挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

262/992

262 知る人ぞ知る商人

 船の様子からして中も綺麗なんだろうとは思っていたが、オレの想像を超えて素晴らしかった。

「スゲーな。まるで豪華客船だわ」

「客船って言葉から船なのはわかるが、豪華客船ってのはなんだい?」

「金持ちが旅行するとき乗る娯楽船さ」

 前世が貧乏だったオレには豪華客船に乗れるヤツは皆金持ちさ。

「……それはまた、海を知る者として想像し難いものだな……」

 だろうな。このファンタジーな海で娯楽船なんて発想できるヤツは狂ってるか海を知らねー妄想家くらいなもんだ。

「まあ、本の中の物語さ。気にすんな」

 信じてない目をオレに向けてくるが、そんくらいの目ではオレのスルー力は弱くない。構わずサーリンさんの後に続いた。

 通されは先は、多分、チャンターさんの部屋だろう。執務室っぽいことからして。

「品がイイもんばっかりだな」

「ありがとうと、言いたいところだが、これは全て兄のものさ」

「フフ。黙って持ってきたのかい?」

「貸してくれと言っても貸してくれなかったからな」

 悪びれもせず口にするチャンターさんに、思わず苦笑してしまった。

「まあ、席にどうぞ。サーリン。お茶を頼む」

 はいと返事したサーリンさんが、部屋にあった茶器を使って茶を淹れ始めた。

 革ソファーに腰を下ろし、再度、部屋の中を見回した。

「東の大陸の造船技術は大したもんだな。継ぎ目の鮮やかさに水を弾く釉薬。もはや芸術品だぜ」

 模型にして家に飾っておきてーくらいだが、オレの腕では作れる自信がねーわ。

「ベーは若いのに老成したような目を持つんだな」

「まあ、趣味人だからな。興味のあることは貪欲に求めっちまうんだよ」

「フフ。まあ、そう言うことにしておこう」

 なかなか空気を読める東の商人だこと。

「どうぞ」

 と、目の前の大理石っぽいもので造られたテーブルの上に陶器製のカップが置かれ、サーリンさんがポットで茶を注いでくれた。

「白茶、かい?」

 会長さんとこで飲んだのとはちょっと匂いが違うようだが?

「やはり白茶を知ってたか。カンリマと呼ばれる地で栽培されたものさ」

「種類、じゃなくて土地か。気候に風土、あとは加工が違うのかい?」

「老成の目だけではなく賢人の目も持つのだな」

「別に知り合いが多いだけさ」

 礼儀として一口飲むが、やはりオレの口には合わねーな。

「白茶が王都で流行っているようだが、チャンターさんもその口かい?」

「ああ。もっとも二番煎じ、三番煎じだがな」

「まあ、足りてねーようだし、堅実でイイんじゃねーの」

 スゴい儲けにはならんだろうがそこそこは儲けんだろう。もっとも、量と販売ルート次第だがな。

「……これも買ってくれるのかい?」

「売ってくれると言うのなら喜んで買わしてもらうさ。だが、イイのかい? オレが買い占めても……」

 売るためにきたんだろうが、オレだけでは次に繋がらない。王都でのチャンターと言う名は広がらないってことだ。

「フ。どこまでも見透かすな、ベーは。まるで爺さまと話しているようだ」

 つまり、チャンターさんの土台はその爺さまってことか。生きてたら話して見たいもんだ。いや、死んでるかどうかは知らんけどさ。

「とにかく、まずは売れることが一番。利益を出すことだ。兄貴どのの船を借りてきたからには儲けを、投資額の三倍は儲けなくてはおれに未来はないし、兄貴どのに嘲笑される。形振りは構ってられないのさ」

 チャレンジャーってよりたんなるバカだな。だが、そんなバカは好物です。

「この船になにがあるかは知らんが、チャンターさんの商才とバカっぷりを鑑みて、これでどうだい?」

 収納鞄から金の延べ棒を五本出した。

 だいたい一本十キロ。金貨にしたら……なんぼだ? まあ、よくはわからんが、魔道船は余裕で買えんじゃね?

「……な、なんと言うか、ぶっ飛んだヤツだとは思ってたが、自分が可愛いく思えるくらい飛び抜けてるな、ベーは。まさに一攫千金どころか万金だわ……」

「人脈は万金にも勝る。ってのがオレの信条だからな」

 そう言うと、常にスマイル0円を垂れ流していたチャンターさんの顔が真面目になった。

「おれに儲けを与えてくる者を見付けることが二番……なんて都合の良いことを考えていたんだが、まさか本当にいるとはな。この世に神がいるんじゃないかと信じてしまいそうになるよ……」

 真面目な自分に堪えられなかったのか、スマイル0を出したが、突っ込みを入れてくれないオレに負けてか、また真面目な顔に戻った。

 しばし沈黙が満ち、お互い見詰め合う。が、男を見詰めてても楽しくないのでこちらから口を開くことにした。

「……チャンターさんは、名の知れた商人と知る人ぞ知る商人、どっちが好みだ? ちなみに儲けれるのは多分、知る人ぞ知る方だな。まあ、名の知れた方もそれなりには儲けられるがな」

 試されてると理解しているのだろう、真面目な顔をしているが、額の汗は脳をフル活動していることを示している。

 さあ、どうすると? 微笑を浮かべてチャンターさんの答えを待った。

「……怖いな、ベーは……」

「そうかい? オレの知る最高の商人は笑ったぜ。おもしろい商売ができそうだってな」

 他の商人から見たら三流以下だろうが、オレから見たら超一流の商人だ。客を喜ばせ、自分も喜ぶ商売をしたいって言うんだからな。

「……それは、なんと言うか、妬ましいな……」

「商売は人それぞれ。チャンターさんはチャンターさんの商売をすればイイさ。少なくてもオレはチャンターさんのやり方、嫌いじゃねーぜ」

 そのバカっぷりなところとかな。

 と、チャンターさんが両手を挙げた。まさに降参とばかりに。

「おれも知る人ぞ知る商人が良いな。やはり商売は楽しまないとな」

 はい、合格。

「チャンターさんとは長い付き合いになりそうだ。よろしくな」

「……なんだろうな。悪魔と契約したような気分だよ。だが、それもまたよしだ。こちらこそ、よろしくな」

 差し出した手をしっかりと握り締めた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ