挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

32/992

32 馬と荷車

メール作成でなんとか投稿することができた……。
メールとか難易度高いよ。やるまでに一時間は使ったよ。思い付きじゃなくて適当だったよ……。
 馬と馬車。

 それはド田舎では欠かせない足であり、生活の糧でもある。

 それを売れなど、お前の脚を売ってくれと言っているようなもの。はぁ? になって当然ではないか。

「あんちゃん、マジで言ってんのか?」

「はい。真面目に言っております。もちろん、それに応じた金額をお支払いたします」

 つーか、本当に商人なのか、このあんちゃん? バカなのか?

「……応じた、ね。なら、金貨百枚だな」

「なっ!?」

 まあ、そりゃ当然の反応だわな。オレでもそうなるわ。

「───ふざけるなっ! 金貨百枚など吹っ掛けるにもほどがあるだろうがっ!」

 意外と沸点の低いあんちゃんだこと。そこは、気のきいたジョークで返せよ。

「じゃあ、聞くが、あんちゃんは幾ら払うつもりだったんだ?」

「馬と馬車で銀貨二百枚もあれば事足りるだろうが!」

 銀貨二百枚。まあ、前世で言うなら普通自動車が買える金額だ。そう考えたら常識内の値段と言えよう。ここがド田舎じゃなければ、な。

「だったら他から買えば良いだろうが。他ならもっと安く買えるだろうに。なんでオレなんだよ?」

「お前の馬と馬車がこの村で一番力があって丈夫と聞いたからだ!」

 オイオイ、あんちゃんよ。そんな簡単に引っ掛かんなよ。自分で内情バラすとか、商人失格だよ。

 でもまあ、なんとなく考えは読めた。

「なあ、村長。オレがもしこのあんちゃんに馬と馬車を売ったら税は免除してくれんのか?」

 そう聞くと、はぁ? となる村長どの。まったくもって話が見えてねーようだな。

「あ、いや、なぜ免除しなくちゃならんのだ?」

 まあ、ド田舎の村長にわかれと言う方がワリーか。

「だって、オレんちには馬も馬車もないんだぜ、薪なんて運べねーよ。他に頼むとしても自分の仕事をほっぽりだ出して頼むとなりゃあ、幾ばくかの金を払わなくちゃならんし、今の倍を薪を運ばなくちゃならん。街ならともかく馬なんてそうそう売ってねーし、馬車って、注文受注のこの村でいったい何日掛かんだよ。背負って薪を運べって? 一日掛かっても運べねーよ!」

 いや、運べるけど、このあんちゃんに言ってやる義理はねー。

「なあ、あんちゃん。あんたはオレにそれを要求してんだよ。銀貨二百枚でその苦労を買えってな。ふざけてんのはオレか? あんちゃんか? 田舎もんだからって足元見てたら身を滅ぼすぞ」

 まあ、このあんちゃんの上司はわかっててやらせてんだろうが、やられるこっちはおもしろくねーよ。胸くそわりー。

「それとな、あんちゃん。あんちゃんとこの護衛がどれほど強いか知らねーが、船の技師がいるバルダリンの港街まで行くには厳しいぞ。これから春になるからオークやオーガが活発になる季節だ。まあ、ここら辺は比較的安全だが、バルダリンまで行くには山がいくつもある。隊商でも二割は失う道だ、単独の馬車などエサを与えに行くようなもんだ」

 こんなことオレに言われなくてもわかっていることだろうし、そのための海運なんだろうが、わざわざ失うために大事な馬と馬車を売ってられっかよ。

「あんちゃん。あんたの上司に伝えな。そっちが誠意に対応するならこちらも誠意に対応するってな」

 オレが尊敬する商人は〇ルネコだ。損を得に変えられる商人ならこっちは更に損してやんよ。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ