挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

261/992

261 出会い運

 餅ウメー!

 港へ向かいながら結界コンロで餅───バモンを焼いて食していた。

 魚醤に砂糖を入れた磯辺焼き───とは若干違うが、懐かしさを感じる味に頬が緩みっぱなしだった。

 前世では米はあんまり食わんかったが、餅はよく食ったし、好物の一つでもある。

 磯辺焼きはもちろんのこと、ゴマやみたらし、アンコなんか付けて食うのも好きだった。

 スーパーの見切り品が主食なオレだったが、団子や大福、お汁粉は出来立てや和菓子屋でよく買って食ったもんだ。

 現世に生まれ、餅がないことにはショックだったが、この地域は豆の種類が豊富で小豆に近いものがあった。

 ラーシュと文通するまでは行商のおっちゃんから砂糖を買い、サプルさまの努力でアンコはでき、アンパンで満足していた。

 ……アンパン食い過ぎて飽きたから最近は食ってねーけどな……。

「そんな食い方、東のもんでもしないぞ」

「そうなのかい? ウメーのにな」

 東の大陸も食文化が遅れてる口か?

「でも、バージャンにつけるか。考えもしなかったが、旨そうだな」

 チャンターさんの言葉に光にも負けないくらい振り返った。

「バ、バージャンって、もしかして豆からできた黒い液体のことか?」

「よく知ってるな。この大陸にもバージャンなんて出回っているのか?」

 どこまで前世の醤油とは同じかはわからんが、醤油なのは間違いないようだな。これはイイこと聞いたぜ。

「いや、本で読んで知ったまでさ。本好きなんでな」

「ベーは……不思議なヤツだな」

「チャンターさんは、できる商人だな。その若さで感情をコ……操れるなんて、知り合いの商人に見習わせたいくらいだ」

 まあ、感情のままにがあんちゃんの売りだがな。

「まあ、これでもいろいろ苦労したしな」

 だろうな。雰囲気が落ち着いてるし、その苦笑はなにかを達観したからこそ出せるものだ。

「苦労を買い益を得る。骨の髄まで商人だな。好きだぜ、そう言うの」

 ただ、利益を求めるだけの守銭奴になってないのが更に好きだぜ。

「ほんと、おもしろいことを言うよな、ベーは。でも、そう言われることが嬉しいから不思議だな」

 誰かに認められる。益は得られねーが、自信は得られる。人なんて他人に認められてなんぼさ。

 再び磯辺焼き風のバモンを堪能していたら港へと着いた。ちなみにだが、どちらも屋台を引いてますのであしからず。

「あれかい?」

 船にそれほど興味はないが、何度もきたとこ。見知らぬ船があればわかるさ。

「ああ。我が愛しき船、リーチャオン号さ」

 赤い帆に黒い船体。わかない方がどうかしてるわ。

「見た目からして、魔道船かい?」

「わかるか。さすがだな」

 そりゃあんな中華ファンタジーっぽいものがただの船ならこの世の理不尽に爆発するよ。

「東の大陸の船はあんな感じなのかい?」

「まーな。赤は富を。黒は厄除け。東の者は信心深いのさ。まあ、信じるのはタダだからな」

 なんとも商人らしいもの言いだ。

 近付くと、船からチャンターさんのような東洋系の顔した二十代後半のねーちゃんが下りてきた。

「ジンジャオ!」

 ジンジャオ?

「こちらの言葉で言えば主さま、かな?」

 と、首を傾げてるオレにチャンターさんが教えてくれた。

 自動翻訳の首輪をしてないんでなにを言ってるかはわからんが、感じからしてチャンターさんを心配して、怒ってるようだ。

 しばらくしてねーちゃんを宥めたチャンターさんが、オレを見てねーちゃんを紹介する素振りをした。

「これ、おれの秘書兼お目付け役のサーリン・チェイ。サーリン。おれの商売相手のベーだ。サーリンもちゃんとこの大陸の言葉を話せるから安心してくれ」

 そりゃよかった。しゃべれんならそれに越したことはねーからな。まったく、ファンタジーな世界なら全国共通にしてくれよな。メンドでたまんねーよ。

「よろしくな、サーリンさんよ」

 東の大陸は、手を胸に当ててのお辞儀なので、礼儀にそって挨拶した。

「よく、ご存じで。わたしは、サーリン・チェイです。よろしくお願いいたします」

 サーリンさんもこの大陸で一般的な挨拶、握手を求めてきた。

「さすがだな。チャンターさんの懐がわかるよ」

 チャンターさんの魅力で部下にしていることがよくわかる感じであった。

「どうだ、サーリン! おれの商機! 危険を越えてやってきただけはあるだろう!」

 なんかよくわからんが、オレをサーリンさんに自慢するチャンターさん。なんなの、いったい?

「ジンジャオのは悪運と言うのです。まったく、引きの強いお方です……」

 フフ。どうやらオレ以外にも出会い運のイイのがいたらしいな。

「それがおれの強みさ。さあ、ベー。我が愛しきリーチャオン号へどうぞだ!」

「じゃあ、遠慮なくお邪魔させてもらうよ」

 リーチャオン号へと上がらしてもらった。







+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ