挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

289/988

289 男の生きる道

「お前とは二度と釣りなんかするか!」

 不幸にもトラウマ患者が一名出てしまったが、大多数のものは楽しかったと言って帰って行ったので、まあ、結果オーライってやつだろう。

 倉庫に帰ると、まだ四時過ぎなのにガキんちょどもが帰っていた。

「お、今日は早いんだな」

 朝は早く終わるとは言ってなかったから親父さんの判断かな?

「明日、兄貴が帰るからってブラーニーさんが早く帰れって言っただよ」

「そっか。ならゆっくり休んで明日に備えろ」

 この時代に日曜日なんてねーし、休日なんて言葉知ってるかもあやしいところだろう。まあ、世間は世間。うちはうち。休みがあっての仕事だ。休みを楽しみ人生を謳歌しろだ。

「おい、ベー!」

 ロフトに上がろうとしたらダリエラに呼び止められた。なんだい?

「お前、明日帰るんだろう! なにかないのかよ!」

「なにかってなんだよ?」

 話がまったく見えねーんだか。

「あ、いや、別れの言葉とか挨拶とかあんだろうが」

「あー、そう言うことね。別にこれと言ったことはねーよ。あとのことは親父さんに任せてるし、こいつらはダリエラに任せてある。もうオレの手を離れている。それに、王都には定期的にくるしな、別れもねーだろう」

「けど、こいつらを助けたのはあんたなんだし、なにかあるだろう」

「別に助けた意識はねーし、オレはオレの都合でこいつらを集めたまでだ。もし、感謝をしたいと言うならデンコに言え。デンコが動かなければオレは動かなかった。それだけだ」

 オレは身内至上主義者。人に感謝されるようなヤツじゃない。

「とは言え、確かになんも言わねーのは無責任だな。なら一言。イイ人生を送れ。以上」

 言ってロフトへと上がった。

 ロフトはオレの寛ぎ空間兼寝室なので階段で靴を脱ぎ、クッションへと倒れ込む。

 ……今日は疲れた……。

 仕事量としては大して動いてねーんだが、遊んだ量としてはほどほどあった。

 ……そう言やぁ、誰かと遊ぶなんて今世に生まれて初めてだな……。

 ふふっとクッションに顔を埋めながら笑った。

 疲れはしたが、心地好い疲れに浸っていると、誰かが階段を上がってくる音がした。

「……あ、兄貴……」

「どーした?」

 オレの空間とは言え、義弟を拒む理由はねーし、体裁を整える気もねーんで、そのまま応えた。

 だが、動く気配がないのでしょうがねーと起き上がった。

「突っ立ってねーで上がってこい。他人じゃねーんだからよ」

 なにか難しい顔して唇を噛むと、頷き一つして上がってきた。

 上がったはイイが、唇を噛んだまま俯いている。

 まあ、しゃべり出すまで待つのができる兄貴ってもんだが、生憎、オレは兄弟には甘い兄貴である。苦しんでいる義弟をほっとけねーんだよ。

「オレはお前の決めたことなら全力で応援してやる。だから、お前のことはお前が決めるんだ。オレの言葉に頼るんじゃない」

 デンコに近付き、ごわごわした頭をわしゃわしゃとかき乱してやった。

「……あ、兄貴。おら、ここに残りてーだ」

 デンコの一世一代の決断に笑顔で肯定してやる。

「なら、遠慮なくそうしろ。とーちゃんやかーちゃんにはオレから言っといてやるからよ」

「……とーちゃんとかーちゃん、怒らねーだかな?」

「さーな。だが、ドワーフの男は親のもとから旅立つときが一人前だ。いずれくるのが、今日きただけだ。なら、お前はもう一人前だ。親のことなんて気にすんな。お前は自分のことと、好きな女のことを大事にしろ」

 くそ生意気に顔を真っ赤にさせる七才児。早熟なヤツだ。

「まあ、親のことはオレに任せろ。ワリーようにはしねーからよ」

 オレのより良い暮らしのために頑張ってもらわねーとならんのだからな、仕事環境や生活環境は万全にして働いてもらうぜ。

「兄貴、ありがとうだよ!」

「気にすんな。ならお前の門出にこの場所をお前にやるよ。好きに使え」

 便宜上、デンコは親父さんの下に入っているが、オレの都合が優先される立場であり、オレの代理でもある。なんで、デンコがこの中で上位者であることを示すために特別待遇は当然。オレが背後にいるぞとの意思表示でもある。

 まあ、デンコなら調子に乗ってバカなことはしないだろうが、ダリエラには言っておくか。イイ男になるように鍛えてくれ、とな。

「あ、ありがとうだよ、兄貴!」

「気にすんな。ほれ、皆の面倒を見てこい」

 デンコの背を叩いて下へと向かわせた。

 夕食まではオレ時間。今日の余韻を楽しませてくれ。

 下から聞こえるガキんちょどもの笑い声を肴に、コーヒーを頂いた。
 
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ