挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

333/988

333 ナニイッテルカワカリマセーン

 乾杯した後、カイナと前世の話題で盛り上がった。

 なんとカイナとは同じ市の生まれで、同じ高校の出身だったのだ。

 まあ、この世界にきたのは高校一年生のときで、後輩にあたるので面識はないが、知っている景色、知っている街の話をできるだけで嬉しくなるものだ。

「しかし、前世じゃオレより年下なのに、今生では年上とか、よーわからん状況だよな」

「そうだよね。しかも、時間軸が狂っていて意味わからんことになってるし」

 まあ、そこは異世界だからってことで流しておくのが吉だな。

 なんて楽しい時間はあっと言う間に過ぎるもの。隊商の連中や女衆が片付けする時間になっていた。

「おっと、もうこんな時間か。カイナの寝床創んねーとな」

 離れはまだねーちゃんたちがいるので新しい家を用意せんとならんのだが、さて、どこに創っぺ?

「あ、それは大丈夫。いつも野宿だからさ」

「そー言う訳にはいかねーさ。歓迎しておいて野宿させるとか接待する側の所業じゃねーよ」

 歓迎したらからには心地好い宿泊を提供するのがオレの主義なんだよ。

「あ、ごめん。そう言う意味じゃないだ。おれの能力があれば宿屋に泊まることもないんだよ」

 あん? どーゆーこった?

「十畳ほどの広ささえあればキャンピングカーを出せるし、水も食料も好きものを好きなだけ出せるからね、場所だけ提供してもらえるだけで良いって訳さ」

 ほ~ん。そりゃまたスゲー能力だな。やっぱ若いヤツの発想は中年脳と全然違うわ。

「なら、うちの庭にしろや。せめて景色だけは提供させてくれ」

「アハハ。ベーの歓迎はスゴいね。さすがに景色までには頭が回らなかったよ」

 そうか? キャンピングカーなんてお洒落な夜営セットがあるなら景色のイイところに泊まりてーじゃねーか。

「んじゃ行くか。あ、その前にちょっと寄り道な」

 と、カイナを連れて自分の店に戻った。

「お洒落な店だね。小さい頃行った観光地を思い出すよ」

 まあ、それをイメージにして造ったからな。

 閉店した我が店に入ると、商品補充をしているレリーナのねーちゃんとフェリエが目に入る。

 ……なんだろう。疎外感がハンパないんだけど……。

「あ、フェリエ。オレ帰るからあと頼むな」

 溢れ出そうな涙を堪え、言葉を紡いだ。

「ええ、わかったわ」

 なんともあっさりした応えが返ってきた。こちらを見ようともしないで……。

 もう泣いてイイかな? と自分に許可を求めたら、不意に肩に手が乗った。

「そんなもんだよ。この年頃の娘はさ」

 なんかスゲー実感が籠った、哀愁ある笑顔に悲しみが霧散した。全国の父上さまに励ましのエールを送りてーよ。

 良くわからん頷きをし合い、そっと店を出て我が家へと向かった。

 男ってなんだろうね? なんて良くわからんことを語り合いながら我が家に到着。景色のイイ場所を見せた。

「良い景色だね」

「ああ。オレの一番大好きな景色さ」

 二人並んでこの景色を分かち合った。

「……え、えーと、突っ込みが必要……?」

 と、プリッつあんが目の前に現れた。なにやら奇妙なものを見る目をしながら。

「おう、プリッつあん。いたんか」

「……ベーって、わたしのこと、見えてるよね……?」

「?」

 ナニイッテルカワカリマセンガナ。

「あ、やっぱり幻じゃなかったんだ。ベーの頭にいるのになぜかそのことに触れないからおれだけに見える妖精さんかと思ったよ」

 え、いたんか!? なんて顔は見せませぬ。でも、マジでいたの? 全然気が付かんかったわ……。

「さて。この場所を使ってくれや」

 こーゆーときはサラっとスルー。そして、雑音は右から左に流しましょう、だ。

「……ベーも大概だよね……」

 ナニイッテルカワカリマセーン。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ