挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

321/988

321 忘れてた

 夕方の四時くらいになると、隊商の連中は夜営の準備に取り掛かる。

「はい、お仕事ご苦労さん。働いてくれてありがとな」

 働いてくれた連中に感謝を言いながら今日の給金を払って行く。

 うちはニコニコ現金払い。労働者に優しい職場なのだ。

「ありがとうございやす」

「おう。色付けておいたからまた頼むな」

 マームルじいさんはまだ残るが、御者や犬耳のおっちゃんらは明日の朝に国に帰るので、一日だけの仕事になるのだ。

「へい。こちらこそお願いいたしやす」

「お願いしやす!」

 たった一日、一万五千円くらいだって言うのにホクホク顔で去って行く犬耳のおっちゃんら。その過酷さに涙が出るぜ……。

「いつも思うんだが、獣人の扱いってワリーのか?」

 街に行けばそれなりに獣人を見るが、だいたいは小数種族で山奥に住んでるので余り接点がねー。だからその暮らしとか待遇とか知らねーんだよな。

「まあ、力の強い獣人とかは冒険者だ、傭兵だと働き口はあるが、学もない弱い獣人は人足や雑仕事ぐらいしかない。言っとくが、うちはまともに扱っているからな」

「そんなの犬耳のおっちゃんらを見てればわかるさ。それでもあの喜びようだ。待遇がイイとは思えなくてな」

 クソったれな時代なのはわかっていたが、更にクソったれなことがあるんだからたまんねーぜ。

「まだこの近隣に住む獣人はマシな方だ。帝国やマリカ神聖国なんて獣人は奴隷以下。胸くそ悪いところだ」

 やっぱそう言うところはあんだな。マジ、人外さんらの働きに感謝だぜ。

 まあ、オレにはどうしようもねー社会問題。いつか現れる英雄か革命を期待して、オレはオレのやるべきことをしねーとな。

「ってな訳で明日からこのねーちゃんが店で働くから使ってくれな」

「わかったわ」

 カウンターで売上を計算していたフェリエが笑顔で応えた。

「え!?」

 なにやら驚くレリーナのねーちゃん。どーした?

「あ、いえ、あ、あれでわかるから……」

「まあ、ベーとは長い付き合いだしね、なんとなく話の流れが見えてくるのよ」

 さすがフェリエさん。話が早くて助かります。

「わたしは、フェリエ。ここの雇われ店員よ。よろしくね」

「わ、わたしは、カルフェリオン・レリーナなと申します。どうかお見知りおきを」

 緊張気味に挨拶するレリーナのねーちゃん。王弟の娘ならお姫さまなのに、まるで上位の者に対するかのような腰の低さだった。

「どこかのご令嬢さまかは知らないけれど、そんなに畏まる必要はないわよ。言ったようにわたしは雇われの身でただの村娘なんだからさ」

「まあ、フェリエの見た目に気後れするかもしれんが、見た目の派手さと違って中身は地味だ。気にすんな」

「わたしは地味じゃなくて質素なの。見た目普通で中身はバカなベーに言われたくないわよ」

 さらっと毒を吐くフェリエさん。まあ、事実そうなので異論はないがな。

「それで、レリーナはいつまで働けるの?」

「そうだな。五日はここにいるから終わるまでは大丈夫だろう」

 開催期間なんて決めてねーが、だいたい三日から四日くらいで隊商は捌ける。まあ、片付けもあるから目一杯は働いてもらえるだろうよ。

「そう。わかったわ。えーと、働くのは今日からにする? それとも明日にする?」

 フェリエの問いにレリーナのねーちゃんを見る。

「レリーナのねーちゃん、どうする? 働くって言うなら給金は出すし、明日からでもオレは構わんぞ」

 どうせ商品の補充と掃除くらい。オレとフェリエでも二時間と掛からんだろうさ。

「できれば今日からお願いします。父の苦労を少しでも軽くしたいので」

 なんとも親孝行な娘だ。おいちゃん、そう言う話に弱いぜよ。

「あいよ。なら、頼むわ。フェリエは売上の計算を頼む。オレが商品の補充を教えるからよ」

「いえ、わたしが教えるわよ。ベーに慣れてないとこのびっくりお店に思考停止しちゃうからね」

 あっち行ってろとばかりにカウンターへと追いやられてしまった。

 ま、まあ、明日から同僚として一緒に働くのだ、今から仲を深めておくのもイイだろう。決してハブられたのが悲しいんじゃないんだからね!

 大人しく売上を計算していると、なにやら外が騒がしい。

「……サプル、ではねーな?」

 あちらも片付けだ、明日の仕込みだと厨房から出ていないはずだし、マームルじいさんのお陰で隊商の連中は身綺麗になっている。三度目の『あたし、おうち帰る!』にはなってねーはずだ。

「騒がしいわね? なにかしら?」

「まあ、マームルじいさんがなんとかすんだろう」

 隊商の実質的纏め役。なんとかしろ──じゃなくてお願いしますですだ。

 バン! と店のドアが勢いよく開かれ、背の高いグラマーなねーちゃんが現れた。

「ベー! 久しぶり!」

 カムラの商人から女獅子と呼ばれ、アニバリから女傑と呼ばれる隊商のねーちゃん。

「おう。いら──」

 しゃいと言う前に詰め寄られ、その凶悪な胸に押し付けられてしまった。

「会いたかったよ、ベー!」

 忘れてた。このねーちゃんが変態(小さい男の子が大好き) であることに……。
また、先を考えずに変なのを出してしまった……。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ