挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

306/992

306 穏やかな夜

 帰りは迷わず辿り着け、夕食前に帰ることができた。

 だが、台所に立っていたのはオカンで、居間にはトータとモコモコガールしかいなかった。

「……オカン、サプルは?」

「フェリエちゃんとこに行ってるよ」

「フェリエんちに? なんかしたのか?」

 サプルが外泊など……よくしてるか。女子会だかパジャマパーティだかしらんが、娘衆の間で流行っているのだ。ハイ、オレが原因です。

「いつものあれだろう。その度にフェリエちゃんに慰められてるし」

 サプルのキレイ好きを一番理解してるのはフェリエであり、風呂の良さを理解してくれる同士でもある。まあ、兄では慰められんのでお願いしますだな。

「モコモコガールは行かんともイイのか?」

 いつもの席へと座り、トータとオ〇ロで遊んでいるモコモコガールに尋ねる。つーか、モコモコガールが勝ってるところを見ると、結構頭イイんだな。ちょっとびっくり。

「お風呂、キライ。サプル、長いんだもん」

「ふ~ん。まあ、さすがに一時間も入るのはサプルとフェリエぐらいしかいねーしな」

 なんかモコモコガールと会話してる! とかびっくらこいてるが、それを出さないのがスルー力。レベル……なんぼだったっけ? まあ、その事実を受け入れろだ。

「あ、オカン。今日はなんだ?」

「シチュー。あとはパンとお串焼きだよ」

「じゃあ、大丈夫だな」

 いつもの量より少ない上に大食らいがいる。餅──バモンを出しても完食してくれるだろう。

 収納鞄からバモンを出す。と、オ〇ロをしていたモコモコガールがオレに飛び付いてきた。

「なに、それ? どんな食べ物?」

「東の大陸で食べられているバモンってもんさ。あまじょっぱいタレとかアンコと混ぜて食べたり、魚醤ベースの汁に入れて食べるのも旨いな。のわっ!」

 まるでマンガのように口からヨダレを流すモコモコガール。まったく、結界でコーティングしてなかったらビチョビチョだよ。

「バモン。バモン。バモンが食べたい」

「このモコモコさん、食いしん坊さんなんだね」

 オレの頭の住人さんがモコモコガールの頭の上に立って呆れてる。つーか、プリッつあんもモコモコに見えんだからモコモコだよな、これ。モフモフじゃねーよな。

 ってことはどうでもイイか。モコモコガールの揺さぶりに構わず結界網を敷いてバモンを囲炉裏にかざす。

 その間に砂糖醤油 (チャンターさんからもらったんだよ)を作り、以前試しに作った海苔を出してくる。

 その頃にはイイ感じに焼けていて、砂糖醤油の皿に入れて浸し、海苔を巻いてモコモコガールに渡した。

「熱いからゆっくり食えよ」

「あふっあふっあふっ」

 まあ、聞いちゃいねーかと勝手にさせておく。

「あんちゃん、おれも食いたい!」

「あいよ。ほれ」

 できたやつをトータに渡した。

「あんたたち、夕食前にそんなに食べるんじゃないよ」

 そんな心配など無用とばかりにモコモコガールが夕食を食い尽くす。今日もなにも残らず、どころか羊乳のアイスを三杯も食べて力尽きたよーだ。と言うか、羊乳は共食いにはならんのかな? 聞いた話じゃ、羊人族とか言ってたが……?

「この体のどこに入るのかしらね?」

 モコモコガールの膨れた腹に乗り、呆れるプリッつあん。そー言うプリッつあんもバモン三個も食っていた。ほんと、オレも不思議でたまんねーよ。

 コーヒーを飲みながら食後の一服をしていると、ねーちゃんたちがやってきた。

「ベー、お風呂借りるわね」

 冒険者の格好ではなく、村の娘衆が着そうなワンピースに薄手のカーディガンを羽織っていた。

「構わんよ。あ、モコモコガールも一緒に入れてくれ。なんか汚れてっからよ」

 多分、サプルに強制されて毎日風呂に入っているだろうに、なぜか毎日汚れているのだ。日中、なにやってんだか?

「わかったわ。アリザ、入るわよ」

 なにやらオレの知らねーところで交流があったのか、ねーちゃんたちによそよそしいところはない。何度かやってるのか、抵抗するモコモコガールを上手く操りながら出て行った。

 まあ、仲良きことはイイことだと、いつもの暖炉の前へと移動する。

 収納鞄からラーシュからの手紙を取り出して読み始める。

 ラーシュも日記のように書いているので日にちごとに進んで行く。

「……お、どうやらカカオに似たようなものがあったようだな……」

 南の大陸と言っても土地や地形により気候も様々だが、一大帝国なので端と端ではまるっきり違い、亜熱帯だったり乾燥地帯だったりするとか。その広大な国土には未知の領域があったり、小数民族がいたりする。

 そんな大陸なら前世と同じ植物があったり、小数民族の食卓に上がっていんじゃね? とか思ったのでラーシュに時間があったら探して送ってくれと書いたのだ。

 コーヒーもその小数民族のお茶として飲まれており、栽培していたらしいので直ぐに送ってくれたが、カカオは薬として利用されており、余り一般的ではないとか。でも、生えている場所は広域に広がっており、今は加工に四苦八苦しているよーだ。

「南の大陸、か。一度は行ってみてーな」

 村での生活に不満はねーが、たまに旅行に行きてーなと思わなくはない。

 前世で旅行なんて二十代前半の頃にしただけ。あとはアパートと仕事場の行き来くらい。出るなんてスーパーに行くくらいなもの。休みなんて引きこもりだ。テレビで旅行番組を観て行った気分を味わうくらい。

「……旅行でもして見るかな……」

 ザンバリーのおっちゃんが家族になればさらに時間が生まれる。つーか、日頃やってる仕事を持って行かれるな。

 ザンバリーのおっちゃんもA級冒険者として莫大な金を持っているが、なにもせず優雅な暮らしなどできる性格ではねー。オレと同じく動いてねーと死んじゃう病に掛かっているからきっと無駄に働くだろう。

 こんなド田舎で全力で働いてもやることは限られいる。そんなだからオレも薬師や樵、人魚相手に商売したりと時間を潰しているのだ。

 まあ、だからと言って冒険者になろうとは思わねー。その日暮らしの荒んだ毎日など辛いだけだ。自由に暮らしたいのなら村人に限る。そのための人脈作りなんだからな。

「……今年は旅行にでも洒落込むとするか……」

 一段落したら東の大陸にも行かなくちゃなんねーんだ、いろんなところの旧所名跡を回るのもイイかもな。

「ベー、上がったよ」

 長いこと思考の海に沈んでいたようで、ねーちゃんらが風呂から上がっていた。

「あいよ。トータ、風呂入るぞ」

「うん」

 二人で風呂へと向った。

 まあ、旅行のことは一段落してから。まずは隊商相手の商売に集中せんとな。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ