挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

357/988

357 やっぱりうちが一番

 さて。安らぎを得たんだかどうだかはわからんが、一段落したのでマン〇ムタイム。

 あーコーヒーウメー!

「あ、あんちゃん帰ってたんだ。お帰りー」

 もうそんな時間なのか広場で働いているサプルが帰ってきた。

「おう。サプルもお帰り。今日も客は入ったか?」

「うん。でも、出発した隊商もちらほら出てきたから昨日ほどじゃないけどね」

 まあ、隊商もそれほどいる訳じゃねーしな、だいたい五日か六日で捌けるものだ。

「そっか。ご苦労さんな」

 労いの言葉を掛けると、花を咲かせたように笑顔を見せるマイエンジェル。お前がオレの癒しだよ……。

「うん。あ、タケルにいちゃんとアリザ、帰ってたんだ」

 兵どもが夢のあと。なんて松尾ちゃんの呟きが聞こえてきそうな二人の膨れる腹を見ながら苦笑した。

 ちなみにカーチェはオレのお気に入りの場所で酒を飲みながら読書中。メルヘンズは邪魔だから港に行かせたよ。

「さて、夕食の準備するね。おかあちゃん、今日は野菜の煮物にするね。モッコロがいっぱい手に入ったんだ」

 モッコロとは里芋のようなカムラで良く食べられるものだ。あれを潰して小麦粉と混ぜて焼いて野菜スープに入れて食うと旨いんだよな。

「あんちゃんの好きなイモモチも作るね」

 なんて兄の心を汲み取ってくれる妹にマジ号泣。あんちゃん、お前のためなら全世界を敵に出来るよ。いや、しないけどね。

 サプルとオカンが料理をする後ろ姿を見ながらの一杯。マジ心が癒されるわ~。

「あ、あんちゃん。隣のあんちゃんが明日はどうするんだって言ってたよ」

「あー、明日は朝から王都に行って、昼くらいには帰ってくるよ。何事もなければ、だがな」

「ふふ。ベーが行くところ、何事もないほうが異常です」

 カーチェの茶々に、なんも反論できねーので沈黙を守った。

「そう言うカーチェたちは、明日はなんかあんのか?」

「訓練でしょうね。ターナたちが大きくなりましたし、アマリアたちも飛──バルキリアアクティーに乗れるようになりましたからね」

 まあ、そうなるわな。

「そうか。なら、しゃーねーな」

 オレも訓練してろって言ったからな。あれ? 言ったよね?

「なにかあるのですか?」

「あ、いや、バリアルの街から料理人見習いと商人見習いを連れてこねーと思ってな」

 隊商相手の商売が終わったら行こうかと思ったんだが、オカンとザンバリーのおっちゃんとの結婚式やサリネを迎える準備もしなくちゃならねー。行ってる暇がねーんだよ。

 まあ、いついつに行くとは言ってねーし、一月二月遅れたところで気にする時代(交通の便)でもねー。暇なときに行けばイイんだが、タケルもあんちゃんも忙しくなりそうだから早目に連れてきてーんだよな。

「なら、バルキリアアクティーで迎えに行きましょうか? 大きくして。何度か往復すれば直ぐですよ。アマリアたちも喜びますしね」

 それでもイイんだが、メルヘンズに任せると言うのも不安が残る。つーか、不安しかねーわ!

「却下だ。なにされるかわかったもんじゃねー」

 万が一、飛竜とかに会ったら街の上でもドッグファイトしそうだ。それも被害とか気にせずによ。

「そうですね。あの子たち、滅茶苦茶ですから」

 なにがとは聞きません。そっちの物語はそっちでやってくれだ。

「しょうがねーな。フェリエに頼むか」

 バンたちにはまだ旅は無理だし、その実力もねー。他の冒険者に頼むとしても受けてくれるかはわかんねーしな。

「フェリエとは?」

「あれ? 隣んちのフェリエと会ったことなかったっけ? 金髪の」

 カーチェたち、結構来てるんだから会ってる……よね? 

「あ、ああ。そう言えば何度か見ましたね。ベーが濃いからなんとも思いませんでしたよ」

 ド直球で来ましたね、カーチェさん。素で言ってるところがハートブレイクだよ。まだ悪意があるほうが心穏やかだわ。

「……ま、まあ、馬たちの調教も兼ねてフェリエに頼むよ」

 出生に秘密があろうと、今は村人。働かなければ食っては行けない。フェリエにとっては冒険者が金を稼ぐ方法なのだ。

「──あんちゃん、できたよ」

 なんてことしている間に夕食の準備が整った。

 早いな、とは言わないように。下ごしらえは朝にできてるし、分身の術が使えるサプルなら三分で四品は作れるんだよ。

「んじゃ、食うか。って、そう言やぁ、トータがいねーな?」

 今更ですがなにか?

「トータなら冒険に行ったよ。どこかは知らないけど」

 と、オカン。まるで心配している様子はなかった。

 まあ、そう言うオレも心配はしてねーがな。

 全員が揃った(いつの間にかタケルとモコモコガールも復活してました)ところで、いただきます。

 うん。やっぱりうちが一番だ。
明日は4時起き。お休みなさい。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ