挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

280/992

280 安全第一

「おう。待たせたかい?」

 動かなくなったジーゴを引っ張りながらこちらに気付いたご隠居さんに声を掛けた。

「全然さね」

 人外さんの視線が全てオレに向けられるが、不思議と普通に受け止めれた。まあ、ジーゴの硬直から言って凄まじいまでのプレッシャーなのだろうが、世の中股間がキュッとなることは多くある。それに比べたらなにほどでもねーわ。

「そうかい。それはなにより。このメンツで待たせちゃ申し訳ねーからな」

 さすがに前世の年齢を含めても目の前の人外さんの方が年上。生意気なクソガキでも年長者には敬意をはらうんだぜ。

「ふふ。さすがベーだな。怯みもしないか」

「まあ、ご隠居さんが一番威圧があったからな。もう慣れたよ」

 この中でご隠居さんが地味で影が薄いが、オレの考えるな、感じろがご隠居さんを一番恐ろしいと言っていた。

 初めてご隠居さんを見たとき、バケモノと魂が理解した。勝てないと理屈抜きに悟った。

 ここにいる人外さんもさぞかし強いだろうし、存在感がハンパないが、ご隠居さんと比べたら天と地ほどの差がある。ジーゴのセリフじゃないが、実は魔王なんだと言われても素直に信じれるだろうな。

「さすがガエラが見込んだガキだな。胆が太い」

 獅子の獣人がオレの頭をもぐ勢いでグリグリしてきた。普通の人なら普通に死ぬよ、それ……。

「ほ~。アーガルの力にも耐えるか。なにかを極めてる感じはしないんだがな。本当にただの村人なのか、ラスニト?」

 ナイスミドルさんが感心したようにご隠居さんを見た。

「正真正銘、と言うのもおかしが、ベーは村人さね」

 さすがご隠居さん。よくわかっていらっしゃる。

「まあ、ただの村人ではない、と付くがね」

 否定はしないが、あんたらに比べたら遥かに普通だよ。

「その辺はそれぞれの主観に任せるよ。ご隠居さんから聞いてるとは思うが、オレはベー。まあ、ヴィベルファクフィニーって長いんでベーでイイよ」

 なにはともあれ自己紹介はしておかんとな。

「なら、おれからだ。おれはアーガルだ」

 と、獅子の獣人さん。

「わたしは、ナッシュだ」

 と、ナイスミドルさん。

「わしは、ガーだ」

 と、ピンク髪の王族さん。

「マイノです」

 と、吸血鬼さん。

「余はバックスだ」

 と、竜人族さん。

 なんともあっさりした自己紹介だが、オレにも人外さんにもそれで十分であり、ここでは過去も肩書きも無用だ。お互いが誰かさえわかればイイんだからな。

「あ、ベー。多分、いろいろわしの呼び名は変わるが、まあ、気にせんでくれ。ベーはベーの言いたいように呼んでくれさね」

「あいよ」

 オレの中ではご隠居さんで固定されている。もう他の名で呼んでくれと言われてもマジ却下です。

「あ、これ、プリッつあん。よろしくな」

 結界で隠していたプリッつあんを出して人外さんに紹介した。

 人外さんらにメルヘンは普通なのか、これと言った反応はない。プリッつあんはビビりまくりのようですが。まあ、害はないので放置します。

 と言うか、なぜかオレの頭の上が気に入ったメルヘンさん。起きたらもう頭の上にしがみついてるんです。なぜに?

「そんで、船は?」

 人外さんらの後ろは海だが、船どころか流木すら浮いてないが?

「あ、もうちょい待つさね」

 と言うので待つことしばし。沖から何かくるのが見えた。

「……え? UFO……?」

 まさに皿のような未確認飛行物体がこちらに向かってきた。

「……アレは?」

「空飛ぶ皿さね」

 なんだろう。それは突っ込めってことか? だが、見たまんま皿が飛んでるし……ボケだったら高度過ぎてオレには突っ込めねーよ。

 時速百キロは出ていた空飛ぶ皿がスピードを緩め、ゆっくりと漁港に接岸した。

 まあ、オレの空飛ぶ結界も説明しろと言われても説明に困るもの。なんでオレも説明は求めない。船釣り(?)できれば問題ナッシングだ。

「見た目はアレだが、安定はしてるから心配いらんさね」

 もとより人外さんのすることに心配も不安もねー。まさに大府ねに乗るような気持ちで空飛ぶ皿に乗り込んだ。

「陶器、って訳じゃねーな」

 見た目は陶器っぽいが、蹴った感じが木っぽかった。

「ああ。エニシと言う木で作ったもんさね」

 エニシがなんなのかまったくわからんが、記憶には入れておこう。今はあるべき姿を受け入れるので精一杯だわ。

「揺れんとは思うが、なんかあると困るんで中央に集まってしゃがんでくれさね」

 まあ、なにが起こるのがわからないのがファンタジーの海。安全第一で行きましょう。

「じゃあ、行くさね」

 さて。どんな釣りになることやら。
いつも以上に先が見えない。どないしょ?
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ