挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

293/990

293 立派な弟たち

「──あ。あんちゃん!」

 外へ出ると、デンコの下の弟……あれ? なんて言ったっけ、こいつ? カ……ブ、はバイクか野菜だな。えーと、あー、いっか。そのうち思い出すだろう。

 とにかく、ちゃんばらしていた弟たちがオレに気が付き、こちらへと駆け寄ってきた。

「あんちゃん、お帰り!」

「トータのあんちゃんお帰りだよ!」

 二人の無邪気な笑顔にこちらも笑顔になる。

 妹には妹の可愛さがあり弟には弟の可愛さがある。前世じゃ一番下だったからわからなかったが、兄ってのはイイもんだぜ。まあ、威厳とか立場とかいろいろ守るものも多いがな……。

「おう、ただいま。なんかあったか?」

「ううん。いつもと同じだった。なあ、ガブ?」

「ああ、毎日剣の稽古してただよ!」

 惜しい! カブじゃなくガブだったよ。なんて心の動揺は顔には出しません。できる兄貴な顔で二人の頭を撫でてやった。

「そうか。そりゃ立派だったな」

「立派? なんもしてないけど?」

 不思議そうに首を傾げるトータとガブ。

「オレやサプルがいねー中、いつものように過ごし、オカンや家を守ったんだ、これを立派と言わずなにを立派と言う。この世で一番スゲーヤツはいつもの日常を守れるヤツだ。そんないつもの日常を守った二人の兄貴として誇らしいよ」

 オレは褒めて育てるタイプ。そして、着実に兄の威厳を築いて行くタイプなのである。

 まあ、二人には良くわかってないだろうが、褒められていると言うのはわかっている。ならそれで十分。今は情緒や愛情を知る時間なんだからよ。

「ほら、お土産だ。稽古のあとにでも食え」

 収納鞄から王都で買った果物を渡した。

 トータにも収納鞄や服のポケットに収納結界を施してあるので、露店一つ分の果物でも平気で渡せるのだ。

「ありがとう、あんちゃん!」

「ありがとうだよ!」

 こう喜んでくれると買ってきた甲斐があるってもんだぜ。

「そー言や、オカンは?」

 見える範囲にはいねーようだが?

「おかーちゃんなら隣に行ってる。行商人のあんちゃんの嫁さんに料理を教えてんだ」

 料理のことならサプルの出番、となるところだが、料理を知らねーヤツにサプルの域は神の領域だ。初心者は心をおっちまうよ。まずは村人レベルから。それがベストだろーよ。

「そっか。サプルは帰ってきたか?」

 エリナのお陰で燃料は湯水のようにあり、オレの結界で燃料タンクは十倍に膨れ上がっている。

 通常飛行距離がいくらだかは知らんが、まあ、大陸間横断も不可能じゃねーだろし、サプルの能力なら造作もねーだろう。が、ファンタジーの世界は魔境ならぬ魔空領域なるものがある。

 空飛ぶ島なんて珍しくもねーし、浮遊石群なんてものまである。なんでサプルには行ったところ(安全空域)しか飛ぶなと厳命してある。

 なんで、王都から帰ってくるのはサプルたちの方が早いのだ。

「ねーちゃんなら帰って直ぐにトアラねーちゃんのところに行った。広場に出す店の用意があるとかで」

 今回は、サプルを中心に山部落の娘衆で食堂を出すとか言ってたっけな。その仕込みかな?

「そっか。なら、昼は勝手に食っとけな。オレは近所を回ってくるからよ」

 意外、と言うか、同然、と言うか、スーパー幼児なトータくんは、サプルに次ぐ料理上手。まだ料理のレパートリーは少ないが、鍋料理なら余裕で店を出せるくらいのレベルだったりするのだ。

「わかった。ガブ。なに食べる?」

「肉! 肉がいいだや!」

 こうして見ると、デンコって結構周りを気にしながらオレの側にいたんだな~と、今更ながらしてデンコを見てなかったことに気が付いた。

 ……まったく、オレってヤツはまだまだダメな男だぜ……。

 なんて気にしても今更だな。今日の失敗を明日に活かせ、だ。

「じゃあ、鳥鍋にするか」

「おお、そりゃイイだなや!」

 家の台所はサプルの聖域なので、トータは自分の台所──陽当たり山のどこかにある秘密基地へと駆けて行った。

「さて。まずはドワーフのおっちゃんのところに行くか」

 大事な息子を預かった者の責任は果たさねーとな
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ