挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
村人転生~最強のスローライフ 作者:タカハシあん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

256/992

256 カワイイも好き

「……………」

 なんだろうな。さっきからいろんな人から注目を浴びてるんだが……?

 確かに屋台は変わっているし、屋台を引く子供は珍しいだろう。だが、そう言った目ではない。なんと言うか、好奇な目で見られているのだ。

 不思議に思いながらも屋台広場へと向かう。

 屋台広場とはそのまんまの広場で、屋台で稼いでいる者たちが集まってくるのだ。

 屋台は商人ギルドで札を買えば誰にも出せて、ご禁制でなければなにを売っても構わない。ただ、広場利用料として銀貨一枚を払わなくちゃならねー。

 銀貨一枚とは高いかもしんねーが、ここで売ったものには税金が掛からねーし、マフィアやゴロツキからの嫌がらせもない。それに、当たれば一日で銀貨十枚を稼ぐことも夢じゃねー。聞いた話によれば一日で銀貨二十枚を稼いだ猛者もいるとか。屋台ドリームがここにあるのだ。

「……へ~結構早くからきてんだな……」

 まだ七時半なのに、広場の八割近くは埋まっていた。

「さて。空いてるとこはどこかな?」

 聞いた話によると、この広場は早い者勝ちで、商売によって好まれる場所があるらしい。

 食い物関係は、水場に近い南側に集中し、小物関係は東側に集まるとか。まあ、歴史があるだけにいろいろ暗黙の誓いとかルールとかあるんだとよ。

「取り合えず東側に行って見るか」

 郷に入っては郷に従えって言うしな、敢えて逆らうこともねーだろう。

 早く集まっているとは言え、まだ準備中なようで、見学がてらゆっくりと向かった。

「ふ~ん。いろんなのあんだな~」

 意外と品数豊富で職種も豊富だった。

 服の直し屋や革製品の直し屋、鉄製品の鍛冶屋、刃物の研ぎ屋、小物家具の修理屋など、そう言った屋台まであったのには驚いたぜ。

 小物関係が集まる東側は、ライバルが多く、空いてる場所がなく、人の流れが悪い中央にしか入り込めるスペースがなかった。

「……まあ、初めてには丁度イイか……」

 儲けは二の次。雰囲気を味わいたい派だからな、オレは。

 人の流れは悪いとは言え、人気の広場。中央寄りにも屋台はあり、見た感じ、オレと同じ新人さんのよーだ。

 まあ、これもなにかの縁と、お隣さんにご挨拶。

「どーも。隣でやらしてもらうベーってもんです。よろしく」

 お隣さんは、十七、八くらいのねーちゃんで、頭に犬(?)耳が生えていた。

 この手の獣人さんは珍しくねーし、差別もないのでお互いに悪感情はない。耳触りてーぐらいの細やかな萌えがあるくらいだ。いやまあ、オレの感情ですけどね。

「あ、はい。よろしくです。あたしは、アラマナって言います。毛糸を扱ってます」

 なにやら腰の低いねーちゃんで、やたらと頭を下げてきた。

「こっちは髪飾りとか扱ってるよ。お近づきの印にどーぞ」

 その薄茶色の犬(?)耳に合いそうな青色のリボンを贈った。

「い、良いのですか? 綺麗な布ですけど?」

「布の端で作ったもんさ。気にせんでくれや」

 捨てるのもなんだしと、余った布を縫い合わせたもの。売ったとしても小銅貨二枚くらいだろうさ。

「あ、ありがとう。頂くわ。あ、なら、これをどうぞ」

 と、近くにあった毛糸の敷物を差し出してきた。

 なんの毛かは知らんが、なかなか立派に編み込まれた逸品だった。

「それこそイイのかい? 結構なできじゃねーか」

「そんな、小さい子の練習用よ。そんな良いものじゃないわよ」

 ほぉう。熟練者になればもっとイイってことか。ちょっと興味が出てきたよ。

 会長さんに仕入れてもらうかと考えながら、軽い挨拶をして自分の陣地に戻った。

「ん?」

 なにやら屋台の上にキラキラ輝くものが。なんだこれと近寄って見ればメルヘンだった。

 ……道理で周りのヤツが目を向ける訳だよ。ここら辺では見ない謎の生命体なんだからよ……。

「おい」

 呼び掛けると、びっくと体を跳ねらせると、恐る恐る振り返った。

「お前、なにやってんだ?」

 あ、そー言やぁ、倉庫にメルヘンどもいなかったな。どうでもイイから忘れてたわ。

「……ごめんなさい……」

 どうやら他のメルヘンどもと違って内向的な妖精のようだな。

「別に怒ってはいねーよ。なんで着いてきたんだ? 仲間たちといなくて大丈夫なのか?」

 メルヘンの扱いには慣れてるので収縮椅子を取り出し、妖精の目線に合わせて座った。

「……外の世界、見たくて……」

 ふ~ん。どこのメルヘンにも変わり種ってのはいるもんなんだな。

「まあ、好きにしたらイイさ。勝手にしな」

 タケルの仲間はオレの身内でもある。やりてーって言うなら好きなだけやらせるのがオレです。

「良いの?」

「イイよ。でも、オレからは離れるなよ。ワリーヤツに捕まるのもメンドーだからな」

 ゲスな野郎はどこにでもいるし、この王都にも闇の仕事をする者もいる。ホイホイ歩いて(飛んでか?)て知らないところで拐われんのが一番メンドクセー。やるんならオレの目の前でやってくれだ。

「ありがとう!」

 サプルのように天真爛漫に笑うメルヘンに、自然と頬が緩んだ。

 まあ、メルヘンも嫌いじゃねー。オレはカッコイイも好きだがカワイイも好きな男なのだ。
 
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ