挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

356/992

356 安らぎが欲しい

「今更だが、潜水艦に飛行──バル……バルキリアアクティー? って、必要なんか?」

「本当に今更ですね」

 そう言うところを見ると、カーチェも不要とは思ってんだ。

「まあ、不要だとは思うのですが、なにやら船長とアマリアたちの精神と言いましょうか、好みと言いましょうか、わたしには良くわからないものが合致したようで、こうなりました」

 はしょった説明だが、言わんとしているところはわかる。いや、メルヘンの趣味主張はわからんけどさ。

「まあ、タケルが許してんならオレは構わんけどな」

 タケルがメルヘンズを家族と見てるならメルヘンズはうちの子だ。好きなことを好きなだけやれだ。

「アムネ! いつまで乗ってるねよ! 代わりなさいよ!」

「そうよ。代わりなさいよ!」

 ロボットになったバルキリアアクティーを操る三つ編みさんに、順番待ちのメルヘンズがブーブー文句を言ってる。

「まだちょっとしか乗ってないじゃないのよ!」

 スピーカー越しの三つ編みさんの声が響き渡る。

 ……オレもロボットは普通に好きだし、ロボットアニメは見た方だが、なんでだろうな。目の前でロボットが動いてんのに、まったくこれっぽっちもときめかねーよ。つーか、引くわ、この光景はよ……。

「まあ、願いも叶ったようなんで、あと──」

「──ベー! バルキリアアクティーもっと欲しいー!」

「欲しいー!!

「なんとかしてよ、ベー!」

 顔にまとわりつくメルヘンズ。逃げ遅れたか……。

 ……ほんと、うっとうしいわ、このメルヘンどもは……。

「なんとかならないのですか、ベー?」

「カーチェまでなに言ってんだよ。オレは出来ることしか出来ねー村人だぞ。なんでも出来ると思うな」

「いや、ベー自身はできなくても出来る方法を思い付くのがベーですからね。本当に出来ないのですか?」

 その問いに出来ねーと言えねーのが腹立たしい。自分の無駄にイイ閃きが憎いわ……。

「ふふ。それでこそベー。頼りになります」

 無駄に付き合いが長いから隠し事も出来ねーな、まったく。

「あるにはあるが、あまり勧めたくはねー」

 家族を売るようで心が痛いわ。

「難しいのですか?」

「いや、方法は至って簡単だ。簡単なだけにオレの良心が痛てーんだよ」

 汚物を釣るのにエサなど不要。ただ、タケルとカーチェがいればイイ。まったく、想像しただけで吐血しそうだわ……。

「ベー! 方法があるなら教えてよー!」

「教えて教えて」

 だから顔にたかるな、羽根虫どもが!

「ベー。あるのなら教えてください。ベーの責任にはしませんし、我々が望むのですからベーが心を痛める必要はありません。と言うか、毎日顔にはりつかれるならなんでもします」

 ……カーチェさん、あなたも結構酷いこと心の中で思ってますよね……。

「はぁ~。わかったよ。教えてやるよ。だが、なぜかは聞くな。お前らのためではなくオレのために。それが守られるのなら教えてやるよ」

 これはオレの平穏のため。それ以外にないものだ。

「わかりました。守ると誓います」

「わたしたちもー!」

 メルヘンどもは微塵も期待してねーが、カーチェが守ると言うのなら信じるまでだ。

「わかった。教えてやるよ」

 天を仰ぎ、心に溜まったモヤモヤをため息とともに吐き出した。

「港でエリナ──喪服がきたら壁際でタケルと向かい合い、なんか適当に話せ。もし、その喪服がお前たちを見てたら脈はある。そしたら喪服のところに行ってタケルにバルキリアアクティーをもらえないか言わせろ。カーチェはちゃんとタケルが言えるか心配してろ。あと、バルキリアアクティーを空の防衛に使いたいと、オレも言っていたと言っとけ。それで大丈夫なはずだ」

 なんのことかさっぱりな顔をするカーチェだが、なぜとは聞いてこなかった。

 世の中、知らない方が良かったってことはある。それがせめても救いと信じよう。

 はぁ~。安らぎが欲しいよ、まったく……。
毎日残業カーニバル。帰宅日なのに八時まで残業。家に着く頃は日付が変わっているだろう。
また日曜日から主張。残業カーニバル。投稿できたらします。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ