挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

36/988

36 我が家にようこそ

「……あれは……」

 もうちょっとで家に着くと言うところで、商人のあんちゃんが訝しげな声を上げた。

「子供?」

 会長さんも訝しげな声を上げる。

 考えるな、感じろセンサーの有効範囲は最高で百メートル。慣れた魔力なら判別可能だが、人(魔力)が多かったり、阻害物(魔力を帯びたもの)があるとわからなくなるものだが、ないよりはあった方が便利と言った感じのセンサーだ。

 魔力が感じる方向に目を向けると、トータがピョンピョン跳ねながらこちらに向かってくるところだった。

「ああ、あれはうちの弟だよ」

「弟?」

 なぜに疑問系かは知らないが、そうだと答えた。

「……あ、あれは、いったい、なんなのだ……?」

「風の魔術だよ」

 そう簡素に、真実を教えてやる。

「魔術? いや、まだ、五、六才に見えるが……」

「ああ、見た通り五才だよ」

「五才で魔術?! あ、いや、目の前で起きてるのだから真実なんだろうが、素直には信じられん……」

 まあ、そーだろうよ。

 村の子も十二才くらいから簡単な火の魔法を覚えるし、魔術なんてもんは学問と同じ。学校で覚えるものってのがこの時代の常識だしな。

「……ま、魔術は誰が教えたのだ?」

「オレだよ」

 そう素直に答えるが、反応が返ってこない。どったの?

「……ベ、ベーは、誰から?」

「自己流だな」

 また反応が返ってこない。

 敷地内に入る頃、トータと合流する。

「ご苦労さん。怪我はないか?」

 リファエルの背に軽やかに着地したトータに尋ねる。

「ない。超元気」

 兄の口調を真似る弟に苦笑する。

 スーパー幼児とは言え、五才は五才。まだまだ甘えたい年頃だし、真似たい時期でもある。まったく、可愛い弟である。

「話は後で聞くよ。サプルに客がきたことを伝えてくれ」

「うん」

 猿顔負けの身軽さでリファエルから飛び下り、またピョンピョンと家へと跳ねて行った。

「……な、なんと言うか、変わった魔術だな……」

「まぁ、こんなド田舎じゃあ魔術を教えてくれるヤツなんていねーしな、どうしても自己流になっちまうんだよ」

「いや、自己流でどうにかなる魔術じゃないぞ、アレは?!」

「オレは創意工夫の人。あればできる。やればできる。失敗を恐れるなだ」

「メチャクチャだな、お前は……」

 オレは凡人の中の凡人。理屈なんて後から考えたら良い。こじつけたら良い。あったからできた。やればできた。成功したんだから良いじゃない、だ。

 なんてやっている内に家畜小屋の前に到着し、御者席から下りる。

「あんちゃん、お客さんだって?」

 家の中からサプルとオカンが出てきた。

「ああ。天下の大商人様だが、行商人のあんちゃんみたいにすれば良い。あと、夕食の準備はもう始めたか?」

「うん。今日はギョーザにしようと思って」
「お、ギョーザか。そりゃ楽しみだ。なら、麦粥にするか。保存庫から一番古いのを出してくれ。オカンは部屋の用意を頼むよ。トータは風呂の用意だ」

 行商人のあんちゃんを泊めるので皆も慣れている。直ぐに仕事に取り掛かった。

「会長さんたち。悪いが用意が整うまでそこら辺でも見ててくれるか」

「ああ、構わんとも。なにやら興味深いものばかりだしな、ゆっくり頼むよ」

 まあ、そのために招待したんだ、心行くまで見てくれ。

「なんにせよ、我が家にようこそ」



+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ