挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

286/992

286 めでたしめでたしと行かないのが人生だ

 ベーは幸せに暮らしましたとさ。めでたしめでたし。

 ………………。

 …………。

 ……。

 はい、ウソです。すみません。ちょっと言いたい気分だったので言わさしてもらいました。二度としないので石投げないでください。

 今、オレの防御力は紙装甲。ちょっとの暴言(突っ込み)で死にます。ご注意くださいませ。

「ほ~ら、刺身もあるよ」

 炙りがなくなったので刺身を出して食べさせてやる。

「旨いか? たーんとお食べ」

 は~。癒されるわ~。

 なにやら後ろが騒がしいが、もう少し静かにしてくんないかな。今のオレには美味しそうに食べるモコモコガールに癒されると言う大事なセラピーを受けてるんだからよ!

「ふふ。モコモコガールはイイ食いっぷりだな」

「──あんちゃん。あんまりアリザに食べさせないでね。そうじゃなくても羊でいる時間が多いんだから」

 なんか意味わからないこと言われたが、妹が女になっていることはわかった。

 ……前略、転生したかもしれない父上さま。妹がすくすく育って女になってます。日々の成長に嬉しくもあり悲しくもあります。父上さま。あなたと酒を酌み交わしたい気持ちでいっぱいです……!

「──ベー! いい加減戻ってこんか!」

 と、頭に激痛が走った。

 あまりの痛さに目から火花が散り、視界がグルグル回った。

 ……な、なに、これ? なんだこれ? なんだって言うんだよ……!?

 痛みのはわかる。だが、オレの体は五トンのものを持っても平気な体で痛みを感じたことはねー。なのに、なにかに頭をぶつけた以上にいてーよ!

「アーガル。もう少し加減するさね」

「と言うより、アーガルが殴って生きてるとかありえませんね」

「そうだな。あれ、オーガなら挽き肉になってるぞ」

「丈夫な村人だな」

 なんか聞き捨てちゃいけないことが耳に入るが、今はこの痛みをなんとかするので精一杯。ほんと、なんとかしてくれー!

 悶えに悶えること数分。やっと痛みが引いてくれた。

「本当に丈夫だな、ベーって」

「まったくだ。わたしの出番がなかったよ」

 なんとか痛みは引いてくれたが、人外どもにぶつかって行く元気はねー。せめて睨みでもしねーと兄としての矜持が廃るわ!

 ……もう廃ってるとかは言わないで。オレ、泣いちゃうよ……。

「……で、なんだよ、あんぽんたん人外どもが」

「いや、お前も大概人外だからな。本気ではないとは言え、アーガルに殴られて生きてるとか、ここ四十年、お前だけだからな」

「あー確か、岩石王でしたね」

「ああ、アーガルのアホ度が最高に達したときのアレか」

「聞いたときはアーガルのアホさに笑ったものだ」

「ほんと、アーガルはアホさね」

「う、うっせーよ! アホアホ言うな! オレは白拳王なんだ、拳で倒してなにが悪いんだよ!」

 怒鳴るアーガルの肩……は届かねーんで腰を叩いてやる。

「ドンマイ!」

 優しい笑顔で慰めてやった。決して仕返ししてる訳じゃございませんぜ、ダンナ。

「ドンマイがなんだかわかんねーが、その小憎らしい笑顔は止めろ! スゲー腹立つわ!」

 また殴り掛かって来たが、もう結界は纏ってある。例え隕石が直撃しても揺るがねー結界だぜ。

 ゴチン! と痛そうな──と言うか悶絶してしまった。ざまぁ!

「うわ~、えげつな」

「魔王か、お前は」

「これだからベーとは争いたくないさね」

「確かに。なにをしたかまったくわからんかったぞ」

 気分がちょっとだけ晴れたので残りの人外どもに体を向けた。

「で、なんだい?」

「切り替え早いぞ、こいつ」

 オレの百……あれ、なんぼだっけ? 四、八、どっちだっけ? ま、まあ、いっぱいある特技の一つである!

「なんかムカつくな、そのどや顔」

「ま、まあ、いいさね。話が進まんさね。サプルから聞いたのだが、バリエの唐揚げやバリエのステーキがあると聞いたが、本当なのか?」

「あと、鍋やバーベキューと言った調理法があるとか」

「パンケーキに蜂蜜を掛けるとか、なんなのだ?」

「オーク肉の角煮とはなんなのだ?」

 なにやら血に餓えた野獣のような目付きになる人外さんたち。更なる食いしん坊キャラの出現か!?

「な、なんかよくわからんが、食いたいなら食うか? 材料も王都で仕入れたしよ。あ、サプル。ここからアブリク島は近いのか?」

「ランブで直ぐだよ」

 なんか当たり前に言われたが、ランブってなんだよ。ジェット機ならどこでも直ぐだよ。

 スーパー幼女ながらちょっと賢さが足りないマイシスター。落ち着いたら勉強しようね。

「ご隠居さん、アブリク島の位置わかるか?」

「ああ。わかるさね。あちらの方角に八バル位のところさね」

 八バルか。やっぱ単位があるとわかりやすいな。

「なら、そこで昼にするか。サプル。ワリーが料理を頼む」

「わかった。ならバーベキューにするね」

「ああ。あとは適当に頼むわ」

 指示するより任せた方が旨いものが出るからな。

「アリザ──は、イイや。あんちゃんたちときてね」

 モコモコガールの生態を熟知したようで深追いはせず、放置の方向で行ったよーだ。

 バビュン! とばかりに蒼い空に消えるマイシスター。

「あー、んじゃ、ご隠居さん、頼むわ」

 釣りはまた今度。一人で行くとするか。あと、ジーゴ。いろいろスンマセン。

 白目剥いてるジーゴくんに合唱(鎮魂歌)──じゃなくて合掌です。 
 
明日は長野県へ。気力があったら投稿します。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ