挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

263/992

263 タケルくん出番です

 なにはともあれ、どんなものを持ってきたのか知るために船倉へと案内してもらった。

 チャンターさんの船(今は)、リーチャオン号は、だいたい四十五メートル。魔道船としては大型に入るが、容量的には四トントラックの荷台くらいしか入らねー。

 なんで一回ばっかりの運びで一攫千金ってことにはならねーし、それほど旨い商売ではねーはずだ。

 だが、帰りも荷を積んで帰ればちょっとした商会の一年くらいの売り上げにはなるだろう。と、船長さんが言ってたよ。

「……白茶が大半なんだな……」

 なにやら桐のような木箱が天井まで高く、隙間なく積み込まれ、大小の木箱がちらほらと見て取れた。

「まぁな。白茶が人気と聞いたからいろいろかき集めたのさ」

 なんかその後に続きそうだったが、チャンターさんは口を開くことはなかった。

「まあ、白茶は会長さんに捌いてもらうか」

 持つべき者は大商会の会長さん。代わりに頑張って儲けてくださいな。

「で、他にはなにがあんだい? 餅───じゃなくてバモンはどんだけあんだ?」

「そうだな。バモンは航海中の食糧ともなるから結構な数はあるな。確か、この箱だから全部で六箱か。他の部屋のもまぜれば十箱にはなるじゃないか? すまん。そこは確認せんとわからん」

「いや、細かい数はイイよ。自分ちで食う分だけだからな。足りなくなっらまた買うさ」

「それは毎度ありと言っておこうか。で、他は、反物……こちらでは布地か。植物の繊維で編んだものさ」

 箱から一つ取り出して見せてくれた。

 木綿、のような感じだが、柄が色鮮やかで肌触りもイイ。が、この大陸では派手過ぎて貴族のお嬢さんのドレスになるくらいしか使い道はねーな。

 いや、トアラに渡したらなんかスゴいものができそうだな。試しにワンピースかエプロン、スカーフでも作らして見るか。

「東の大陸じゃあ、こんなのが流行ってんのかい?」

「ああ。あちらじゃこう言う柄が女には人気なのさ。こっちではダメそうだがな……」

 こちらにもオシャレさんはいるが、それは小数であり、金持ちか貴族のお嬢さんしか飾らない。一般女子は実用一辺倒の羊毛品か革製の服が精一杯さ。

「なに、使い道はあるからこれも足りなくなったら買わしてもらうさ」

 その辺はうちの村の女子たちならなんとかすんだろう。だいたいがオシャレさんだからよ。

「あとは油に酒、煮付け、乾燥ボマ、工芸品、試しに東の武器を少々だな」

 数は多くねーが、手堅いものばかりだな。

「煮付けに乾燥ボマってなんだい?」

「海で採れた小魚や貝をバージャンと砂糖で煮込んだ保存食さ」

 佃煮のようなものか?

「ん? 砂糖? 東の大陸では砂糖が採れんのかい?」

「いや、南の大陸の砂糖とは違うさ。白目甘木と言う木の樹液を煮詰めたもので、正式にはジャンパと言うんだが、こちらにはないんで砂糖と言ってるまでだ」

 メープルシロップのようなものか?

「それは一般的に売られてんのかい?」

「ああ。とは言っても贅沢品扱いだが」

 こちらで言えば蜂蜜みたいな感じか。山に行けば蜂の巣は沢山あるが、集めるのが大変で一般的にはならないって感じだ。

「乾燥ボマってのは?」

「ん~。なんと言って良いんだろうな? ちょっと特殊な食材でな、料理の元になるもの……なんだが、わかるか?」

 見せてもらうと、壺の中に肌色っぽい粉が入っていた。

「舐めてもイイものかい?」

「ああ。それは大丈夫だ。食うものだからな」

 と言うので舐めて見る。

「……肉、いや、野菜の出汁か……?」

 材料がなんなのかわからんが、多分、これは出汁の素だ。

 コンソメとは違うが、前世で口にしたことがある味だ。

「ダシ?」

「チャンターさんが言ったように料理の素になるもので、うちでは小魚や乾燥させた海藻を煮て旨味を出してる。この乾燥ボマは、肉とか野菜を煮詰めて乾燥させたものだろう? いわゆる魔法の粉だ」

 この国では出回ってねーが、帝国では魔法の粉として人気があると公爵さんから聞いたことがある。

 いつかは手に入れようとは思っていたが、こうも早く手に入れられるとは思わなかったぜ。

「ほ~。さすがベー。それも知っているか。前にきたとき、この国の料理の不味さに辟易してな、売れなきゃ自分らで食べれば良いと持ってきたのさ」

 やっぱこの国の食文化は遅れに遅れてんだな、まったくよ……。

「なんつーか、チャンターさんが神の使者に見えてきたよ。オレの求めてたものばかりじゃねーか」

 なんだよこの幸運。イイことだらけで逆に怖いよ。なんか悪いことが起こる前兆か?

「……あ、いや、そう言ってもらえると助かるよ……」

 もう感激過ぎてチャンターさんにキスしたいよ!

 と、不穏な空気を感じたのか、オレから距離を取る心の友。イケずなんだから、もぉう!

「だが、ちょっと足らねーな。この十倍は欲しいぜ」

「いや、ちょっとじゃねーよ、それ!」

 アハハ。突っ込み上手なチャンターさんだな。

「荷が捌けたら直ぐに帰んのかい?」

「いや、こちらからも商品を集めなくちゃならんし、海の流れが変わるまでは足止めだな。そうだな、一月はいないとならんな」

 一月も?

「チャンターさんの船、魔道船だろう。海の流れなんて関係ねーんじゃねーの?」

 でなきゃ魔道船の意味ねーだろうが。

「いや、そうなんだが、途中に凶悪な海賊がいてな、その道は通れないんだよ。しょうがないで外洋に出て潮の流れに乗って帰るしかないのさ」

 海賊? って、どっかで……あ、親父さんの話でだ! クソ! 海賊に熱くなった自分が情けねーぜ。 思いきっりお邪魔野郎じゃねーか!

「おのれ海賊、成敗してくれるわ!」

 タケルくんが、だけどね! 
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ