挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

258/988

258 明鏡止水(現実逃避)

 九時を過ぎた頃から人が増えてきた。

 周りを見れば開店の準備が整ったようで、呼び込みの声があちらこちらから聞こえてきた。

「活気があること」

 オレは静かに待つ派だが、こーゆー雰囲気は嫌いじゃねー。高校のときの文化祭を思い出して気分が高まるぜ。

「……人、こないね……」

 商品置き場で辺りを見回すメル───じゃなくてプリッシュが呟いた。

「プリッシュは、人、怖くねーのか?」

 オークションに出されたくらいだ、人の悪意に触れてるはず。心に傷を負っても不思議じゃねー。

「タケルが怖い人もいれば優しい人もいるって言ってた。タケルもベーも優しい。閉じ込めることもしない。痛いこともしない。優しく笑ってくれて、優しい気持ちでいてくれる。だから怖くない。タケルやベーの側はとても心地好いから安心」

 妖精は、精神感応に優れてんのかね? あと、やけに饒舌だな。いったいどんな進化論なんだ?

「そうか。そりゃなによりだ」

 余程の腐れじゃなけりゃこんなメルヘンに悪さはできねーだろうし、嫌われたらそりゃ人として終わっているだろう。オレにはまだ受け入れられねーよ。

 コーヒーを楽しみながら客待ちしてると、徐々にだが人の通りが増えてきた。

 隣の犬耳ねーちゃんも呼び込みを始め、ちらほらと覗く客が出てきた。

 オレの方も覗く者はいるが、立ち止まる者はいない。まあ、散歩がてら見て回っているような老人ではオシャレには興味ないだろうさ。

「……老人か。杖を売るのもイイかもな……」

 杖───ステッキも老紳士のオシャレアイテム。今度、会長さんから貴族相手に広めてもらうかな。

 どんなステッキにしようかと考えていると、プリッシュがオレの頭に乗ってきた。

「人きた」

 見ればおば───じゃなく、大きなおねーさんが商品を見ていた。

「いらっしゃい。手に取って見てください。そこの鏡で見れますから」

 前世のような鏡じゃ騒ぎになるんでちょっと曇がかった便所にありそうな大きさの鏡を台に掛けて置いたのだ。

「良いのかい? 高級そうだけど?」

「そう見えたら作り手としては嬉しいね。でも、そんな高級なもんは使ってねーよ。値段もその板に書いた貨幣だからな」

「銅貨三枚かい。安いと言えば安いけど、三枚は、ねぇ……」

「なら銅貨一枚にするよ。おねーさん、お客さん第一号だしな」

「やだよ、おねーさんだなんて。口が上手い子なんだから。じゃあ、これをおくれ」

 陶器製の花の胸飾りを選び取った。

「よく似合うよ」

 胸に付けたところで褒めてやる。

「もー、口が上手いんだから」

 とは言いながらも満更じゃなさそうで、満面の笑みを浮かべていた。

 代金をもらい、スマイル0円のお釣りを払った。

「毎度あり」

 鼻唄を歌いながら去るおねーさんに笑顔で見送った。

 ふふ。幸先イイぜ。

 銅貨をポケットに仕舞い、空いた場所に次を補充する。

「見せてもらうわね」

 と、今度は二人連れのねーちゃんがいらっしゃいだ。

「どーぞ。好きなのを手に取って見てください。そこの鏡で確かめられますから」

「わぁ~。鏡なんてあるよ」

「やだ~。あたしってこんな顔なの!」

 なかなか今時の女子、かどうかはわからんが、イイ感じの客寄せパンダになってくれ、次から次と客が寄ってきてくれ、次々とはけて行った。

 驚いたのは髪飾りとかよりブラシや手鏡がよく売れて行くことだ。

 身なりからしてそれほどイイとは思えんのだが、値引きする暇なく、言い値で買って行った。

 ……どっかの貴族に仕える侍女かなんかかな……?

 こう言う場に買い出しにくるのは一般庶民出の侍女が多いと聞いたことがある。掘り出し物や珍しいもんがあるからとか。

 まあ、なんにせよだ。材料費0の質素な手鏡と角猪の毛で作った雑なブラシを買ってくれんなら毎度ありだ。在庫がはけて助かるぜ。

 売っては出し、出しては売れと多忙し。休む暇がねーよ。

 そんな感じでやってると、なんかさっき見たようなねーちゃんが現れた。

「手鏡とブラシ、まだあるかしら?」

「はいはい。まだありますよ」

 十数個は売れたが、収納鞄の中にはまだ百個以上は入ってる。ハイ、調子に乗って三百以上は作りましたが後悔はしてません!

「ならあるだけちょうだいな!」

「───待って! こちらも買うわ!」

「───わたしも買うわ!」

 と、息を切らしたねーちゃんらが駆け込んできた。

「ちょっと、わたしが先よ! 横入りしないで!」

「買い占めなんてゆるさないわよ! こちらにも回しなさいよ!」

「ねぇ、あなた。倍払うから売ってくれないかしら?」

「なに抜け駆けしてるのよ! 後からきて!」

 なんか恐ろしいことになってるが、そこに入る勇気はオレにはねー。まったくねー。なんで、収納鞄から手鏡とブラシをありったけ出した。

「ものは沢山あるから買えるだけ買ってくださいな」

 女が獣に変わるとき。何度見ても股間がキュッとするぜ……。

 明鏡止水と言う名の現実逃避で獣たちの争いを眺め、機械のように捌いて行った。

 女相手の商売、二度としねーぞ!

 
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ