挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

300/988

300 事情を話しな

 収納鞄から商品を出していると、なにやら外が騒がしい。

「なんだろうね?」

「なんだろうな」

 オレの頭の住人さんが尋ねてくるが、構わず品出しを続ける。なんか問題があんならくんだろうさ。

 外にはサプルがいる。あのスーパー幼女に危害を加えるヤツなんて人外クラスの者じゃなけりゃ不可能だし、万が一の結界も施してある。それに、力できたら力で返せとも言ってある。まあ、なんにしろ商売にはトラブルがつきもの。経験だ。

「ベー! ちょっときておくれよ!」

 と、おばちゃんらが雪崩込んできた。

「どーしたん?」

 出しながら応える。

「隊商の冒険者が品を買わせろって騒いでんだよ!」

「サプルはどうした?」

「あ、あー、いつものあれが出て、一人を殴って村の方に走って行っちまったよ」

 その説明でだいたいの事情が理解できた。

 スーパー幼女の弱点、汚物がなによりキライってことだ。まあ、潔癖ってほどじゃねーが、今の時代かからしたらキレイ好きってレベルを突破して、ちょっと心配されるくらいだろう。多分。

「ったく、しゃーねーな」

 毎年のこととは言え、忙しいときにこられっと頭にくんぜ!

 外に出ると、なるほど、サプルが逃げ出すのもしょーがねーと思えるくらい悪臭を撒き散らす冒険者がいた。

 いったい何日風呂に入らなければそうなるんだってくらい汚れ、さすがのオレも鼻をつまみたくなるくらいの臭いだった。

 こーゆーときのための結界とばかりに臭いを遮断した。

 おばちゃんらも棒で悪臭を近付けないようにして鼻をつまんでいる。

「……で、なんだって言うんだい?」

「なんだ、テメーは?」

「この広場を管理してるもんだ。広場にこれと言った法はねーが、迷惑掛けんなら力づくで黙らすぞ」

 ポケットから金色夜叉を出して悪臭に突き突けた。

「ギャハハハハ! ガキがなにしようって言うんだよ? しかも、そんな棒キレで」

 まあ、悪臭の身長は二メートル近く、ガタイもゴリラのようにガッチリしている。その半分にも満たねーオレの脅しなどギャグにしか見えねーだろうよ。

「だったらテメーの腰に差してる小枝はなんなんだ? 道に落ちてる馬糞でも突っつくのか?」

 あまりイイおちょくり方が思い浮かばなかったが、この時代のアホは沸点が低い。こんなもんだろえと思ったら、なにやら直球ど真ん中。それは見事な激怒を見せた。

 ……沸点が低すぎてどこに触れたかよーわからんな……。

「このクソガキがっ!」

 悪臭が冒険者かどうかは知らんが、剣を抜いて襲ってきたからには正当防衛が発生する。

 不思議なことにこの時代は正当防衛が確立されており、襲われたら返り討ちにしても罪にはならねーときている。まあ、証人がいての正当防衛であり、町や村の外では弱肉強食が優先されるがな。

 振り下ろされる剣を纏った結界で流し、悪臭の脇腹向けて金色夜叉を振った。もちろん、手加減してな。

 ゴギって音がしたが骨は……折れてますね。まあ、ドンマイだ。

 崩れ落ちる悪臭。動く生ゴミが動かぬ生ゴミになってしまった。

「まったく、規模が大きくなるのはイイが、こーゆーアホも増えてくるんだから参るぜ」

 触りたくはねーが、このまましておくのもプチ災害だ。しょうがねーと悪臭に結界を纏わせる。

「さて。どこに捨てっかな?」

 このまま川に捨てるのも畑に被害が出そうだし、山だと死肉食いになられたら更に被害が出そうだ。う~ん、どーすっぺ?

「あ、あの、いいだろうか?」

 悩んでいると、北欧系のガタイのよい紳士が声を掛けてきた。

「なんだい?」

「すまない。その男は、わたしが雇った男なのだ」

「じゃあ、そっちで処分してくれ。あと、騒ぎを起こすなとは言わねーが、起こすなら追い出される覚悟で騒げよ。ここにくる隊商は通商連合組んでっから目つけられたら二度と商売できなくなんぞ」

 ここで買うものを一人占めしないように、抜け駆けしないように、抜け駆けした者に罰を与えるためにと、大手の隊商が通商連合を組んで仕切っているのだ。

 まあ、規模と効力がどれほどのもんかは知らねーが、まあ、逆らわない方が無難だな。カムラ王国を通ってくる小さな隊商なら特に、よ。

「すまない。二度とこんなことはさせない。どうか許して欲しい」

 深々と頭を下げて謝罪してきた。

 北欧の人間がどんな民族性かは知らんが、こんなガキに頭を下げる度量に免じて流してやるか。

「わかった。なかったことにしてやるよ」

 もう行けと手を払うが、ガタイのイイ紳士は動こうとしなかった。

「恥を偲んでお願いする。どうか商品を売ってくれぬだろうか?」

 なにやら事情があるらしいが、こちらも隊商のルールに合わせて商売している身。特別待遇はできねー。

 だが、オレの勘が言っている。出会い運が囁いている。

 こいつを逃がすなと……。

「まあ、事情によっては売ってやらんでもないが、まずは説明しな」

 外に出したテーブルを一つ並べ、椅子を出して座らせた。
事情を聞きたいのはこっちデス。なにがあったの?
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ