挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

3/992

3 農家(一応な)は早い

「あんちゃん、朝だよ」

 妹の声で微睡みの世界から覚醒する。

 いつもより早く起きて天井を見てたらいつの間にか昔(前世)を思い出していたようだ。

 この世界に生まれて早十年。生きることが楽しくて昔(前世)を思い出すこともなかったが、生活が慣れてきたからなのか、それとも前世に未練でもあるのか、前世の記憶が未だに色あせないでいた。

 まあ、どっちにしろ今更戻れる訳じゃあるまいし、今日も現世を生きるとするか。

 黒狼の毛皮の毛布から出て大きく伸びをする。

「あんちゃんが寝坊するなんて珍しいね。具合悪いの?」

 もう陽が上がったようで窓から朝日が漏れていた。

「いや、いつもより早く目覚めてな、ぼーとしてたら二度寝しちまったよーだ。具合は悪くねーから心配すんな」

 二つしたの妹、サプルを安心させるためにニカっと笑って見せた。

 オカンに似て美人ではないが、良くできた妹であり、良く働く妹である。このまま育てばイイ嫁さんになることだろう。まあ、良すぎて夫は大変だろうがな。

「オカンは?」

「もう畑に出たよ」

 農家(一応な)の朝は早い。陽が昇ると同時に目覚め、畑や家畜の世話や朝食の準備と忙しい───のは他所様の家のこと。うちは自分ちで食う分の畑と家畜しかいないし、うち主生産物は果樹。山から持ってきたラムノと言う柿っぽいものを干しものを出荷して利益を得ている。

 今は春先なのでそれほど仕事はない。と言うか、肥料を与えたり剪定するくらい。自然のままに実らしているに過ぎない。

 なのに早起きして働くのは、由緒正しき農家の娘だったので早起きが習慣であり、世間体のためだ。

 我が家は村の外れにあるとは言え、近くには街道があり、集落から丸見えの山の中腹にあるのでなにもしてないとなにを言われるかわかったもんじゃない。妬みで村八分にされたらたまらんからな。

「トータは?」

「とっくに起きて山に行っちゃったよ」

 トータとは一番下の弟で五才。ヤンチャですばしっこくて、冒険者に憧れる我が家の肉捕獲担当だ。

「もう行ったのか?」

 五才とは言え、動けるなら働くのがこの世界、いや、この時代の常識だ。三才で畑の草むしりなんて良くある光景だし、奴隷ともなれば朝から晩まで川から水を汲んでくるとことも珍しくないそうだ。

「あんちゃんが新しいナイフなんて渡すからだよ。トータ、ナイフ抱いて寝てるんだから」

 裏山掘ってたら銀ぽいものが出てきたから、試しにナイフを作ってみたら思いの外上手くできたのでトータに渡したのだ。なんか魔力の伝わりが良かったのでな。

「まあ、五才とは言えトータも男だしな、そーゆーもんさ」

 オレも昔(前世)は親に買ってもらった変身ベルトをして寝たもんだ。

「さてと。今日も元気に働くとするか」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ