーが、チェスは好きなんだよ」

 大老がいたときは一日中やってたくらいだ。

「良いですね。チェスをやる者が少なくてやりたかったんです!」

 ならと、自慢のチェスを収納鞄から取り出した。

「……クリスタルとは豪華ですね……」

「まーな。オレの自信作だ」

 いろんなので作ったが、やはりこれが一番オレの手にしっくりくるんだよな。

「気に入らねーなら木製のもあるが、変えるか?」

 別にしっくりくるかしっくりこないかだけで、強さにはまったく関係ねー。

「いえ、これでお願いします」

「おし。では、勝負だ!」

 久しぶりの一局に、オレの右手が燃え出した。
思わぬところ……ではないけど、冲方丁さんの名刺 (だけ)と御対面。なに、このオシャレ名刺!? え、そんなにすんの? 一流作家、マジスゲー。

近くにいるとは前々から聞いてたけど、本当にいたんだ……。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ