挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

30/988

30 海産物商

なにやらレイアウトが変わって入力が不便になった。
入力してると、八百文字あたりから画面が上に飛んでしまい、文字が見えなくなる。
どうなってんだろう?中途半端がさらに中途半端に終えてしまった……。

「そんじゃ、様子を聞いてくる」

「ああ、商人相手に軽々しく約束すんなよ。わかんねーときは長老衆と相談すると言って逃げてこいよ」

「ああ、そうするよ」

 商船へと行く村長にアドバイスを送り、オレは商船がいるのは反対の砂浜と岩場の境に向かった。

 そこにはオレが所有する小屋(作業場)がある。

 税は村一括で払うので、土地や建物には税は掛からず、村長の許可とその部落が許してくれればどこになにを建てようが構わないのだ。

 まあ、小屋と言っても半分以上は石でできており、小屋と言うよりは工房と言った方が正しいかもしれないな。

 そんな工房では岩場で獲れた貝類を焼いて、粉になるまで磨り潰して肥料を作ったり、または塩を作ったり、去年からは魚醤を試みている。

 漁は体力勝負の仕事なので子供や老人は出られず、水揚げしてからの仕事しかできないのだが、魚の捌きや干し方は女衆の仕事。大漁時ぐらいしか仕事に混ざれない。まあ、集落に手伝いにも行くこともあるが、毎日ではない。子供なら遊ぶことができるが老人は海を見てぼ~っとしてるしかない(それはちょっと言いすぎだがな)。

 そんな労働力を腐らすのはもったいないと、八才のときに小屋(工房)を造り、海産物商(もぐり)を立ち上げたのだ。

 うちの村沿いには街道があり、村外れには峠を越える前や越えてきたための休憩地があるので、よく隊商が泊まるのだ。そこで海の幸や山の幸、護衛の冒険者や傭兵に革靴や投げナイフ、革バックなどを売っているのだ。

 まあ、本格的にやっている訳ではなく、ガキどもや老人が暇なときにきて勝手にやってくれ程度にやっているものだ。

 今日は、と言うか、だいたいは 八才のリブと十二才のダリ、六十過ぎのジジババが、四人いる。

「ご苦労さん。調子はどうだい?」

 中に入り、挨拶する。

「おう、順調だよ」

 アマリアば─ちゃんが代表して挨拶を返してくれた。

「今日はなにができてる?」

「今日は肥料ができてるよ」

「もう溜まったのかい?」

 前は二十日前くらい掛かったのに、今回は十五日でできてしまったとは。慣れてきたねかな?

「ああ、良い場所があったんでね、大漁に獲れたんだよ」

「それは良かった。でもまあ、無理はすんなよな」

 なんて世間話していると、村長がやってきた。

「すまん、ベー。ちょっと良いか?」

 やれやれ。もうかよ。


 
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ