挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

268/992

268 金色夜叉

「いや、それにしてもまさか腕を買われるとは思わなかったよ」

 オレも買えるとは思わなかった。いや、本気で欲しいとは思ったが、こんなにも簡単に承諾されるとは思わなかったぜ。

「ふふ。こちらはイイ買い物させてもらったよ」

「そう言ってもらえると買われた甲斐があるってものだよ」

 金にものを言わせてとか、余り気にしないようで、自分の腕を認めてくれたことの方が嬉しいようで、満面の笑みを見せていた。

「それで、わたしは直ぐにお持ち帰りかい?」

 なんか言い方がイヤらしいが、まあ、気持ち的にはお持ち帰りしたいけど、迎える準備ができてない。それにだ。

「そうしたいのは山々だが、店の処分とかやらなくてイイのか?」

 自分のものにしろ借家にしろ、処分するのに何日かは掛かるだろうし、隣近所や知り合いへと挨拶とかいろいろあるだろうよ。


「あー、そうだね。忘れてたよ。それに、まだ注文が残ってたっけ」

「まあ、それを済ませてから構わんよ。工房とか家とか作らんとならんし、最低でも一月は掛かるな」

 いや、七日もあれば余裕だが、帰ったら隊商相手の商売が待っているし、オカンとザンバリーのおっちゃんの結婚やら新居造りとかやることいっぱい。あ、エリナの方もやらなくちゃなんねーか。一月でも怪しいが、サリネにはいろいろ作って欲しいからオレ、ガンバレだ。

「工房や家を一月かい。ベーは飛び抜けてるな」

「もしかしたら伸びるかもしれんが、工房だけは真っ先に創るよ。ワリーがそうなったらそこで寝起きしてくれ。仮眠できるところは造るからよ」

 あくまでも万が一であって完成が目標だ。

「アハハ。そう急がなくても構わないよ。わたしはどこでも眠れるし、工房で寝るなんていつものことさ。家なんて簡単で良いよ」

 わかるわ~、その気持ち。オレも工房で寝泊まりとかしてーが、家族を守る一家の長。そうもできないのだ。だが、ザンバリーのおっちゃんがきたら家長の座は慎んでお譲りします。オレは趣味に生きるだ!

「なら、工房に力を入れるよ。とは言ってもサリネの好みや拘りがあるだろうから注文を聞いて、まずは創って見るよ。あとは使って見て、だな」

「まあ、その辺もゆっくりで構わんさ。仕事に割かれる時間も減るだろし、その時間を工房改造に使えるからね。あ、どうせなら一から作りたいなも? でも、材料が足らないか?」

「ハハ。夢が膨らんでなによりだな。あ、そう言やぁ、材料って王都で手にはいんのかい?」

 まあ、木の家があるんだろうから材木屋があっても不思議じゃねーが、どこにあるのかは耳にしたことねーな?

「街の外れに材木の競り市があってね、そこで手に入れるのさ。結構いろいろ入ってくるから重宝してるよ」

 へー。そんなところがあったんだ。王都、想像以上に広さにびっくりだよ。

「そうか。なら引っ越す前に買い占めてた方がイイかもな。なあ、サリネ。こんくらいの木箱ねーかな?」

 縦横五十センチくらいの箱を手で示した。

「ああ。あるよ。ちょっと待っててくれ」

 奥に下がり、しばらくして長方形の木箱を持ってきた。それ、荷物入れにイイかも。今度大量に作ってもらおう。

「これ、魔術的にいじっても大丈夫か?」

「ベーは魔術も使えるのか。そう言えばあのこん棒も服から出していたな。まったく、呆れるくらいの多趣味だな。まあ、好きにして構わないよ」

 と言うので収納結界を施した。

「この箱に収納魔術を施した。容量的にはこの店と同じくらいある。あと金な。これでしばらくの材木を買い占めてくれ。で、これには引っ越しの荷物。こっちは店にあるものを。あ、これと同じのがあるなら何個か収納魔術を施すが?」

 金や収納鞄をサリネに渡しながら尋ねた。

「なら、そうしてもらおうかな。いろいろと荷物が多くてね」

「あいよ」

 持ってきた木箱八箱に収納結界を施し、番号を付けた。

「助かるよ。ありがとう」

「どう致しまして。一月でなんとかするからそれまで好きなように過ごしててくれや。もし、金が足りなくなったらバーボンド・バジバドルに都合してもらってくれ。ベーに誘われてボブラ村に行くと言えば出してくれるからよ」

 まあ、会長さんならそれでわかってくれんだろう。ボケてなけりゃあな。

「アハハ。大商人と知り合いか。ベーは顔が広そうだな」

「まーな。人は力。繋がりは財産。貯めろや貯めろ。懐一杯に、さ」

 どんな能力があろうと人の世で最後にものを言うのは人の力。それがオレの第四の能力だ。

「おっと。大事なことを忘れっとこだった。飾ってあるこん棒をもらえるか?」

「ふふ。余程気に入ったようだな」

「ああ。一目惚れさ」

 ウインドショーケースからこん棒を持ってきてもらい、この手に握った。

 見て感じたように手触りがイイ。まるでオレのために生まれてきたかのようだぜ。

 何度か振って見て具合や重心、風切り音を確かめる。

「まったくもって素晴らしいぜ」

「それは良かった。だが、意匠だけで強度はないに等しいぞ」

「問題ナッシング」

 結界で包み込み、折れぬ! 砕けぬ! 欠けもせぬ! を具現化した。

「フフ。これでお前は最強無敵のこん棒……そうだな、名を付けるのもイイかもな」

 聖剣も魔剣も神剣もある。妖刀(木刀)はオーク撲殺でご臨終してしまったので永久欠番になった。他になになに剣は思い浮かばないんで名前を付けよう。

「そうだな……うん。金色夜叉。お前の名は、金色夜叉だ!」

 特に意味はありませぬ。考えるな、感じろ的なものデス。

「よろしくな、相棒」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ