挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

31/992

31 はぁ? だよ、ほんと……

もうこの量で文字が画面から見えなくなってしまう。
質問コーナーで聞いたらスマホを使用している人は同じだそうです。
運営に問い合わせたらしばらくお待ち下さい的なことでした……。
 小屋(工房)を出ると、村長と若いあんちゃんがいた。

 見た感じ、三十前のやり手の若番頭って感じだ。まあ、オレの勝手な感想だが。

「どうしたい、村長?」

「いや、こちらの方がお前に用があるそうだ」

「オレに?」

 首を傾げながらあんちゃんを見る。

「初めまして。わたしは、ラージエル。バジバドル商会のものです」

 村長にどんな説明をされたから知らねーが、ガキ相手に丁寧なこった。

「そりゃどうも。オレの名前はちょっと言いずらいからベーでも良いよ」

 オトンが付けてくれたキラキラネームは言いずらいから、オカンでもオレをベーと呼んでいる。

 ……オトン、なぜ誰も言えないキラキラネームを付けたんだ……?

「気にせんでくれ。わしもベーの本当の名を何度聞いても覚えられませんからな」

「は、はぁ……」

 オレももうベーで良いんじゃないかってくらい本当の名前を口にしてないしな。

「そんで、オレになんの用で?」

 戸惑うあんちゃんに先を促した。

「そ、そうでした。単刀直入に申します。馬と馬車を譲って頂けませんか?」

「はぁ?」

 なに言っちゃてんの、この人は?




+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ