挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

302/992

302 前言撤回

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。
 石炭。

 前世なら火力発電の燃料となり、見つかれば重要な産業ともなるだろう。だが、この世界(時代)にゃ火力発電なんてある訳ねーからそれほど重要視されてはいない。

 しかし、だ。このファンタジーな世界の石炭はちょっと、かどうかは知らんが、石炭に魔力が含まれており、それを燃やして鉄を錬成するとあら不思議。鉄に魔力が移り、魔力伝導が良くなるのだ。

 まあ、その辺は鍛治屋の腕といろいろな技術を必要とするが、鉄を主産業としているこの国には重要なものだ。

 他にも燃料だったり暖房用だったりと、派手ではないがいろいろなところで使われてたりもする。

 しかも、この国で石炭は採れないので輸入となるのだが、今の段階で石炭が採れる国は帝国領。それもこの国から離れた場所で採れるよーだ。

 その辺の事情は詳しくはないが、バリアルの街で石炭が一樽で銀貨十七枚で売ってたよ。

「随分と勉強してきたんだな」

「それしかないのでな」

 できる王弟どの。国の現状が透けて見えるな。危ない方向によ。

「しかし、ただの村人に厄介なもの出してくんな。石炭なんて国同士の商売じゃねーかよ」

 それほどでなくても鉄を精製するときには火を使う。薪なんて──あ、だからか。こんな無法に近い時代になぜ薪に走らなかったのか謎だったが、人外のお陰か。納得だわ。

「ただの村人かどうかはともかく、カムラの隊商の間では小賢者ベーの名は有名だ。知り合いの商人、ザーネルの言葉を借りるなら『誠意を持って相手すれば魔王を味方にするより心強い』だ、そうだ」

 ザーネル? ザーネル。ザー……あ、あの美人さんか。うん。あれは見事なお──どこからか殺気が! オホン。まあ、迫力のある年齢不詳の美人さんで、カムラ王国で一、二を争う商会の娘とかなんとか言ってたよーな。あの美しいフォルムしか鮮明に覚えてねーです。

「あのねーちゃんな。だったら一緒にこれば良かったじゃねーか?」

 隊商の代表として毎年くる。なにもずらしてくることねーじゃんか。一緒にきた方が話が通りやすいだろうによ。

「すまない。一刻も早くきたかったのだ……」

 なにかを堪えるように頭を下げた。心中察します、だな。

「まあ、代金はそれでイイ。ただ、石炭となるとさすがにオレの手には余るもんだ。それ専門に託さしてもらうが構わんか?」

 困ったときの会長さん。出番ですよ~! だねっ。

 まあ、実際問題頼めるのは会長さんしかいねーしな、サクっとマルっとお任せしますだ。

「構わない。それどころか紹介してもらえるなら更に助かる」

「……なるほど。あのねーちゃんの考えだな」

 アニバリの表情が崩れたことで確信する。このシナリオを書いたのはあの女狐だとな……。

 ったく。きたら二割高にしてやっからな。

 こちらは結界術で六台の荷車で済むが、石炭は少なくても二十台は越えるだろう。しかも貿易ともなれば荷車は膨大なものになり、それを仲介する者は莫大な利益を生むことだろうよ。さすが過ぎて鼻血も出ねーよ。

「……本当に見透かすのだな……」

「そのくらい見抜けなくちゃ海千山千の商人なんて相手できねーよ。ケツの毛までむしられっちまうよ」

 ましてやカムラの商売人はえげつないくらい商売上手。それで国が存続してるって話だからな(旅の行商人談)。

「さすがあの女傑が一目置くだけはある。見習わんとな」

 どっちとを、とは聞かん。どちらも見本にしたらダメなヤツだからな。

「食料は五日待て。量が量だけに直ぐには用意できねーよ」

 さすがに直ぐに用意しろとは言えねーよ。会長さんの血管ぶち切れるわ。まあ、お任せするオレのセリフじゃねーがな。

「あ、そうだ。誰か一人、王都に人を出せ。住む場所は用意してやっからよ」

 窓口は必要だし、契約不履行されてもたまらんからな、人質だ。

「わかった。レリーナ」

 と、やや離れた場所に立っていた、薄汚れたねーちゃん(十六、七、だと思う)がこちらにきた。

「わたしの娘を出す。もしものときは好きにしてくれ」

 ……また、あのねーちゃん差し金だな……。

 オレを引き込むためにあれやこれやとやってきたが、今回は色仕掛けできやがったよ。ったく。五割増しにしてやんぞ、ゴラァ!

「……ま、まあ、そちらがそれでイイのならこちらに否はねーよ……」

 まあ、それも会長さんお願いねっ⭐ だ。オレには関係ねーさ。多分。きっと。そう願います……。

「じゃあ、五日の間は好きにしてな」

 と立ち上がったところで重要なことを思い出した。

「あー、前言撤回。あんたらには重要なことをしてもらう」

 マジな顔でアニバリらを見る。

「テメーら、風呂に入りやがれ!」

 まずこいつらを洗浄しねーとサプルにこの一帯業火で焼き尽くされっちまうわ!


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ