挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

362/992

362 商売のことは商人に任せる

 さて、やってきました会長さんち。今日も今日とて繁盛してまんな。

「おはようございやす!」

 オレに気が付いたおっちゃんが、仕事の手を止めて挨拶してきた。

 それに気が付いた周りの者も仕事の手を止めて挨拶する。もう、勝手にしてくださいだ。

 昨日と同じく、誰かが会長さんを呼びに走ったのか、直ぐに会長さんが現れた。

「ベー! お前、いったいなにをやらかしたんだ!」

 開口一番の問いに、オレは首を傾げた。どれのことだ?

「あー、ワリー。あり過ぎてどれのことを言ってんだかわからんのだが?」

 タオラの国に内緒で輸出してる浮遊石は、まだバレてねーはずだし、禁制されてるザロの実の栽培もバレてねーはずだ。あ、家畜にしようとした短足竜(まあ、ワニだな)がバレたか?

「……お前は、どれだけ好き勝手に生きてんだよ……」

「後悔しない程度には、かな?」

 お陰様で、後悔のない毎日を送っております。

「やかましいわ!」

 気に入らなかったようで、怒鳴られた。

「ワリー。会長さんの突っ込みに応えられなくて……」

 やっぱ、オレにはボケの才能がないんだな、ちょっとショックだわ。

「違うわ! ボケたことに突っ込んでんじゃねーよ!」

 お、ボケだったことには気が付いてんだ、会長さんやる~。

「……ったく、お前はビクともしねーよな……」

 あん? なんのことだ?

「ベー。父はこれでも叩き上げの商人。並の冒険者より死線を潜り抜けてきた強者(つわもの)よ。その怒声には大の男でも肝を冷やすわ」

 と、どこからか現れたザニーノが説明してくれた。

「あー、そー言うことね。なにかと思ったわ。あ、うんうん、怖い怖い?」

「なんで疑問になってんだよ。ったく、怒ってるこっちが、バカみてーだよ……」

「えーと、ドンマイ?」

「だからなんで疑問になってんだよ! あと、ドンマイがなんなのか知らねーが、ムカつくから止めろ!」

 やれやれ。困ったじーさまだ。

「……くっ、落ち着け、わし! これがベーだろうが、わかっていたではないか……」

 なにやら己との戦いを始めた会長さん。ガンバレ。

「で、なんなんだい?」

 ザニーノさん、説明ぷりーず。

「わたしも良くわからないの。でも、昨日、城に呼ばれてからこうなのよ」

「ふ~ん。大変だな、国と関係を持つ商人ってのも」

 オレには一生どころか、三回くらい転生してもやりたくねーな、そんな人生なんてよ。

「お前も充分、国に関わってるからな。一国の大魔導師に知られる村人ってなんだよ。いったいなにしたんだ?」

「なにって、たんに文句を言ったまでだが?」

 と言ったら項垂れてしまう会長さん。どうしただぁ?

「……大魔導師様に、文句とか、頭痛てーよ……」

「オレは言いてーことは誰であろうと言う主義だ」

 まあ、言いたくねーなら言わない主義でもあるがな。

「それより、食糧のほうはどうなった?」

 もちろん、ザニーノさんに聞いてます。

「揃ってはいるわ。今日も持って行くの?」

「ああ。今日が約束の日なんでな」

 さすが会長さん。仕事が早くて助かるわ。マジ、感謝。

「それと、会長さんよ。時間が取れるなら、オレと一緒にきてくんねーかな? 可能であれば、二泊できるくらいよ」

 そんなオレの問いに、商人としての会長さんが復活。マジな顔を見せた。

「わかった。一緒に行くよ」

 大商人ともなれば毎日忙しいだろうに、それを即決すると言うことは薄々わかっていて、用意をしてたのだろう。ほんと、商人はコエーわ。

「同行者がいても大丈夫か?」

「構わんよ。商売のことは商人に任せる。必要と思う人数を連れてけばイイさ。歓迎するよ」

 まると、さくっと、お渡しするんだ、そのくらいせんとバチが当たるわ。

「ザニーノ。呼んできてくれ」

 と、会長さんの指示でザニーノが消え、しばらくして厳ついおっさんと、前にうちにきたあんちゃん(ごめんなさい。名前忘れました)、そして、荷物を抱えたザニーノが戻ってきた。

「どうせ、お前に自己紹介しても忘れるから、顔だけ覚えてろ」

 了解であります。

「ほんじゃ、行くか。あ、倉庫に行ったあとによるとこあるんだが、歩きでも大丈夫か?」

「構わんよ。そんな軟弱にできてないからな」

 他のヤツにも目で問うと、大丈夫とばかりに頷いた。 

「んじゃ、行きますか」
明日は帰宅日。また、残業してからの帰宅になると思うので投稿はお休みします。多分……。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ