挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

331/992

331 とある男との出会い

 あれ? オレ、仕事がないんだけど。

 気を取り直して広場に戻ってきたのだが、自分の店に入れてもらえず、買い取りの隊商はきてないようでやることもない。なら、女衆の手伝い──はしたくねーから無視するとして……なんだと考えたら仕事がないことに気が付いた。

 さて、どーすっぺ。

 去年もそうだったが、二日三日となると広場も落ち着き、休日のような感じなって人の動きが鈍くなるのだ。

 まあ、そうは言っても店は大繁盛でひっきりなしに入店しているがな。

 しょうがねーと、広場の片隅でゴザを敷いて別の商売をすることにした。

 とは言っても売るものはほとんど店に出してるので、いつも収納しているものだけ。二重販売になっちまうか。

「なににすっかな~」

 収納鞄をがさごそかざ。おっ、バモンがあった。

 バモンの食い方を増やしてもらおうとサプルに渡したはずだが、一箱だけ残っていた。

「う~ん。鞄の中広げ過ぎて訳わからなくなってきたな」

 自由自在に操れるとは言え、入っているものに意識を向けないと自由自在に出せない。なんとかせんとな……って、前もこんなこと思ったな。まあ、後で後でが人間の性。しょうがないよね。

「そろそろ昼だし、バモンでも食うか」

 土魔法で火鉢と金網を創り、炭を出して火を着ける。

 イイ感じに炭に火が回り、金網にバモンを乗っけた。

 バモンが焼けるまで小豆に近いバナ豆から作ったアンコを出し、皿に盛る。ほんと、サプルが妹でオレ幸せ、だな。

「あんころバモン、ウメー~!」

 一つ二つと食っていると、広場に張っていた結界がなんの前触れもなく霧散した。

 まずあり得ないことに食っていたバモンを落としてしまった。

 無敵、とは言わねーが、オレの結界は超強力だ。凶悪とされる火竜ですら動きを封じられる。それなのに、霧散? 意味わからんわ!

 い、いや、落ち着けオレ。この世にあり得ねーことはねー。起こったことを素直に受け止めろ。真実から目を剃らすなだ。

 広場の片隅とは言え、だいたいの範囲は見回すことはできる──のだが、これと言った変化はねー。なんか凶悪な魔物がきたとか、なにかが攻めてきたとか、そんな光景は見て取れない。先程と変わらぬ光景がそこにあった。

 なにがなんだかわからないが、悪意は感じねー。

 ……どこからか人外さんがきたのか……?

 この国、人外さんがゴロゴロしてるし、ご隠居さん級なら不思議じゃねーが、くるなら一言あるだろうし、もっと穏便に……はしてるか。いったいなんなんだよ?

 落ちたバモンを拾い上げ、結界で土を払ってから口に入れた。

 モグモグと食っていると、店(なんのだよとかは聞かないで)に男がやってきた。

 身長は二メートル近く、ガタイもムキムキ。だが、体付きはバランスがよく、鈍重と言う感じはしない。気配も静かで目に優しさがあった。

「……餅?」

 二メートルもの巨体をしゃがませ、火鉢に乗るバモンを凝視した。

 が、オレが凝視しているのは目の前の男、ではなく、男が背負っている“銃”だった。

 銃に余り興味はねーから、種類とか名前とかは知らねーが、男が背負っているやつは前世のとき良く映画に出てきたもの。米の字の国の軍人(特殊部隊とかの人)が持っていたものだ。

 男の身なりは革鎧だが、マガジンポーチとかベストとかは前世のもので、靴なんて化学繊維製の戦闘ブーツだった。

「餅じゃなくバモンって言うんだよ。東の大陸から運ばれてきたものさ。アンコはうちで作ったもんだがな」

「アンコ? 茶色なんだ?」

「そりゃ小豆じゃねーんだ、色が違うのはしゃねーさ。食って見るかい?」

 まあ、座れやと勧めて見た。

「あ、じゃあ、遠慮なく」

 と、戦闘ブーツを脱いでゴザに上がった。

 いろいろ言いたいことはあるが、客となったからにはおもてなしだ。

 あんころバモンにはお茶だろうと、ほうじ茶に近い香草茶を出し、漬け物を幾つか添えた。

「……えーと、日本人、だった人?」

「ああ。元日本人で転生者だな。今はボブラ村のヴィベルファクフィニーとして生きてるよ。あ、名前長いからベーでイイよ」

 もう隠す必要もねーくらいバレバレになってるから素直に認め、自己紹介をした。

「あ、おれ、ひろ──じゃなくて、カイナって言います。帝国辺境郡バリッサナ辺境公領ザリの街からきました。見た目はコレですが、中身は三十一才です。旅人してます」

 しゃべりの口調や態度から若いとは思ってたが、結構な年じゃねーか。まだ十代後半くらいかと思ったよ。

「まあ、なんにせよ。歓迎するよ、旅人さん」

 碗を掲げると、理解した旅人さんが碗を掲げた。

「ありがとうございます」

 碗をぶつけ合い、この出会いに乾杯した。
 
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ