挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

326/992

326 宣誓!

村人転生~最強のスローライフ(旧、ボク勇者五才! オレは村人十才だ……)を投稿して一年が過ぎた。まあ、それ以前から書きたいから書くの精神でやってきましたが、やはり読んでもらえるのは嬉しいこと。読んで下さる方々に感謝です。
 なんて怒ったところでやると決めたのはオレ自身。ならばやるしかねーか。超絶的にやりたくねーがよ……。

「はぁ~。んじゃ、その箱タリフェンに渡してくれな。あと、水や食糧は倉庫に入ってるから適当に持っててくれ。わざわざきてもらった礼だ」

「そりゃ助かる。お前のところの食いもんは、どんな宮廷料理より旨いからな。遠慮なくもらって行くわ」

 あいよと応え、飛空船から下りた。

 港へと続く通路は二つ。一つはうちへと続き、一つは広場に、だったんだが、いつの間にか第三の通路、エリナロードができていた。

 言った通り、ここはエリナの領域としているからエリナがなにを創ろうが構わないのだが、もうちょっと見た目を良くすることが出来なかったのか?

「なんつーか、エリナの本性を具現化したように入りたくねー通路だよな……」

「申し訳ありません。主の力は闇の力なもので」

 エリナの命令できたのか、蠢く闇の前でバンベル(執事バージョンで)が待っていた。

「まあ、リッチなダンジョンマスターだしな。しょうがねーか」

 そこに突っ込んでも意味はねー。あるがままを受け入れろだ。

「では、こちらに」

 覚悟をら決め、バンベルの後に続いて蠢く闇に踏み入った──と思ったら森の中に出た。

「はぁ?」

 な、なにがどうなってんの?

 周りを見渡すと、エリナの馬車があった。

「て、転移した、ってことか?」

 バンベルに疑問をぶつけた。

「いえ。転移と言うよりは空間を繋げた、と申しましょうか、わたしにも良くわかりません」

 その後になにか言葉が出そうな感じだったが、バンベルの苦労を考えてスルーしておいた。

 ……エリナ一党の中で常識人なのがスライムって、なんなんだよいったい……?

「どうぞ」

 この馬車も入りたくねーが、早く終わらせるためには我慢しろだ。

 中へと入ると、なぜか優雅な応接間になっていた。

 二人掛けのゆったりソファーと一人用のゴージャス祖?が三つ。中央には大理石(?)のテーブル。その上にはデリシャスなケーキと紅茶が置かれていた。

 これもなぜだか喪服なドレスに顔を隠すベール付きの帽子を被ったエリナも全身全霊を懸けてスルーします。

「ベーどの、どうでござった?」

「どうって、見てたんだろう?」

「あ、わかっちゃいました⭐」

 ベールの向こうでなんかイラつく顔をしてるのがわかるだけに更にイラつくぜ。

「ま、まあ、真意は伝えたし、補給が済んだら出発するだろ」

「同志に例のものが届くのはいつくらいになりそうでござるか?」

 例のものを極力考えないで飛空船の速度と公爵領までの距離を計算する。

「天候次第にもよるが、早くて三日。遅くても五日で届くだろうよ」

 ファンタジーな乗り物とは言え、人の目と感覚で視界を確保しなければならねー。なんで飛べるのは昼間だけだし、浮遊石や竜と言ったファンタジー要素満点の領域を避けてのコースとなる。地上を行ったら軽く四ヶ月は掛かるんだから世界最速の飛空船と呼んでも過言ではねーよ。

 ……まあ、SFなものは抜きにして、だけどな……。

「そんなに掛かるでござるか……」

「人のこと言えねーが、前世の時間に捕らわれんな。もっとゆっくり生きろ。どうせお前の寿命は長いんだからよ」

 まあ、生きてると言ってイイのかはわからんが、腐っても不死の王。勇者に退治されなきよゃ永遠に存在してんだろうよ。

「……そ、そうでござるな。まだ新しい人生は始まったばかり。ゆっくりまったり、腐の道を歩むでござるよ」

 出来ることならその腐の道は避けて欲しいが、知的生命体が存在する限りは腐の道が途絶えることはない。ならば正しい(?)腐の道を切り開いてもらうだけだ。

「じゃあ、そう言うこ──」

「──ならば、身近にいる同志を誘うでござるよ!」

 そのままイイ話にして逃げ出そうとしたが、そうは問屋が卸さない。あっさりと首根っこをつかまれてしまった。

 チッ。エリナのクセに生意気な……。

「わかったよ。だが、お前、隊商のねーちゃんは小さい男の子好きな変態だぞ。お前の趣味と合うのか?」

 まったくこれっぽっちも興味を持ちたくないが、そーゆーのって、ジャンルがわかれてんじゃねーのか?

「あの御仁は、半ズボンが好きな貴腐人でござる。なら、我の範疇でござるよ!」

 ホント、ナニイッテルカワカリマセンナ。

「あ、うん。そっ」

 宣誓! ボクは正々堂々、力の限り、考えるの放棄しまーす!

「んじゃ、呼んでくるよ」

 オレの中から隊商のねーちゃんはいないものと確定しました。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ