挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

320/992

320 夢と希望の職場

 午後からはマームルじいさんらに塩の販売だ。

 カムラにも海はあり、塩は作っているが、うちの国より海岸線が少なく半分は輸入に頼っている。

 帝国から六割、うちの国から二割、自国で二割だそーだ。

「塩は商会連合が握っとるからな、良い顔はしないさ」

 人足らに倉庫から塩(藁袋)の運び出しを指示し、待ってる間になんで商会連合がちょっかい出してきたのかをマームルじいさんに尋ねたら、そんな答えが返ってきた。

「なるほどね~。そんな兼ね合いがあった訳か」

 どこよりも安く、近い場所から大量に塩が流れてくるとなればそりゃ焦るわな。

「よくそれでオレから塩を買おうと思ったよな、マームルじいさんは」

 完全に商会連合にケンカ売ってるよな、それ。

「まあ、どこの国にも派閥はある。たまたまわしは国王派なだけさ」

「やだやだ。そーゆードロドロしたものには近付きたくないもんだ」

 そう言うのは自分たちの国でどうかしろよ。ド田舎に持ってくんな。

「そう言いながらベーは塩を売ってくれるよな。それはなんでだ?」

 鋭い眼差しに、オレは肩を竦めて見せた。

「別に深い意味はないさ。調子こいて塩作りしてたら倉庫がいっぱい。他のものが入らないから塩が欲しいと言ったマームルじいさんに売っただけさ。まあ、広場に呼び込むために、ってな理由もあるがな」

 人や物が行き来すれば街道は賑わい、人の目が集まる。そうなれば村はなくてはならない重要拠点となり、魔物の駆除や野盗の類いは近付いてこなくなる。

 まあ、イイことばかりじゃなくワリーことも集まってくるが、そこはそれ。有力者のコネと技でなんとかしてくださいである。

「そう言うところが上手いよな、お前さんは。どんな未来図を描いているか一度見て見たいもんだよ、まったく」

「おもしろおかしく陽気な未来さ」

 破滅を願っていなけりゃだいたいの者はそんな未来を望むはず。少なくてもオレはそんな未来がきてくれることを願い、日々努力しているぜ。

「……それをバカにできんから参るよ……」

 別にバカにしたってイイさ。人を妬み嫉み、全てを他人のせいにして、陰気でつまらない暗い未来がイイってヤツもいる。勝手に望めばイイさ。ただし、オレの遠くでやってくれ。近くでやるなら強制退場させるからよ。

 塩の運び出しを眺めていると、アニバリとその娘がやってきた。

 えーと、このねーちゃん、アニじゃなくてアリでもなくて……なんだっけ? 

「レリーナだ、このアホたれが。なんでお前は人の名前を覚えられんのだ!」

「覚えられねーんじゃねー。忘れるだけだ」

「一緒だわ、このアホがっ!!」

 なんてマームルじいさんの突っ込みはスルーして、アニバリらに意識を向けた。

「ワリーな。マームルじいさん、ちょっと突っ込みたい年頃だから優しく見守ってくれや」

 視界の隅でいかにもじいさんと現役じいさんに抑え付けられてるマームルじいさんが映っていたが、勇猛果敢に絶頂スルー(意味不明)。そんなの知らねーと意識からも排除した。

「そんで、オレになんか用なのかい?」

 なにやら身綺麗になり、なにやら雰囲気がフローラル──じゃなくてロイヤル。この姿なら王弟だと言われても納得だな。

 ねーちゃん──レリーナも上等な旅装束になり、ロイヤルな感じを放っていた。

「……あ、あぁ。今、よいか?」

「構わんよ。世間話してただけだからな」

 立ち話もなんだからと、テーブルと椅子を土魔法で創り出した。あ、午前中に出したやつ、消すの忘れてたわ。あとで消しておかねーと通行の邪魔になるな。

 ってなことを考えながら白茶を配った。ついでにマームルじいさんたちにもな。

「……世の中にはこんなに旨いものがあるのだな……」

 どうやらアニバリの舌には白茶が合うようで、味のわかる顔(ん~マン〇ムな顔だな)をしていた。

「そうかい。なら帰りに土産としてくれてやるから持ってきな」

 マームルじいさんに売るとは言ったが、量はまだ言ってねー。二箱 くらいくれてやるよ。

「良いのか? 高級なものなんだろう?」

「構わんよ。東の大陸の商人と知り合えたから頼めば幾らでも運んできてくれるしな」

 そのうちこちらからもお邪魔させてもらうし、別に今保存する必要もねーさ。

「……な、なら、ありがたく頂いておこう……」

「おう。もらっとけ」

 報酬として毛長牛を頂けるのだ、白茶の一箱や二箱、まったく惜しくねーわ。

「それでだ。ただ待つのもなんなので、我らに仕事をもらえないだろうか。恥ずかしながらこの旅の旅費を捻出するのがやっとで、ここの滞在費と帰りの金がないのだ」

 そりゃまた思い切ったことする王弟さまだな。つーか、王弟としてそれってイイのか? いくら小国の王族とは言え、不味いんじゃね?

「駄目、だろうか?」

「あ、いや、仕事をくれって言うんなら幾らでもやるが、王弟さまが働くとかイイのか? 部下とかに示しがつかねーだろう?」

 いや、よー知らんけどさ。

「国を救うためなら泥払いでもなんでもする。下らぬ矜持など、今はいらぬ!」

 なにやらスッゴい覚悟を見せてきた。

「ま、まあ、アニバリがそれでイイのなら構わんが、何人希望だ?」

「できることなら全員。十七名だ」

「わかった。十七名、雇うよ。人足として五人。水飲み場の清掃やや馬糞の処理と言った広場の維持管理に十人。アニバリには売上の計算と振り分けを頼む。レリーナのねーちゃんは店の店員を頼む。やり方はフェリエっつー熟練者がいるからそいつから学んでもらう。人足と維持管理の者には一日銅貨十五枚と食札一枚。アニバリには銀貨一枚と食札一枚。レリーナのねーちゃんには銅貨二十枚と食札一枚。真面目に働き抜いたら褒美として銅貨五枚足すぜ」

「並の労働者賃金の倍とか、ほんと、あり得ないわ」

「それがあり得るのがボブラ広場。夢と希望の職場だぜ。で、やるかい?」

「喜んでやらせてもらおう」

 おう。しっかり働いてくださいな。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ