挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

28/988

28 ツンデレば異端は和らぐもの

だんだん迷走してきた感じがする。
今更ですがねっ。
「サリバリ、港に行くが、どうする?」

 まだシバダたちとおしゃべりするサリバリに声を掛けた。

 アホ子ちゃんではあるが、こんなド田舎では美少女の分類に入る。

 オレの琴線にはまったく触れないが、同年代からは結構人気があり、大人たちからも愛されていた。

 まあ、バカな子ほど可愛いと同じ理屈なんだろうよ。まぁ、そう思うと愛らしいと感じなくもないがな。

「ここにいる~」

「んじゃ、シバダ。サリバリのお守り頼むな~」

「子供扱いするなっ!」

 練習用の石礫が飛んでくるが、鍛え抜かれたオレには止まっていると同じこと。パシっと受け止め、三十メートル先にある的を撃ち抜いてやった。

「兄貴、すげぇぇぇぇっ!!」

「ふっ。そんなに驚くなよ。こんなもん超余裕だぜ」

 ……ヤベー! ついやっちまったが、外してたら面目丸潰れだったぜ……。

 明日からサボっていた投擲術の練習を再開することを心に決めながら御者席に上がった。

「おーい、ベー!」

 いざ発進と鞭を振り上げたとき、誰かがオレを呼んだ。

 声がした方へと目を向けると、つる禿げの村長がこちらへと向かってきた。

 我が村の村長様は、まだまだ働き盛りの六十二才。この村から出たことはないが、オババの一番弟子だけあって頭の回転は悪くはねーし、話のわかる人だ。

 まあ、人としては良いんだが、悪意や騙しには強くはないのが悩ましいところだな。

「どうしたい、村長?」

「お前、港に行くんだろう。すまんが乗せてってくれんか?」

「ああ、構わんよ」

 ド田舎故に無駄に広いため、集落から海部落まで一キロはあり、途中小高い山がある。ド田舎感覚では遠くはないねぇが、歩くとなれば結構時間が掛かるし疲れもする。ましてや雑貨屋おばちゃんに責め立てられたらじっとはしてられんだろうよ。

 荷台に乗るのを確認して馬車を発車させた。

「なあ、ベーよ。サマバの言ってたことは本当か?」

 サマバは雑貨屋のおばちゃんの名な。

「おばちゃんがなに言ったか知らんが、オレにはなんの事情も入ってこねぇんだ、もしもの話しかできねーよ」

「そ、そうじゃったな。すまん」

「世間話の一つだ、謝ることねーよ」

 ガキ相手でも自分が間違ってたらちゃんと謝る。ほんと、こーゆーところがあるから無下にできないんだよな。

「で、商船ってのはでかいのかい?」

「ああ。こんなところに住んでりゃあ商船の一隻や二隻、珍しくもないが、あんなでかい船は初めてじゃよ。まるで島じゃな」

 オレも商船は何回か見たことはあるが、精々でかくて二十メートル。村長が驚くんだから少なくても五十メートルはありそうだな。

「何人乗ってたんだ? 護衛らしきヤツはいたか?」

「剣を持った奴は十人くらいはいたな。船員ははっきりとはわからんが、四十人以上はおったかな?」

「となれば結構でかい商人のようだな。名前とか聞いたか?」

「確か、バーボンド……バ、なんだかのぉ……?」

「バジバドル、じゃなかったか?」

「お、おう! そんな名じゃったよ。有名なんか?」

「このアーベリアンじゃあ、一番の商人だな。財力で言えば侯爵にも負けてないとか。国王ですらバーボンドの人脈と財力の前に逆らえない、っう話があるそーだ」

 まあ、行商人のあんちゃんからの受け売りだがな。

「……そ、そんな、偉い人じゃったのか……」

 バーボンドなら、暴力に走ることはないだろうが、厄介の度合いは三段階くらい跳ね上がったぜ……。

「そんな偉い人じゃあ、無下にもできんな。どうしたら良いもんかのぉ?」

 十才のガキに聞くなよ、と言ったところで意味はない。

 この村でオレは神童扱い。オババにも勝る小賢者と認定されている。

 まあ、大人でも知らんことを知っていて、四才で文字や計算を使いこなし、五才で薬師となるばかりか魔術まで独学で使えるようになった。

 普通なら異端扱いを受けそうだが、転生したと自覚したときから対策はしてある。

 まず知識の押し付けはしない。教えてくれと言う者だけに教え、近所付き合いは欠かさず、村の誰ともコミュニケーションをしてきた。弱い者を助け、子供を大切にする。傲慢にならず尊大にならない。生意気ではあるが、悪口は言わない。他にもいろいろあるが、まあ、ちょっとしたツンデレになれば異端が変人くらいには落ち着くものだ。

「まあ、取り合えず行ってからだな」

 この村に選択肢はそうはないが、有益なカードはこちらが握っている。バカなことをしなければ損はしないさ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ